あくてぃぶ通信

あくてぃぶ通信 Vol.523 ーいよいよ始まるパートタイマーへの社会保険適用拡大ー

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                                      2016年8月26日
╋+╋                  あくてぃぶ通信 Vol.523
╋╋ ┏━━┓
┼      ┃\/┃                      発行元:広島県商工会連合会
╋+ ┗━━┛
+                         http://www.active-hiroshima.jp/
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

8月も終わりに近づいてきましたが、まだまだ残暑が厳しいですね。
皆様、夏休みは楽しく過ごされましたでしょうか?

さて、8月27日(土)16時から「道の駅アリストぬまくま」で、
「炎と響きの祭典 ひびきまつり」が開催されます。広島県無形
民俗文化財の「はねおどり」や和太鼓の演奏、神楽等の伝統芸能が
ステージを盛り上げ、山南川沿いに設置されたかがり火や松明が、
夏の夜を幻想的に照らします。夏の思い出に、ぜひ訪れてみては
いかがでしょうか。

                       (商工会ITサポートセンター  鈴木)


┗■今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃ 【1】  Active News 最新情報

┃  【2】  経営情報
┃   └┼   労務情報 ┼― いよいよ始まるパートタイマーへの社会保険適用拡大

┃ 【3】  ITワンポイントレッスン
┃   └     Excelについてのお問い合わせから

┃  【4】 県連からのお知らせ

┃   ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫『あくてぃぶ通信』 購読登録者募集! ┣━━━━
┃   ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
┃ 「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
┃ 電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
┃ まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
┃ 購読をご希望の場合、所属商工会名、事業所名、電話番号、
┃ メールアドレスをご記載の上、下記メールアドレスへお申し込みください。
┃              contact@active-hiroshima.jp

┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■      ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+お店紹介-めんめん・・・安古市町商工会
+炎と響きの祭典「ひびきまつり」が今年も開催!・・・沼隈内海商工会

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。

⇒詳細はこちらから http://www.active-hiroshima.jp/

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■     ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+ いよいよ始まるパートタイマーへの社会保険適用拡大 +

平成24年8月10日に成立した「公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の
強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律」(年金強化法)により、
これまで対象外とされてきた短時間労働者(以下、「パートタイマー」という)
に対して、健康保険・厚生年金保険の加入の適用を拡大することが決定されました。
この部分の施行は平成28年10月1日であり、法律の成立から施行までかなりの
期間がありましたが、いよいよ施行の日が近づいてきました。
そこで今回はその具体的な内容について確認しておきましょう。

1.適用拡大の対象となる特定適用事業所

今回、適用拡大の対象となる事業所は、厚生年金保険の被保険者数が501人以上
の事業所です。同じ企業で適用事業所が複数ある場合には、法人番号が同じ適
用事業所を同一の事業主と考え、この事業主の単位で一つの事業所として扱わ
れます。なお、個人事業所の場合には現在の適用事業所が一つの事業所として
判断されます。該当した事業所は「特定適用事業所」と呼ばれることになって
おり、この特定適用事業所に該当するかの判断は、1年で6ヶ月以上、厚生年金
保険の被保険者数が501人以上になっているかで行われます。

2.適用拡大の対象となるパートタイマーの範囲

これまで、健康保険・厚生年金保険に加入する人は、正社員のほか、1日また
は1週の所定労働時間および1ヶ月の所定労働日数が正社員の所定労働時間およ
び所定労働日数のおおむね4分の3以上であるパートタイマーとされていました。
この基準は法律で定められているのではなく、厚生労働省内部の文書を根拠と
しています。今回、年金強化法が施行されることで、この文書は廃止となり、
法律により特定適用事業所で勤務する下記(1)から(4)のすべてに該当する人が、
健康保険・厚生年金保険に加入することになります。

(1)週の所定労働時間が20時間以上であること
週の所定労働時間は、就業規則や雇用契約書等により、その人が通常の週に
勤務する時間を指します。なお、通常の週とは、祝祭日やその振替休日、
年末年始の休日等の休日を含まない週のことを指しています。また、週の所
定労働時間が1ヶ月単位で決まっている場合には、1ヶ月の所定労働時間を週
の所定労働時間に換算する(※)ことになっています。労働時間に関する契約
は様々かと思いますので、個々の契約を確認し判断する必要があります。

※ 計算式:[1ヶ月の所定労働時間]×12÷52

(2)雇用期間が1年以上見込まれること
雇用期間については、雇用期間の定めがなく勤務している人のほか、雇用期
間が1年以上である人や、雇用期間が1年未満であっても、契約が更新される
ことで1年以上の勤務が見込まれる人等も含まれます。

(3)賃金の月額が88,000円以上であること
賃金額は、週給、日給、時間給は月給換算をし、基本給のほか、各諸手当等
を含めた所定内賃金の額が、月額88,000円以上であるかにより判断します。
ただし、以下のものは除外して考えることになります。
・結婚手当、賞与等の臨時で支払われるものおよび1ヶ月を超える期間ごとに
支払われるもの
・割増賃金等の時間外労働、休日労働および深夜労働に対して支払われるもの
・精皆勤手当、通勤手当、家族手当等、最低賃金法で最低賃金額として算入
しないことを定められたもの

(4)学生でないこと
大学、高校、専修学校等に在学する生徒または学生は適用対象外となります。
ただし、卒業見込証明書を有する人で、卒業前に就職し、卒業後も引き続き
同じ事業所に勤務する予定の場合には被保険者となります。

3.今後のスケジュール
今後のスケジュールは、特定適用事業所に該当することが確定した事業所、
特定適用事業所に該当する可能性がある事業所によって通知の内容や手続き
が異なり、また施行日以降についても以下のスケジュールで行われます。

a.特定適用事業所に該当することが確定した事業所

特定適用事業所に該当するかは、毎月の厚生年金保険の被保険者数により
判断されます。平成27年10月から平成28年7月までの各月の厚生年金保険
の被保険者数が6ヶ月以上、501人以上になっている場合には、平成28年8月
頃に「施行日に特定適用事業所に該当する旨のお知らせ」が届き、平成28
年10月頃に「特定適用事業所該当通知書」が日本年金機構から届く予定です。
平成28年10月以降には、適用拡大に伴い新たに被保険者となる人の被保険
者資格取得届を提出することになります。

b.特定適用事業所に該当する可能性がある事業所

平成27年10月から平成28年7月までの各月の厚生年金保険の被保険者数が
501人以上となった月が5ヶ月ある事業所には、平成28年8月頃に特定適用
事業所に該当する可能性があるとして「特定適用事業所に該当する可能性
がある旨のお知らせ」が日本年金機構から届く予定です。その後、特定適
用事業所に該当した場合には、特定適用事業所該当届を提出することにな
ります(原則として平成28年8月に501人以上になった事業所を除く)。
また、平成28年10月以降に適用拡大に伴い新たに被保険者となる人の被保
険者資格取得届を提出することになります。
なお、平成27年10月から平成28年8月までの各月の厚生年金保険の被保険
者数が501人以上となった月が5ヶ月となる事業所にも、平成28年9月頃に
特定適用事業所に該当する可能性があるとして「特定適用事業所に該当す
る可能性がある旨のお知らせ」が送付されるため、同様の手続きが必要に
なります。

c.施行日以降のスケジュール

法律施行後についても、直近11ヶ月のうち、厚生年金保険の被保険者数が
5ヶ月間、501人以上となった場合に、「特定適用事業所に該当する可能性が
ある旨のお知らせ」が届く予定となっています。該当した場合には、特定
適用事業所該当届と新たに被保険者となる人の被保険者資格取得届の提出が
必要になります。

この適用拡大により、新たに被保険者となる人については、それまで加入し
ていた健康保険等の手続きが必要になります。特定適用事業所に該当しない企
業であっても、配偶者や家族が適用拡大の対象となったために、被扶養者から
除外する手続きを行なうケースが出てくるため、内容を把握し、手続き漏れが
ないようにしましょう。

■参考リンク
日本年金機構「平成28年10月より短時間労働者に対する健康保険・厚生年金
保険の適用拡大が始まります。」
http://www.nenkin.go.jp/oshirase/topics/2016/0516.html

(特定社会保険労務士 遠地 謙介)

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■     ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+ Excel についてのお問い合わせから +

【Q】
1つのブック内にある複数のシートを、別々のブックに分けたいのですが。

【A】
シートを新しいブックへ移動することで、複数のシートを別々のブックに
分けることができます。方法は下記の通りです。

[Excel2010・2013共通]
1.分けたいシートのシート見出しを右クリックします。
2.表示されるショートカットメニューより、<移動またはコピー>をクリック
します。
3.「シートの移動またはコピー」画面にて、「移動先ブック名」右側の
「▼」ボタンをクリックし、「(新しいブック)」を選択します。
4.「コピーを作成する」にチェックが入っていないことを確認し、[OK]ボタ
ンをクリックします。

以上の操作により、選んだシートが新しいブックへ移動します。
この手順をシートごとに繰り返すことで、別々のブックに分けることができます。

なお、「コピーを作成する」にチェックを入れると、シートのコピーが
新しいブックへ作成されます。必要に応じてチェックを入れてください。

┏━┓
┫4┣━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■      ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+キャリアアップ助成金の活用について
+8月以降における熱中症予防対策の徹底について
+中小企業大学校(広島校)2016年度研修コースのご案内

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。

⇒詳細はこちらから http://www.active-hiroshima.jp/

─────────────────────────────────
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
:+╋ 「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、
:╋+利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。
:┼また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等
:+がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただ
:╋きますよう、よろしくお願いいたします。

:商工会ITサポートセンター E-mail : contact@active-hiroshima.jp
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このサイトを広める