商工会からのお知らせ

全てみる

上下町商工会の外国人研修生来局(県連)

[梶川会長との懇談会に出席し、平和公園など広島市内を視察]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

激励のことばを述べる梶川県連会長

 甲奴郡上下町の上下町商工会などが受け入れる外国人技術研修生の一行22名が9日、表敬訪問のため本県連を訪れ、梶川典之県連会長との懇談会に出席しました。技術研修生らは9月13日に中国淅江省平湖市より来日。現在、上下町の建築、電気、縫製メーカーなど7社に配属され、日本語を含めた非実務研修および技能修得の実務研修とを併せた10ヵ月間の研修に取り組んでいます。上下町の商工会員が平湖市に合弁企業を設立したことなどをきっかけに、外国人と健全な社会生活を共有できる地域づくりも視野に入れ、平成6年から受け入れがスタート。今回の研修生は第8期生となります。

 

 懇談会での席上、研修の日程や広島を紹介する中国語版の案内書が研修生22名に配られました。梶川会長は上下町長はじめ交流関係者について、また、上下町の歴史に関する話を交えながら研修生を激励。梶川会長の口から時折冗談も飛び出すなど、終始なごやかな雰囲気のもと相互の理解と交流を深めました。表敬訪問の後、研修生一行は広島平和記念公園やそごう百貨店・地下街シャレオ、広島本通り商店街などに向かい、広島での研修に対する理解をさらに深いものとさせました。

このサイトを広める