商工会からのお知らせ

全てみる

合併問題について町長と会合(比婆郡東城町)

[青年部員が活発な質疑を繰り返し、独自の合併パターンなどを模索]

告知・イベント情報

なし

 先月15日、比婆郡東城町の東城町商工会青年部が、遠藤晏史東城町長を招いて「商工会青年部市町村合併研修会」を開きました。商工会会議室を会場に行われた研修会には18名の青年部員が参加。後藤茂行青年部長の挨拶に続いて、遠藤町長が講演会という形式で来るべき合併問題についての考えなどを述べました。遠藤町長が席上、庄原市および比婆郡内での合併を視野に入れ、これを推進するべきではないかと述べたのに対し、青年部員からは郡内のつながりが希薄である現状を再考慮し、同郡内での連携に発展性が期待できるのか、住民の意見をどのように判断しているかなど、活発な質疑が相次ぎました。

 

 同町に本店を置く金融機関、東城信用金庫は神石、油木、哲西(岡山県)3町に支店を構えることなどにもうかがえるよう、東城町は本来、文化・経済的な面で神石郡、岡山方面との結びつきが深い土地柄。同町の健全財政を将来圧迫することにもなりかねない、比婆郡内での合併とは異なる方向性を検討しようという意見が青年部の大半を占めました。このたびの研修会を踏まえ、青年部員は独自に新たな道を模索するとともに、合併問題を念頭において神石郡および福山、岡山方面の青年部などとの連携と交流を活発化させていきたい考えです。

 

●お問い合わせ/東城町商工会 TEL(08477)2-0525

このサイトを広める