商工会からのお知らせ

全てみる

『平成29年度 第32回親善ビーチボールバレー県大会』開催(県女性連)

[女性たちの熱き戦いが今年も。本大会は安芸高田市商工会、シニア大会は大崎上島町商工会が制覇]

広島県商工会連合会

迫力満点のプレーに、大きな声援と拍手が贈られていました。

 10月4日(水)、広島県立総合体育館小アリーナ(広島市中区基町)にて、『第32回親善ビーチボールバレー県大会』が開催されました。ビーチボールバレーを通して県内の女性部員の健康促進と交流・親睦を図ることを目的に、毎年この季節に実施されているもので、今年は本大会に6チーム、シニア大会に8チームが参加しました。

 

 試合は日本ビーチボールバレー協会のルールに準じて行われ、9ポイント3セットマッチ(2セット先取)。今年は本大会の1次リーグを3チームずつのリーグ戦とし、ポイント率やセット率などを加味して順位を決定。1位〜3位、4位〜6位がそれぞれ2次リーグに進み戦いました。シニア大会では参加チームを2リーグに分け、各リーグの同順位同士が決勝リーグで激突。昨年の覇者、大崎上島町商工会女性部と、昨年惜しくも決勝リーグで涙を飲んだ高陽町商工会女性部が1位決定戦に臨みました。結果はストレートで大崎上島町商工会女性部が勝利し頂点に輝きました。

 

本大会を制した安芸高田市商工会女性部チームのみなさん。

 本大会では、昨年決勝リーグで惜しくも敗れ、3位に終わった安芸高田市商工会女性部チームがリベンジを果たして優勝。2位は世羅町商工会女性部Aチーム、3位は大崎上島町商工会女性部チームが輝きました。

 

 閉会式で成績発表が行われ、井上文江会長から本大会、シニア大会の上位3チームに表彰状と記念品が贈られたほか、参加者全員に景品が配られました。審判員が選出するMVP賞は安芸高田市商工会の上松洋子さんと大崎上島町商工会の松浦典子さんが受賞しました。

 

賞状や記念品を受け取るシニア大会の覇者、大崎上島町商工会女性部チームのみなさん。

このサイトを広める