あくてぃぶ通信

vol.477 通勤災害として認められないこともある経路の逸脱と中断

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                        2014年9月26日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.477
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 朝夕は、肌寒く感じるようになりましたね。公園の木の下でどんぐりを見かけたり、黄色に染まった葉っぱが落ちていたりと、身近な場所で小さな秋を見つけると嬉しくなります。

 さて、10月19日(日)には、福山市内海のクレセントビーチにて婚活パーティー「マリッジハンティングin内海」が開催されます。昨年の同イベントで は、5組のカップルが誕生し、そのうち1組はゴールインしています。内海町の魅力も体験できるこのイベントにぜひ参加されてみてはいかがでしょうか。申込 方法などの詳細は、アクティブヒロシマホームページをご覧ください。

(商工会ITサポートセンター 森)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】 Active News 最新情報

 【2】 経営情報
  └┼ 労務情報 ┼通勤災害として認められないこともある経路の逸脱と中断

                       
 【3】 ITワンポイントレッスン

  ├  ネットde記帳とは
  ├  ネットde記帳についてのお問い合わせから
  └  Wordについてのお問い合わせから

┃ 【4】 県連からのお知らせ 

┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

     https://www.active-hiroshima.jp/index.html

┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+「消防団サポート事業」スタート!・・・福山北商工会
+「中国・四国ブロック商工会青年部交流会 広島大会」開催
+青年部主催の婚活事業で夫婦第1号が誕生!・・・沼隈内海商工会
+有志がボランティア活動に参加・・・沼隈内海商工会

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。

⇒詳細はこちらから
https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 通勤災害として認められないこともある経路の逸脱と中断 +

 労働者が通勤途上でケガ等をした場合には、通勤災害として労災保険から治療費等の給付を受けることができます。しかし、通勤の途中で寄り道をしたり、通勤とは関係のない行為をした場合には、原則として労災保険からの給付を受けることができないようになっています。
 そこで今回は、トラブルとなりやすい具体的事例をとり上げながら、通勤災害に関する注意点について解説したいと思います。

1.通勤災害として認められない経路の逸脱と中断

 通勤の途中で就業や通勤とは関係ない目的で合理的な経路を逸れることを逸
 脱と言い、経路は逸れていなくても通勤と関係ないことをすることを中断と
 いいます。ただし、通勤の途中で経路近くの公衆トイレを使用したり、経路
 上の店でタバコやジュースを購入したりするなどのささいな行為を行うよう
 な場合は、逸脱、中断とはなりません。

 通勤の途中に逸脱または中断がある場合には、その間とその後にケガ等をしたとしても通勤災害として認められないことになっています。例えば、会社からの 帰宅途中に通勤経路から外れた映画館で映画を観て、その後いつもの通勤経路に戻って帰宅するケースをとり上げてみましょう。このケースでは映画を観に行く ために経路を逸れた時点から経路を逸脱、かつ中断したとされ、映画を観ている間のケガ等はもちろん、それ以降にケガ等をしても通勤災害とは認められませ ん。

2.逸脱または中断をしても通勤災害として認められる例外

 逸脱と中断には例外があり、日常生活上必要な行為であって、やむを得ない
 理由で必要最小限度の範囲で行う場合に限り、通勤経路に戻った後は再び通
 勤として認められます(逸脱または中断している間のケガ等は対象外)。
 なお、逸脱または中断の例外となる行為は厚生労働省令で以下のように定め
 られています。

(1)日用品の購入その他これに準ずる行為
(2)職業訓練、学校教育法第1条に規定する学校において行われる教育その他
  これらに準ずる教育訓練であって職業能力の開発向上に資するものを受け
  る行為
(3)選挙権の行使その他これに準ずる行為
(4)病院又は診療所において診察又は治療を受けることその他これに準ずる
  行為
(5)要介護状態にある配偶者、子、父母、配偶者の父母並びに同居し、かつ、
  扶養している孫、祖父母及び兄弟姉妹の介護(継続的にまたは反復して行
  われるものに限る。)

 実際に通勤途上でケガ等をした場合で、逸脱または中断があった際に通勤災害であると認められるかどうかは、個別の事情を考慮して管轄の労働基準監督署長 が判断することになります。今回とり上げたように通勤経路からの逸脱または中断があった場合には、通勤災害として認められないケースがありますので、ポイ ントを押さえると共に、従業員にも周知しておくとよいでしょう。

■参考リンク
東京労働局「通勤災害について」
http://tokyo-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/hourei_seido_tetsuzuki/rousai_hoken/tuukin.html

(特定社会保険労務士 遠地 謙介)

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ ネットde記帳とは・・・ +

 全国商工会連合会が推奨する小規模事業者向けの会計ソフトウェアです。

 ネットde記帳は、インターネットを経由して事業者自身が会計処理を行います。

 利用時には、常に最新の機能が提供されるため、初心者が苦手なパソコンへのソフトウェアのインストール作業、バージョンアップやバックアップの作業も不要で簡単に安心して利用できます。

 ネットde記帳については、最寄りの商工会までお問い合わせください。

+ ネットde記帳についてのお問い合わせから +
【Q】

現在、科目別補助で補助科目を設定している科目があります。補助科目を
1つ追加したいのですが。

【A】

科目別補助を追加する方法は、下記の通りです。

1.<マスター関係登録>メニュー-<科目別補助名称>を選択します。
2.左上部の科目分類を選択し、補助科目を作成したい勘定科目をクリック
   します。
3.「新規」ボタンをクリックし、補助コードや正式名称などを入力します。
4.右下部の「更新」ボタンをクリックします。

以上の操作で、科目別補助を追加できます。

 

+Wordについてのお問い合わせから +
【Q】

縦書きの文書を作成しているのですが、数字やアルファベットが横に倒れて表示されてしまいます。

【A】

縦書きの文書内では、数字やアルファベットなどの半角英数字は右に90度倒 れて表示されますが、縦中横機能を使って文書内の一部を横書きにし、適切な向きで表示させることができます。方法は以下の通りです。

[Word2007・2010共通]
 1.向きを変えたい文字を選択します。
 2.<ホーム>タブ-<段落>グループ-「拡張書式」ボタンをクリックし、
  <縦中横>を選択します。
 3.「縦中横」ダイアログボックスが表示されます。向きを変えたい文字
  を、行の幅に合わせて表示させたい場合は「行の幅に合わせる」

  チェックボックスをオンにします。
 4.[OK]ボタンをクリックします。

以上の操作により、縦書きの文書で数字やアルファベットを適切な向きに変更することができます。

 

┏━┓
┫4━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+「ひろしま出会いサポートセンター」の開設について
+12月1日~7日は「国家公務員倫理週間」です

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。

⇒詳細はこちらから https://www.active-hiroshima.jp/index.html

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  商工会ITサポートセンター E-mail : contact@active-hiroshima.jp
このサイトを広める