働き方改革の推進

全てみる

「一般事業主行動計画(令和3年4月1日~令和6年3月31日)」を策定しました(広島県商工会連合会)

働き方改革の推進

広島県商工会連合会

 一般事業主行動計画とは、次世代育成支援対策推進法に基づき、企業が従業員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や、子育てをしていない従業員も含めた多様な労働条件の整備などの取組みを定めるものです。

 

 広島県商工会連合会では、平成22年1月開始の第1回計画から5回目となる「一般事業主行動計画」を令和3年4月からの3か年計画として策定しました。

 今回の計画は、働き方改革が進む中、組織文化や職場風土等を見直していくことにより、仕事と子育てを両立できる働きやすい職場環境を整備することによって、「職員のモチベーションが高まり、ひいては会員サービスの向上につながる」との観点から策定し、具体的には次の目標に取り組むものです。

 

【目標】

 ・女性の活躍促進と男女問わず仕事と家庭が両立できる職場環境を形成する。

 ・子の看護休暇の取得促進

 ・介護休暇の取得推進

 ・男性の子育て目的の休暇の取得促進

 ・年次有給休暇の平均10日以上取得

 

 今後は策定した目標をクリアするために、県連人事管理委員会内に令和3年度設置予定の商工会職員代表で構成する『総合人事プログラム策定ワーキング委員会』において効果的な取り組み内容等について協議を進め、仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)のとれる職場環境づくりを目指す予定です。

 

広島県商工会連合会一般事業主行動計画 ~商工会職員の子育て応援プログラム~