商工会からのお知らせ

全てみる

地元高校生らに社会体験の場を提供(豊田郡瀬戸田町)

[郷土の良さを見つめ直してもらい、広く情報発信できる人材の育成を目指す]

告知・イベント情報

なし

 豊田郡瀬戸田町の瀬戸田町商工会では現在、せとだ本町商店街協同組合(旧耕三寺参道商店街)と合同で「インターンシップ受け入れ事業」を推進しています。この事業は、地元の高校生らに就業の場を与え、仕事を通じてふるさとを見つめ直してもらうことで、郷土の魅力を対外的に発信できる人材の育成を目指して行われているものです。県立瀬戸田高等学校からの要請に商工会が応えて実現しました。商工会では依頼のもとに、その受け皿を学校側に斡旋。土産店や薬局、呉服店など商店街の全14事業所が協力に応じて生徒を受け入れることになり、4月から事業がスタートしました。

 

 この事業に参加するのは、瀬戸田高校3年生の女生徒6名。6ヶ月の実習期間を前期と後期に分け、2名1組となって1ヶ月のローテンションで各事業所を回ります。既に前期を終えた6名は9月から後期の実習に入る予定で、接客や事務などを学ぶとともに観光客らとふれあいながら、郷土の魅力の再発見に努めます。商工会では今年度をプレ事業と位置付け、来年度から継続的な取り組みとして推進して行く考えで、商店街各店へ今後の協力を呼びかけるなど、瀬戸田の未来を担う若き人材の育成を目指し、事業の本格化に向けて動き出しました。

 

●お問い合わせ/瀬戸田町商工会 TEL(08452)7-2008

このサイトを広める