商工会からのお知らせ

全てみる

ふるさとを再発見するバスツアー開催(県連)

[可部線の旅や県北での爽やかな夏の1日を楽しむ]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 本県連では、都市と各商工会地区町村の交流促進を図るとともに、地域の魅力を広くPRすることなどを目的に企画し、昨年度実施した「ふるさと交流事業」を今年度8コース策定し、去る7月27日と8月3日の両日に、それぞれ第1、2回を実施しました。好評を博した昨年度に続く企画で、今年1回目の事業では“可部線に乗ってのんびり三段峡ツアー”を実施しました。

 

 ツアーでは、参加者らは往復5時間の可部線車中で戸河内町商工会局長、加計町商工会局長による観光案内のもとに窓外の景色を楽しみながら、地元にまつわるクイズなどに参加。併せて用意された草木染め、木工品製作などのふるさと体験コースを童心に返って楽しむとともに、加計駅では地元の人によって用意された鮎ソーメン、柿の葉すしに舌鼓を打つなどして、可部線での小旅行を満喫しました。

第2回目の“いなか体験くちわの里”では、県北の比婆郡口和町をツアー訪問。参加者らは口和町長や商工会長はじめ、役場、農協職員らの熱烈な歓迎を受け、同町の鮎の里公園にてそば打ちや餅つきなどに汗を流し、県北での爽やかな夏の1日を楽しんでいました。

 

●お問い合わせ/広島県商工会連合会 TEL(082)247-0221

このサイトを広める