商工会からのお知らせ

全てみる

年頭挨拶 広島県商工会連合会 会長 熊高一雄

告知・イベント情報

広島県商工会連合会

 新年明けましておめでとうございます。平成30年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

 我が国の経済は、今まで政府が推し進めてきた各種政策により、緩やかな回復基調が続いていると言われており、今後の「人づくり革命」や「生産性革命」によって着実に発展することが期待されております。

 しかしながら、その恩恵は大企業や都市部の中堅・中小企業しか享受できておらず、地方の中小・小規模事業者においては、過疎化や人口の減少による地域内の消費の縮小、働き手や後継者の不足など、引き続き厳しい経営環境におかれております。

 こうした中、中小・小規模事業者に光を当てた支援施策が次々と打ち出され、国の中小・小規模事業者支援は飛躍的に拡充され、将来に一すじの明るい光を見たと実感しております。

 好評を頂いております持続化補助金もこうした施策の一環として生まれたものであり、今までの商工会が行ってきたことが評価された象徴的な事業ではないかと考えております。 安倍総理は、「我が国の経済・社会を支えているのは地方だ、地方が元気にならないと日本全体が活性化して元気にならない」と就任以来、力強く明言されており、我々商工会の責務は益々重く、改めて重責を痛感している次第です。

 地方経済を活性化させるために、商工会といたしましても、自らの経営発達支援計画を着実に実行するとともに、人材育成に取り組むなど、不断に支援能力を高めていく必要があります。
地域に明るい展望が見えてこない今こそ、各方面からの大きな期待に応え、今後とも商工会組織をあげて更なる努力を傾けていかなければなりません。

 経済を躍動させ、小規模事業者が持続する活力ある地域を醸成するために、県内商工会の全力を挙げて会員サービスの一層の向上に取り組んで参りますので、何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
終わりに、本年が広島県内の商工会員の皆様にとって大きな飛躍の年となりますことを祈念し、年頭のご挨拶とさせていただきます。

 

平成30年 元旦

このサイトを広める