商工会からのお知らせ

全てみる

「令和2年度広域講習会」開催決定!講師は老舗酒蔵の4代目(県連東部支所)

[超・衰退産業の日本酒業界で業績を伸ばし続ける、老舗酒蔵4代目の経営戦略に学ぶ]

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 市場がこの50年で4分の1に縮んだ「超・衰退産業」の日本酒業界。そんな厳しい状況の中、巧みな戦略でヒットを生み出し、15年にわたり業績を伸ばし続ける酒蔵があります。それは和歌山県にある平和酒造(株)。4代目当主の山本典正氏は、業界で他に類を見ない革新的な組織づくりに挑み、現在は新卒採用に毎年1,000人以上の応募が殺到する人気企業へと成長させています。

 それまで主力だった大量生産の紙パック酒製造から自社ブランド酒の開発・販売へと軸足を転換し、業績を伸ばしてきた同社。代表銘柄は日本酒「紀土」、リキュール「鶴梅」、クラフトビール「平和クラフト」など。「平和クラフト」は発売の翌年にIPA日本地ビール協会主催の「International Beer Cup 2017」の「American-Style Strong Pale Ale」部門にて金賞を受賞しています。

 また「紀土」は堀江貴文氏が手掛ける宇宙事業でロケット燃料として提供され、中田英寿氏とのコラボ商品開発も手掛けるなど、日本酒の新たな可能性を広げる山本氏の様々なチャレンジにも注目が集まっています。

 

 11月25日(水)、福山市で平和酒造(株)の代表取締役・山本典正氏の貴重な講演を聞くことができる講演会が開催されます。テーマは「~衰退産業だからこそ、チャンスがある!~老舗酒蔵4代目が考える『幸福度倍増の低成長戦略』とは」。自社のペースで持続的な成長を目指す平和酒造(株)の経営戦略から、人口減少時代を生き抜く経営の在り方をさぐります。

 

 参加希望の方は下記にリンクしたチラシを出力の上、必要事項を記入して広島県商工会連合会東部支所までFAX(084-960-3108)またはメール(shisho@hint.or.jp)にてお送りください。

 

申込用紙はこちら

 

○~衰退産業だからこそ、チャンスがある!~

老舗酒蔵4代目が考える『幸福度倍増の低成長戦略』とは

日時/2020年11月25日(水)18:30~20:00(受付開始18:00~)

会場/福山市生涯学習プラザ まなびの館ローズコム4F(福山市霞町1-10-1)

参加費/無料

定員/50名 

 

 

●お問合わせ/広島県商工会連合会東部支所 TEL 084-960-3107