あくてぃぶ通信

vol.484 消費税簡易課税制度における事業区分の変更と不動産業の区分について

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                        2015年1月9日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.484
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 新年明けましておめでとうございます。
2015年が皆様にとって、幸多き年となりますようお祈りしております。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 1月27日(火)午後6時より、庄原市総合体育館にて、備北商工会主催「カリスマ駅弁販売員が語る 奇跡のサービス」と題した講演会が開催されます。講 師は23年間の専業主婦生活から、JR上野駅の駅弁販売員となり、飛躍的に売上アップをさせたことで、マスコミにも紹介された三浦由紀江氏。講演では、売 上アップに繋がるサービスや接客術について伝授していただけます。詳細については、アクティブヒロシマホームページをご覧ください。

(商工会ITサポートセンター 鈴木)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】 Active News 最新情報

 【2】 経営情報
  └┼ 税務情報 ┼─消費税簡易課税制度における事業区分の変更と
            不動産業の区分について

 【3】 ITワンポイントレッスン

  ├   Excelについてのお問い合わせから
 

┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

     https://www.active-hiroshima.jp/index.html

┏━┓
┫1 ┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+企業紹介-センナリ株式会社・・・沼田町商工会
+ボランティア活動で地域に恩返し・・・広島安佐商工会
+経営安定特別相談事業講習会 受講者募集!

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。

⇒詳細はこちらから
https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2 ┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  ━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 消費税簡易課税制度における事業区分の変更と不動産業の区分について +

 

 平成26年度税制改正において消費税の簡易課税制度の事業区分の見直しがされました。第4種事業に区分されていた「金融業、保険業」が第5種事業になり、第5種事業に区分されていた「不動産業」は新設された第6種事業に区分されることになりました。

 適用時期は、平成27年4月1日以後に開始する課税期間から適用となります。経過措置といたしまして、平成26年9月30日までに「簡易課税制度選択届 出書」が提出されている事業者については、その簡易課税が強制適用されている期間中(当初2年間)は、旧法の適用となります。

 新たに不動産業という区分が新設されましたが、不動産業の売上がすべて第6種事業になるわけではありません。他から購入した物件を売却した場合には、売 り先が事業者であれば第1種事業になり、売り先が消費者であれば第2種事業に区分することになります。建設業者で建築してもらって建売する場合には、第1 種事業及び第2種事業には該当せず、建設業として第3種事業に区分されます。中古住宅を改装して販売するケースも同様に第3種事業となります。

 では、第6種事業に区分される具体的な事業とは何かというと、不動産売買の仲介手数料、管理手数料。貸店舗の家賃収入があります。税率の引き上げととも に、事業区分の変更で納税額が増加します。家賃、手数料などへの消費税の転嫁が必要となりますので、タイミングよく値段交渉を行いましょう。

税理士 三浦 真一

┏━┓
┫3 ┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+  Excelについてのお問い合わせから +
【Q】

Excelで社員リストを作成しています。A列に氏名、B列に生年月日、C列に今日時点の社員の満年齢を表示させたいのですが。
(セルE1にTODAY関数「=TODAY()」を入力して今日の日付を表示させています。

【A】

期間の年数や日数など、2つの日付の間隔は、DATEDIF関数を使って求めることができます。DATEDIF関数は「=DATEDIF(開始日,終了日,単位)」という構成になっています。 「単位」には、次のような値を指定することができます。
 ”Y” ……満年数
 ”M” ……満月数
 ”D” ……満日数
 ”YM”……1年未満の月数
 ”YD”……1年未満の日数
 ”MD”……1ヶ月未満の日数

「開始日」に生年月日、「終了日」に今日の日付、「単位」に満年数を指定することで、今日時点の満年齢を求めることができます。方法は下記の通りです。

[Word2007・2010共通]
  1.満年齢を出したいセルを選択します。
  2.「=DATEDIF(生年月日のセル番地,$E$1,”Y”)」と直接入力します。
  ※DATEDIF関数は「関数の挿入」ボタンや関数ライブラリでは表示さ
   れないため、直接入力する必要があります。
  ※2行目以降にコピーするため、セルE1は絶対参照にします。
  3.[Enter]キーで確定します。

以上の操作により、満年齢を計算することができます。DATEDIF関数は満年齢だけでなく、経過日数や残り日数、勤続年数などを出したい場合にも活用できます。

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  商工会ITサポートセンター E-mail : contact@active-hiroshima.jp
このサイトを広める