商工会からのお知らせ

全てみる

『第18回 商工会女性部主張発表広島県大会』開催(県女性連)

[6名の地区代表が女性部活動で感じた想いを披露。最優秀賞は世羅町商工会女性部の松田さんが受賞]

研修会・総会

広島県商工会連合会

松田さんと会場からエールを送った世羅町商工会女性部のみなさん。

 5月26日(金)、グランドプリンスホテル広島(広島市南区元宇品町)にて、『第18回 商工会女性部主張発表広島県大会』が開催されました。6つの地域から選ばれた代表が、日頃の女性部活動を通して感じたことや想いを披露しました。

 

 主張発表を行ったのは、芸南西ブロック代表の橋口千恵子さん(大野町商工会女性部)、芸南東ブロック代表の大高下栄子さん(広島東商工会女性部)、芸北地域協議会代表の上松洋子さん(安芸高田市商工会女性部)、中央地域協議会代表の坪郷和子さん(広島県央商工会女性部)、備南地域協議会代表の松田純子さん(世羅町商工会女性部)、備北地域協議会代表の渡邉なおみさん(三次広域商工会女性部)の6名。

 

 各代表は、女性部での活動や地域振興活動で得た経験や成果をイキイキと発表しました。最優秀賞に輝いたのは備南地域協議会代表の松田純子さん(世羅町商工会)。優秀賞は芸北地域協議会代表の上松洋子さん(安芸高田市商工会)が受賞しました。昨年に続き、今回2度目の審査員長を務めた中国新聞社広告局の三藤和之担当局長は松田さんの発表について「随所にキーワードが散りばめられており、とても聴きやすくユーモアのセンスも抜群」と評価し、「さらに抑揚をつけて自信を持って話すことができれば、全国に通用する!」と中四国大会に向けてエールを贈りました。

 

 松田さんは『女性部活動に参加して〜世代交代・世代交流の取り組み〜』をテーマに発表。入部して10年ほど活動に参加していなかった松田さんが、いかにして女性部活動の表舞台に立つようになったのか、現在の活動の原動力などを元気いっぱいに披露しました。松田さんは、9月7日に島根県で開催される『平成29年度中国・四国ブロック商工会女性部主張発表大会』に広島県代表として出場します。

うう

このサイトを広める