商工会からのお知らせ

全てみる

独自の主張発表大会を開催(豊田郡安浦町)

[部員同士が互いの研鑚に励み、さらなる資質の向上などを目指す]

告知・イベント情報

なし

 豊田郡安浦町の安浦町商工会青年部が24日、同町内海の商工会館に青年部4委員会の代表者などを集め「安浦町商工会青年部主張発表大会」を開催しました。この大会は、県連および県青連が共催で8年前、県内の各商工会青年部を対象に主張発表広島県大会を始めたのに伴い、各部員の意識の高揚や資質向上を目指そうと毎年独自に行われているものです。第1回目の広島県大会で、独自の取り組みのもとに互いの研鑚に励んだ同青年部の代表者が広島県代表の座を射止め、中・四国大会へ出場したことも大きなきっかけとなりました。先日の大会では、昨年開催された広島県大会にならって、『青年部活動に参加して』『青年部と地域振興と町づくり』の2通りのテーマが設けられ、総務・組織・環境・企画4つの委員会を代表する4人の青年部員が各々の主張を繰り広げました。

 

 大会で優勝したのは、同町中畑で椎茸の栽培、卸業を営む三苫崇博さん(24歳)。総務委員会を代表して壇上に立ち、青年部活動に参加してをテーマに、“青年部は人生の学び舎”であるとして、先月行われた青年部全国大会をはじめとする自身の活動経験などを大いに論じました。同青年部ではこれら一連の取り組みを今後も継続し、地域振興のけん引役となる部員たちの育成に力を注ぎたい考えです。

 

●お問い合わせ/安浦町商工会 TEL(0823)84-5800

このサイトを広める