働き方改革の推進

全てみる

高等学校等卒業者の求人枠の確保等のお願いについて(広島県教育委員会等)

働き方改革の推進

なし

 

 このことについて、令和2年7月2日(木)に、下記のとおり広島県教育委員会等、6つの機関より、商工会連合会を通じての商工会会員企業の皆様への協力の依頼がありました。

 これは、新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により、就職を希望する高等学校等の生徒が、例年と異なる環境にあり多くの不安を抱えていること。

 また、県内企業について、幅広い業種で事業縮小により来年度の新卒者の就職への影響が懸念される状況にあること。

 これらから、県経済及び地域の持続的な発展のため、中長期的な視点に立って、高等学校等卒業者の求人枠の確保等について、特段の協力をお願いされたものです。

 各会員企業の皆様には、このことの趣旨をご理解いただき、高等学校等卒業者の求人等についてご協力くださるようお願い申し上げます。

 

1.依頼機関(代表)

 広島県知事

 広島県教育委員会教育長

 広島労働局長

 中国経済産業局長

 広島市長

 広島市教育長

 

2.依頼日

 令和2年7月2日(木)

 

3.依頼文(写し)

 高等学校等卒業者の求人枠の確保等についてのお願い

 

広島県商工会連合会

組織運営部総務課