商工会からのお知らせ

全てみる

平成14年度通常総会開催(県連)

[正副会長の顔ぶれもまとまり、新体制のもとで県連運営がスタート]

研修会・総会

広島県商工会連合会

加島英俊新会長

 県内87名の商工会長および商工会関係者らを一同に迎えて今月23日、広島市中区の広島全日空ホテルで「平成14年度広島県商工会連合会通常総会」が開催されました。総会には、中国経済産業局長(代理)ほか関係機関などが来賓として出席。本県連を代表して妹尾隆副会長が開会のあいさつを行い、全国連会長表彰の伝達、県連会長表彰、県連感謝状、広島銀行や県共済、東京海上保険の感謝状の贈呈式などが行われました。引き続き中国経済産業局産業部長、広島県商工労働部管理総室長ほか来賓の祝辞を賜わった後、高宮町商工会の熊高一雄会長を議長に以下の議案別に審議が行われました。

 

第1号議案 平成13年度事業報告書・収支決算書・貸借対照表及び財産目録承認の件
第2号議案 会長辞任に伴う役員の補欠選任に関する件

 

 第1号議案については原案どおり承認可決。第2号議案では、梶川典之会長の辞任(3月18日付)に伴い、役員の補欠選任に関する件が上程され、後任に高野町商工会長で県連副会長の加島英俊氏が会長に。また、新副会長に大朝町商工会長で県連理事の石橋勇治氏、新理事に西城町商工会長の石川芳秀氏がそれぞれ選任されました。加島新会長は「皆さまの意見を十分に拝聴し、県連運営に全力を傾注する所存である」と、一同の前に抱負を語りました。なお、新役員の任期は平成15年5月27日まで。

このサイトを広める