商工会からのお知らせ

全てみる

『令和元年度 臨時総会』開催(県女性連)

[3つの議案を審議し、全て原案通り承認・可決。「組織の強化・拡充」を最重要課題とし、今後、新規部員の加入促進に取り組む]

研修会・総会

広島県商工会連合会

臨時総会の様子

 3月4日(水)、新型コロナウイルスの影響により、予定していた第3回研修会及び表彰伝達を中止し、全員のマスク着用、アルコール除菌、換気の徹底などの感染予防を行い、グランドプリンスホテル広島にて『令和元年度 広島県商工会女性部連合会 臨時総会』を開催しました。

 

 臨時総会は、出席者19人、委任状15人、計34人出席のもと、安芸津町商工会女性部の高下部長を議長に選出し、令和元年度補正予算書(案)、令和2年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)など3つの議案について審議しました。

 

提出議題は以下の通り

第1号議案−令和元年度収支補正予算書(案)承認の件

第2号議案−令和2年度事業計画書(案)及び収支予算書(案)承認の件

第3号議案−令和2年度会費賦課基準(案)及び徴収方法(案)承認の件

 

予防対策として、消毒液の設置、マスクの着用、席の間隔を広げるなどの対策を講じました

 第2号議案の令和2年度事業計画書(案)の説明では、今後、「組織の強化・拡充」を最重要課題として新規部員の加入促進に取り組んでいくこと、また今年度より実施している「おもてなし交流推進事業」について継続実施し、女性部員の“おもてなしの心を醸成すること、さらに「魅力ある女性部」を目指し、各種事業に取り組むことを基本方針として掲げました。

 

 3つの議案については、出席者全員の承認を得て、原案どおり可決されました。