働き方改革の推進

全てみる

育児・介護休業法施行規則の改正について(広島労働局)

子の看護休暇・介護休暇が時間単位で取得できるようになります!

働き方改革の推進

なし

 

 育児・介護休業法施行規則等の改正により、令和3年1月1日から、育児や介護を行う労働者が、子の看護休暇や介護休暇を時間単位で取得することができるようになります。

 これに伴い、各事業場におきましては、就業規則等の変更、労働者への周知等の対応が必要となります。

 

<改正ポイント>

(改正前)

・半日単位での取得が可能

  ・1日の所定労働時間が4時間以下の労働者は取得できない

  

(改正後)

時間単位での取得が可能

全ての労働者が取得できる

 

<労使協定を締結する際の注意点>

子の看護休暇や介護休暇を時間単位で取得することが困難な業務がある場合は、労使協定を締結することにより、時間単位の休暇制度の対象からその業務に従事する労働者を除外することができます。困難な業務の範囲は、労使で十分に話し合ってお決めください。

 

<両立支援等助成金について>

時間単位で利用できる有給の子の看護休暇制度や介護休暇制度を導入し、休暇を取得した労働者が生じたなど要件を満たした事業主には、両立支援等助成金が支給されます。

 

 詳細については、下記リーフレットやホームページをご覧ください。

 

■リーフレット

子の看護休暇・介護休暇が時間単位で取得できるようになります!

 

■育児・介護休業法について

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130583.html

 

■事業主の方への給付金のご案内

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kodomo/shokuba_kosodate/ryouritsu01/index.html

 

■問い合わせ先

広島県労働局雇用環境・均等室

TEL:082-221-9247