働き方改革の推進

全てみる

『第3回広島県働き方改革実践企業認定制度 認定証授与式』開催(県連)

[働き方改革の勢いを反映するかのように、これまでの3倍以上となる11企業を認定]

働き方改革の推進

広島県商工会連合会

主催者挨拶を行った熊高会長

 9月3日(月)、広島県商工会連合会と広島県商工会議所連合会は、広島商工会議所にて『第3回広島県働き方改革実践企業認定制度認定証授与式』を開催しました。主催者挨拶で県連の熊高一雄会長は「多能工化により生産性を向上した企業、健康経営をベースに社員個々の資質を伸ばす企業、自社の経営計画書を社員が携帯し、働き方改革の情報共有を推し進める企業、時差出勤制度やリフレッシュ休暇などを取り入れ、有給休暇取得率を向上させた企業など、様々な企業が認定に至りました」と、今回認定した11社の取り組みを高く評価した上で、「今後も商工会としてこの取り組みを積極的にサポートしていき、働き方改革の機運を盛り上げていきたい」と力を込めました。

 

 授与式に参加した湯﨑県知事も「働き方改革の必要性を感じていても、具体的に取り組めずにいる企業も少なくない。みなさんは良き手本となる優良事例です。県としてもこの取り組みの裾野の拡大に努めたい」と認定企業のさらなる飛躍に期待感をあらわにしていました。

 

広島県商工会連合会による認定企業11社は以下の通り

 

  • 有限会社高松製作所(福山北商工会)
  • 株式会社フィッツ(神辺町商工会)
  • 株式会社かこ川商店(神辺町商工会)
  • 広島ガス高田販売株式会社(安芸高田市商工会)
  • 平畑建設株式会社(三原臨空商工会)
  • 有限会社大杉組(三次広域商工会)
  • 株式会社チヨダパック(北広島町商工会)
  • 大津建設株式会社(三次広域商工会)
  • 株式会社イシカワ(佐伯商工会)
  • 社会福祉法人優輝福祉会(備北商工会)
  • 武田製麺有限会社(上下町商工会)

 

今回、認定を受けられたみなさん

 その後、認定企業の代表者一人ひとりに熊高会長から認定証が手渡されると、会場からは大きな拍手が贈られました。広島県働き方改革実践企業認定制度審査委員会審査員長で県立広島大学経営専門職大学院の木谷宏教授は講評で、今回の認定企業のポイントに“量”“質”“多様性”の3つを挙げ、「2団体あわせて昨年度46社、今年度の3回目で79社の企業が認定を受け、認定企業数が激増しました。取り組みのレベルも間違いなく向上しています。業種ではこれまで製造業や通信業、流通業が多かったのに対して、これまで難しいとされていた介護施設や建設業が認定を受け、確実に制度が広がりを見せていると感じることができました」と高く評価するとともに、拡大を続ける働き方改革の今後の動向にも期待を寄せていました。

このサイトを広める