商工会からのお知らせ

全てみる

小規模企業景気動向調査(令和1年6月期)の結果を公表します

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

 小規模企業景気動向調査とは

  全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

  全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

〈産業全体の概況〉

~製造業・サービス業の悪化が響き、2 か月連続の悪化となった小規模企業景況~

 6月期の小規模企業景気動向調査は、産業全体の資金繰りDI がわずかに改善したものの、それ以外の業況DI、売上額DI、採算DI は悪化した。特に、製造業・サービス業の悪化幅が大きかった。昨年の西日本豪雨のような大規模な被害こそ無かったが、北陸地方、九州南部を中心に大雨が目立ったのをはじめ、全国的に天候不順が続き、野菜価格の高騰が生じている。また、米中の貿易摩擦や6 月末に表出した韓国向け輸出管理等、国際情勢の先行き不安や10 月の消費増税に向けた動きを取り上げたコメントが目立った。

 

(令和1年8月1日 全国商工会連合会 公表)

 

 ※各業種については、下記レポート(PDF)をご参照ください。  

  調査結果レポート(R1.6)

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所