商工会からのお知らせ

全てみる

小規模企業景気動向調査(令和1年7月期)の結果を公表します

3カ月連続の悪化となった小規模企業景況(7月期調査結果)

小規模企業景気動向調査

広島県商工会連合会

全国商工会連合会では、9月2日、7月期の小規模企業景気動向調査の結果を発表しました。

業種ごとの結果の要旨は以下のとおり。

 

 【製造業】貿易摩擦問題等により、悪影響を受ける製造業
 【建設業】消費税の駆け込み需要が好調も、人手不足や資材高に懸念がのこる建設業
 【小売業】軽減税率やキャッシュレスに関心の高さが窺えるも、対応に差が見られる小売業
 【サービス業】長雨の影響が好転・悪化双方に影響を与えるサービス業

 

 ※詳細については、下記レポート(PDF)をご参照ください。  

  調査結果レポート(R1.7)

 

≪小規模企業景気動向調査とは≫

 全国商工会連合会が小規模企業を対象に、毎月行っている景気動向調査です。

 全国約300商工会の経営指導員による選択記入方式の調査で、広島県では9商工会で実施しています。

 

(問合せ先)
 全国商工会連合会 企業環境整備課 電話03-6268-0085

 

 広島県商工会連合会 東部支所