商工会からのお知らせ

全てみる

「平成26年度新規会員交流会」開催

経営指導員による事例発表や役職員との交流会で、新規会員に利用しやすい商工会をめざす

研修会・総会

五日市 商工会

「平成26年度新規会員交流会」開催

▲各経営指導員がこれまでの事例を分かりやすく説明。参加者は熱心に耳を傾けていました。

 11月13日(木)、五日市商工会が毎年恒例の「新規会員交流会」を開催しました。今年は昨年11月から今年10月末までに新規加入した33事業所35名が参加。商工会がどんなサポートを行っているかなど、支援の活用方法を紹介するとともに、役員や職員、会員間での交流を深めました。

 

 昨年からリニューアルした交流会は2部構成。1部では、5名の経営指導員が実際に会員に行った支援事例を発表しました。テーマは「雇用トラブルの解決をサポートします」「創業をサポートします」「笑売繁盛をサポートします」「資金調達をサポートします」「売り場づくりをサポートします」の5つ。新規会員に対して、商工会がどのような支援ができるのかを分かりやすく説明しました。

 

 「具体的な事例を発表するためには、経営指導員が日頃の業務を見直し資料を作成するという事前準備が必要。こうした経験も経営指導員の自己成長に繋がる」と前川事務局長。事例のプレゼンテーションは発表者にとっても、よい機会になったようです。

 

 第2部は役員や職員も出席した交流会を実施。商工会役職員と交流を持ち、利用しやすい商工会を印象付けました。また、新規会員による自己紹介も行われ、事業間の事業連携や協力体制づくりのきっかけにもなった様子。参加者はざっくばらんに交流し、有意義なひと時を過ごしました。

 

 その後のアンケートでは、「すぐに相談しようと思った」と答えた人が7人、「今後何かあった相談しようと思った」と答えた人が20人と商工会への評価も上々。また、「商工会にどんなことをしてほしいか」という質問に対して、五日市活性化のイベントや勉強会などが挙げられました。同商工会では、こうした意見を今後の経営指導に繋げていきたい考えです。

 

●お問い合わせ/五日市商工会 TEL(082)923-4138

 

五日市商工会のホームページはこちら

このサイトを広める