商工会からのお知らせ

全てみる

『県青連スポーツ交流会』開催(県青連)

[今年度のスポーツ交流会は初の『スポーツ雪合戦』 激しい試合展開に青年部員たちも白熱]

広島県商工会連合会

スポーツ交流会(県青連)01

約200名の青年部員が集結。天気にも恵まれ、大会は和やかなムードでスタートしました

 9月12日(日)、北広島町民グランド(山県郡北広島町有田1234)にて、『平成27年度 県青連スポーツ交流会』が開催されました。一昨年、昨年とソフトボールを行っていましたが、今年は北広島町で開催されることもあり、初めて“スポーツ雪合戦”が採用されました。北広島町商工会は、町内で年に1回開催されるスポーツ雪合戦の実行委員会も担当しています。

 

  スポーツ雪合戦とは、雪合戦の延長として誰でも気軽に楽しめるスポーツです。対戦チームから飛んでくる雪玉をよけながら、相手敷地内のフラッグを奪取すれば勝ち。2セット先取の3セットマッチで競います。瞬時の判断力とアクシデントに動じない精神力、そしてなによりチームワークが問われる戦術性の高いスポーツです。

 

 

想像以上の激しい戦いに、参加者のヒートアップ!

想像以上の激しい戦いに、参加者のヒートアップ!

 当日は、21チーム(基本8人編成)、170名が試合に参加。総勢約200名の青年部員が県内から集まりました。当日参加した青年部員は、スポーツ雪合戦初体験という人がほとんど。最初はとまどっていた青年部員たちも、試合を行うにつれレベルが上がり、白熱した試合を繰り広げました。

 

 優勝は実力で勝った北広島町商工会青年部、準優勝は神辺町商工会青年部、3位は安芸高田市商工会青年部と江田島市商工会青年部という結果になりました。初の試みとなった交流会は好評で、参加した部員からは「おもしろかった!」「思った以上にエキサイトした!」などの感想が寄せられました。

 

 

試合後には自然と笑顔があふれていました

試合後には自然と笑顔があふれていました

 

 

 大会では、エリアの垣根を越えて参加者が積極的に交流。部員同士の絆も深めた、充実の交流会となりました。

 

 

 

このサイトを広める