商工会からのお知らせ

全てみる

年頭挨拶 広島県商工会青年部連合会 会長 松山 和雄

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年あけましておめでとうございます。皆様におかれましては清々しい新年をお迎えになられたことと、心よりお慶び申しあげます。また、旧年中においては広島県商工会青年部の活動に対し格別なるご支援ご鞭撻を賜りましたこと、心より感謝申し上げますとともに本年も引き続き何卒よろしくお願い申し上げます。

 昨年は、「令和」という新しい時代が始まる節目の年となりました。広島県青連といたしましても、第21回商工会青年部全国大会愛知大会での主張発表大会において、広島県の代表が中国・四国ブロック代表として堂々とした発表を行い、中国・四国ブロックのみならず、全国の青年部に大いなる感動と全国の部員が直面する部員減少問題に対し解決に向けたヒントを与えてくれたことを昨日のように思い出すことができ、新しい時代の第1歩として相応しいものになったと感じております。そして彼を全力で応援してくれた広島県商工会青年部の絆の深さを改めて実感したところです。

 また、単会の青年部もそれぞれ精力的な活動を実施しており、広島県商工会青年部は他のどの県と比べても、積極的で活力のある単会が増えてきていると確信しております。

 しかし、本年より大勢の部員の定年卒業が始まります。それは、6年前に部員定年を40歳から45歳に引き上げ、当時卒業だった方々が改めて卒業時期を迎えるためです。公式数値ではありませんが、広島県青連では本年より毎年約120人づつ減少し、新規加入部員が居ない場合、5年後には部員が半減するという予測も出ております。

 そのため、広島県青連といたしましては、経営者・後継者やその地域に生きる方々に商工会青年部へ加入するメリットや必要性が感じ取れる様々な活動を行える環境を整えることはもちろん、少なくなる部員で事業を継続する手法なども検討しており、引き続き地域に必要とされる商工会青年部を目指してまいる所存です。

 結びに本年が皆さまにとって良い変化を巻き起こし、更なる飛躍、発展の年となることを祈念申し上げ、年頭の挨拶とさせて頂きます。

 

令和2年 元旦