商工会からのお知らせ

全てみる

高野とタカノの交流会大盛況(比婆郡高野町)

[自慢の特産品を多数持ち込んで、タカノ橋商店街で即売会を行う]

告知・イベント情報

なし

 先日27日、広島市中区のタカノ橋商店街で同商店街と比婆郡高野町による「タカノの交流会」が開かれました。同じ名前が取り持つ縁で7年前から相互の交流が始まり、今回は商店街に設けた特設ブースで、高野町の特産品即売会などが催されました。タカノ橋地区の伝統行事“二十六夜祭”に合わせて毎年この時期に行われているもので、多くの露店が軒を連ね、子どもみこしが繰り出すなど、祭りの余韻も手伝って商店街は真夏の縁日を思わせる賑わいぶりを見せました。

 

 町長はじめ商工会関係者ら交流会に参加した高野町総勢20名の一行は、トラックに特産品を満載して早朝高野町を出発。正午から始まった即売会で新鮮野菜や源流コシヒカリ、リンゴジュース、地酒などを販売しましたが、いずれも終了予定時刻を前に完売。プレゼント用に200本用意された大根もまたたく間になくなるなど、大盛況のうちに交流会は幕を閉じました。交流会に参加した商工会経営指導員の湯川美秋さんは「商店街との連帯感を図ることが第一。その目的も果たせました。今後も続けて行きたいですね」と満足げな表情。また今回は、高野町中学校の1年生の生徒22名も社会授業の一環として交流会に加わり、買物客らにパンフレットを手渡すなど高野町のPR活動に努めました。

 

●お問い合わせ/高野町商工会 TEL(082486)2011

このサイトを広める