あくてぃぶ通信

vol.75 政府が、IT導入の先導役を~

◇◆◇あくてぃぶ通信 Vol.75 ◇◆◇ ────[2002年11月15日発行]
 https://www.active-hiroshima.jp  /発行:広島県商工会連合会
11月7日に立冬を迎え、暖かい食べ物が恋しくなる季節になってきました。
温かいスープやお茶を飲んだり、ほかほかのおでんを食べるなど、温かいものを口にすると、体の芯から暖まりますよね。
でも、体を冷やす食材と、暖める食材があることを御存知でしょうか。
だいこん・かぶ・ごぼう・白菜など冬野菜とよばれるものは、体を温める食材です。
また、しょうがやネギは、血行を促進する効果があり、体を温めるのに優れた食材です。逆に体を冷やしてしまう食材は、トマト・キュウリ・レタス・ナスなどです。
お料理の際の御参考になさってみてください。
INDEX
[1]Active News 最新情報
[2]経営情報
 ・政府が、IT導入の先導役を
 ・61%の企業が法令遵守のための社内規程を整備
 ・7件に1件は納税者の主張が認められる?
[3]ITワンポイントレッスン
 ・Excelについてのお問い合わせから
 ・IT用語解説—グラフィックソフト、タブレット


<<<< Active News 最新情報
☆快適なネット環境の実現めざす・・・加計町商工会
☆EM菌で環境を取り戻せ・・・向島町商工会
☆郡内の魅力を再発見-Ⅱ・・・吉田町商工会
☆ふるさとの故事にちなむ町おこし・・・安芸津町商工会
☆県内最高峰の神楽大会・・・千代田町商工会
☆美味しい新そばの季節到来・・・豊平町商工会
☆IT技術のサポート拠点をめざす・・・世羅西町商工会
詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp
<<<< 経営情報
≪≪≪政府が、IT導入の先導役を

IT産業と関連市場を育成する為に政府が需要の先導役になろうと、IT戦略本部では、先端ITを積極的に調達し活用していく方針を決めました。
調達するのは中央省庁や国立機関で、インターネット次世代規格「Ipv6」に対応した情報電機製品や、テレビ電話システムなどの購入を想定しています。
また、選定に当っては、
(1) 新技術の市場立上効果がある
(2) 汎用性がある
(3) 大量調達でコスト低減ができる
などに配慮する予定です。
更に、特別の予算枠を設けず各省庁がこの方針に沿って予算要求し、財務省も査定で配慮する予定にしています。


≪≪≪61%の企業が法令遵守のための社内規程を整備

企業をめぐる不祥事が相次ぎ、企業に対する消費者の信頼の再構築が重要な課題とされている現状から、内閣府はこのほど公益通報者保護制度に関する企業へのアンケート調査を実施しました。
この調査結果によると、61%の企業が法令遵守のために倫理規範などの社内規程を既に作成していることが分かりました。
また、従業員からの相談・通報(内部告発)に応ずる体制については、40%の企業が既に整備しており、51%が今後整備を検討すると回答しています。
調査結果の詳細は下記サイトをご覧下さい。
http://www.consumer.go.jp/info/kohyo/kouekituhou/public_interest.pdf


≪≪≪7件に1件は納税者の主張が認められる?

国税庁の統計によれば、税務署の処分に対して、異議の申立て及び審査請求により納税者の主張の一部ないし全部が認められる件数は、7件に1件程度とのことです。
7件に1件が多いかどうかは議論の別れるところですが、お上には逆らえないという時代ではないようです。

<<<< ITワンポイントレッスン  ~商工会ITサポートセンター
≪≪≪Excelについてのお問い合わせから
Q. <スタート>-<プログラム>-<Microsoft Excel>とクリックすると、Excel自体は起動するのですが、My Documentsなどのフォルダの中のExcelファイルをダブルクリックしても開けません。
A. <スタート>-<プログラム>-<Microsoft Excel>をクリックし、Excelを起動してください。
メニューバーの<ツール(T)>-<オプション(O)>をクリックし、「オプション」ダイアログボックスが表示されたら<全般>タブをクリックしてください。
「他のアプリケーションを無視する(I)」(Excel2002をお使いの場合は「ほかのアプリケーションを無視する(I)」になっています)のチェックを外し、OKボタンをクリックします。
これで、直接ファイルを開くことができます。

≪≪≪IT用語解説
***グラフィックソフト***

パソコンで絵を描いたり、パソコンに写真を取り込んで修正したり合成したりするソフト。
使い方や、画像の扱い方によって数種類に分類できます。
最も簡単なのが、ペイントソフトと呼ばれるもの。一般に「お絵かきソフト」といわれることもあります。
ペイントソフトは、パソコンの画面を構成している小さな点(ドット)に色を付けることで絵を表現します。
マウスやタブレットを使って自由に描けるので手軽です。
ただし印刷したり拡大したりすると、斜めの部分にギザギザが目立ってしまいます。
代表的なペイントソフトとして、ウィンドウズに付属の「ペイント」があります。
ドローソフトと呼ばれるものもあります。
これは直線、曲線、円や多角形を組み合わせて絵を組み立てていくイメージです。
そのためカッチリしたイラストに向いています。
地図を作るときにも良いでしょう。
ドローソフトで描いたイラストは、拡大したり印刷してもギザギザが出ません。
また、チャート表現にも向いているのでビジネス文書を作成するソフトとして売られているものもあります。
もうひとつ、フォトレタッチソフトがあります。
これは写真を加工するためのソフトですが、絵を描くことにも使えます。
特に、デジタルカメラの写真をパソコンで修正したり、画像フォーマットを変換するといったとき、とても役立ちます。
————————————————————————-

***タブレット***

グラフィックソフト、特にペイントソフトで絵を描く場合、マウスだと思うように線を描けないことが多いですね。そんなときは、タブレットという周辺機器を使うと良いでしょう。
タブレットは、マウスパッドくらいの専用パッドと、それに対応した専用のペン(スタイラスペン)がセットになっています。
パッドの上でペンを動かすと、そのとおりにマウスカーソルが動きます。
このペンを使って鉛筆と同じような感覚で絵を描けるということです。
とはいえ、手元ではなくパソコンの画面を見ながらペンを動かすので最初は慣れが必要です。
なお、製図などに使う大型かつ高精度なプロ用のタイプはデジタイザーと呼ぶことがあります。
またデジタイザーの場合、ペンではなく専用パッドなどで位置を指定する方式が多いです。
また最近は、ノートパソコンの画面だけを取り外したような形で、ペン入力などで操作できる機器をタブレットと呼ぶこともあります。

◎「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。


内容のお問い合わせは、
商工会ITサポートセンター E-mail : sup@palwave.co.jp まで


このサイトを広める