商工会からのお知らせ

全てみる

全国一斉に商業統計調査を実施(経済産業省)

[卸売・小売業の事業所を対象とした、わが国の商業の実態を明らかにするための調査]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 本年度6月1日現在で、経済産業省による「商業統計調査」が全国一斉に実施されます。商業統計調査は全国の卸売業、小売業を営むすべての事業所(店舗)の販売活動の実態や分布状況、商品の全国的な流通状況などを明らかにすることを目的とした、わが国の商業に関する国勢調査ともいうべき重要な統計調査です。この調査では商業調査票により、従業者数、年間商品販売額、商品手持額などの事業所の商業活動に関する基本的な事項が調べられます。

 

 調査は、5月下旬から都道府県知事から任命された統計調査員が担当地域の事業所を訪問し、商業調査票などを配布して、6月1日現在の活動状況を記入していただくよう依頼します。後日、再度調査員が各事業所を訪問して記入済みの調査票を取集するという方法で行われます。調査の結果は、国や都道府県、市町村における商業の振興、中心市街地の活性化などの施策を進めるうえでの重要な基礎資料として幅広く利用されるとともに、個々の事業所が経営指針を作る際にも活用されます。提出された調査票は統計法により厳密に秘密が守られ、統計作成の目的以外には一切使用されることはありませんので、正確な報告にご協力ください。

 

●お問い合わせ/広島県商工会連合会総務課 TEL(082)247-0221

このサイトを広める