商工会からのお知らせ

全てみる

『平成27年度臨時総会』開催(県連)

[平成28年度は『商工会員満足度の向上』『地方の創生』『商工会の機能強化』を3本柱にした事業を展開]

研修会・総会

広島県商工会連合会

開会の挨拶を行った熊高一雄会長。

開会の挨拶を行った熊高一雄会長。

 広島県商工会連合会は、3月24日(木)にメルパルク広島(中区基町)にて、『平成27年度臨時総会』を開催しました。32人の商工会正副会長及び県青連・県女性連会長が出席し、平成28年度の事業計画や予算などについて審議が行われました。

 

 開会の挨拶を行った熊高一雄会長は、冒頭で平成28年度の事業計画案にふれ『商工会員満足度の向上』『地方の創生』『商工会の機能強化』の3本柱を軸に事業を実施していくと述べました。『商工会員満足度の向上』では、具体的な内容として経営発達支援計画の全商工会認定と経営発達支援事業の確実な実行により、支援成果を創出していくとともに、商工会が各事業者に対して行う各種事業計画の作成及び遂行支援の業務や販路拡大等専門的経営課題に対応する支援業務サポートに全力を傾注することなどを説明し、「経営指導員一人あたり年間12件以上の事業計画の作成目標を掲げ取り組んでいく」と述べました。

 

 また、2本目の柱である『地方の創生』では、商工会が地域活性化のリード役となり、一億総活躍・地方創生に向けて主体的役割を担っていく取り組みをサポートするとし、3本目の柱である『商工会の機能強化』では「地域に最も近い経済団体としての存在価値を示していくために、関連機関との連携を強化しつつ効果的な経営支援体制を研究し、具現化に向けて取り組んでいく」と述べ、事業への理解と協力を呼びかけました。

 

6つの議案について審議が行われました。

6つの議案について審議が行われました。

 その後、大野町商工会の滝口義明会長を議長に選出し議事が進行されました。上程した第1号議案から第6号議案のすべてが原案通り承認可決されました。

 

提出議題は次の通り

 

第1号議案 平成27年度収支補正予算書(案)承認の件

第2号議案 平成28年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)承認の件

第3号議案 平成28年度県連合会会費賦課基準(案)及び徴収方法(案)承認の件

第4号議案 平成28年度電子計算機処理手数料賦課基準(案)及び徴収方法(案)承認の件

第5号議案 平成28年度借入金最高限度額(案)及び借入先承認の件

第6号議案 広島県商工会等職員の給与表、初任給、昇格、昇給等に関する統一規約の一部改正(案)承認の件

このサイトを広める