商工会からのお知らせ

全てみる

小規模企業景気動向調査(平成30年10月期)の結果を公表します

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 小規模企業景気動向調査とは

  全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

  全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

〈産業全体の概況〉

~消費税増税を見据え、停滞期感が漂う小規模企業景況~

 10月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の業況DI(景気動向指数・前年同月比)を除く3DIで改善が見られた。10月中旬に安倍首相が来年10月に消費税率を予定通り8%から10%へ引き上げると表明したことを受け、今まで設備投資時期について悩んでいた企業からの問い合わせや相談が増えたとのコメントがあった。また、自然災害の面では台風24号の直接被害に加え停電や塩害の影響が大きく、経済面では円安ドル高による原油を中心とした価格高騰等の影響もあり、停滞期に入りつつある。

 

(平成31年1月16日 全国商工会連合会 公表)

 

 ※各業種については、下記レポート(PDF)をご参照ください。  

  調査結果レポート(H30.10)

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所