商工会からのお知らせ

全てみる

「商工会の日記念事業」を実施(県連)

[赤く染まるマツダスタジアムで商工会をPR。オリジナルうちわの配布や抽選プレゼントも]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

職員一丸となってオリジナルうちわ1000枚を配布

職員一丸となってオリジナルうちわ1000枚を配布

 6月3日(水)、広島県商工会連合会は「商工会の日記念事業」を実施しました。この事業は6月10日の「商工会の日」にちなみ、その前後に毎年実施しています。今年もMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島(南区南蟹屋)の各ゲートに職員が立ち、野球観戦に訪れた来場者に向けて、商工会の日やひろしま夢ぷらざの情報が印刷されたオリジナルうちわの配布を行い、試合中にはプレゼント抽選会が実施されました。うちわの配布には夢ぷらざスタッフ2人を含めた計8人の職員が参加し、「商工会です。よろしくお願いします!」とうちわを差し出すと、気持ちよく受け取ってくださる人の姿が多く見られました。

 

 商工会の日とは、1960年(昭和35年)6月10日に『商工会の組織等に関する法律』(現商工会法)が施行されたことにちなんで、全国商工会連合会が1985年(昭和60年)に制定した記念日。商工会の存在をもっと身近に感じてもらい、もっと興味を持ってもらうため、全国各地でもさまざまな事業が行われています。当県連では、積極的な情報提供により商工会のいっそうの周知を図ろうと、カープ球団協力のもと多くの集客が見込まれるMAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島での広報・啓発活動を展開しています。

 

大型スクリーンに映された、商工会のPR画像

大型スクリーンに映された、商工会のPR画像

 スタジアム内では、試合前、試合中の2度にわたって大型ビジョンに商工会のPR画像を放映。カープファンで真っ赤に染まったスタジアムに存在感を示しました。また、抽選会では、レモンラスクや串焼カキ、洋酒ケーキ、尾道ラーメン、牡蠣まるごとせんべいの6種が入ったバラエティ豊かな広島県の特産品を詰め込んだセットを10名様にプレゼントしました。

 

 この日のイベントには、職員のほか各商工会の事務局長も参加。試合は日本ハムファイターズを相手に惜しくも敗れましたが、約28,000人の来場者に対し、商工会をPRする絶好の機会となりました。

このサイトを広める