商工会からのお知らせ

全てみる

商工会監事研修会を開催(県連)

[県の経済状況などを把握して、監査のポイントを大いに学ぶ]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 今月21日、広島市中区上八丁堀の八丁堀シャンテにて、「平成13年度商工会監事研修会」が開催されました。この研修会は、県が本県連に対して交付した小規模事業指導費補助金について、その対象となった事業の執行状況、事業の遂行に関連した商工会等の運営状況を監査し、補助事業の円滑な運営を図る各商工会の監事らを集め、それぞれの資質向上と適正な監査を推進することを目的に毎年行われているものです。

 

 当日、研修に先立ち、梶川典之県連会長が主催者挨拶。引き続き、商工会運営について県商工労働部主任主査の赤阪和行氏から県の経済状況の説明などが行われ、同氏は商工会における監事の役割の認識をさらに深めていくようにと示唆しました。その後休憩をはさみ、朝日監査法人の公認会計士、蔵田修氏を講師に招き、商工会の監査における留意点として貸借対照表、損益計算書、監査手続きのポイントについての講演を実施。同氏は具体的監査手法などについて分かりやすく語り、質疑応答の際には活発な質問が相次ぐなど、参加者らは熱心に聴講。この研修成果を商工会活動において発揮することで、今後の商工会の発展につなげて行こうとする強い意気込みが感じられました。

 

●お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL(082)247-0221

このサイトを広める