働き方改革の推進

全てみる

ご存知ですか?労働委員会 ~雇用のトラブル まず相談~(広島県労働委員会)

働き方改革の推進

なし

 広島県労働委員会では、公益委員(弁護士、大学教授など)、労働者委員(労働組合の役員など)、使用者委員(会社の人事・労務担当役員など)の三者構成による「あっせん」で、話し合いにより事業主と労働組合・労働者個人との紛争の円満な解決をお手伝いします。

 

  ●相談・申請にかかる費用は無料。訴訟などに比べて簡易・迅速です!

  ●非公開・秘密厳守ですから、第三者に知られることはありません!

  ●あっせん手続で合意された内容は、民法上の和解と同じ効力を持ちます!

 

◆事業主からの相談・申請例◆

  ・従業員に配置転換を命じたが、応じようとしない

  ・業務上の指導をしたことについて、パワハラだと言われている  など

 

◆労働者からの相談・申請例◆

  ・突然解雇すると言われたが納得できない

  ・残業代を支払ってもらえない

  ・労働条件が採用時に聞いたものと違う  など

 

Q.どんな労働トラブルが対象となりますか?

A.雇用・雇止め、労働条件の変更(賃金、一時金、退職金、労働時間、休日・休暇等)、

 配転出向、懲戒処分、パワハラ・セクハラなど

 

Q.事業主にとって不利な進行になることはありませんか?

A.当事者双方の言い分をお聴きして公正・中立に行いますから有利不利はありません。

 

Q.相手の主張をそのまま受け入れないといけないのでしょうか?

A.判決などとは違い、あっせんは、労使双方の歩み寄りによる解決を目指すものです。

 そのため、どちらか一方の主張を、そのまま合意の内容としなければならないことはありません。

 

 

■連絡先

 広島県労働委員会 労働トラブル解決支援窓口

 〒730-0013 広島市中区八丁堀2-31 広島鴻池ビル7階

 TEL082-513-5162《相談時間 平日8時30分~12時、13時~17時》

 ホームページ:http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/roudouiinkai/