あくてぃぶ通信

vol.476 繰延資産について

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                        2014年9月12日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.476
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 9月に入り、ようやく連日陽射しが降り注ぐようになり、残暑が続いていますね。朝晩も過ごしやすく、日も短くなり、秋の気配を感じるようになりました。

 インターネットのショッピングサイト「楽天」で、売上ランキング1位に輝いた「ジェリーズポップコーン」が広島に出店しました。「ジェリーズポップコー ンさかいや」は、起業の夢を叶えるため、脱サラした酒井さんがはじめた移動販売のお店です。素材にこだわり、常時8種類のフレーバーの他、本日のおすす め、期間限定等、多い時には16種類にも上るフレーバーが魅力で、ショッピングモールやイベント会場等、様々な場所で販売されています。いろんなフレー バーを楽しんでみたいですね。詳しくは、アクティブヒロシマホームページをご覧ください。

(商工会ITサポートセンター 鈴木)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】 Active News 最新情報

 【2】 経営情報
  └┼ 税務情報 ┼─繰延資産について

 【3】 ITワンポイントレッスン

  ├  ネットde記帳とは
  ├  ネットde記帳についてのお問い合わせから
  └  Excelについてのお問い合わせから

┃ 【4】 県連からのお知らせ 

┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

     https://www.active-hiroshima.jp/index.html

┏━┓
┫1 ┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+「堀田悦三氏の旭日双光章を祝う」会開催
+お店紹介-ジェリーズポップコーンさかいや・・・祇園町商工会
+「平成26年度第2回会長研修会」開催
+「マリッジハンティング2in内海」開催決定!・・・沼隈内海商工会

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。

⇒詳細はこちらから
https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2 ┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 繰延資産について +

 

法人が支出する費用のうち、その支出の効果が1年以上に及ぶもので一定のものは繰延資産となります。固定資産同様、償却して損金経理していくことになりますが、その支出の内容により償却額が異なることになります。
今回は、この繰延資産について説明いたします。

1.繰延資産とは

 法人が支出する費用(資産の取得に要した金額とされるべき費用及び前払費用
 を除く)のうち、支出の効果がその支出の日以後1年以上に及ぶもので次のも
 の

(1)創立費(2)開業費(3)開発費(4)株式交付費(5)社債発行費
(6)(1)~(5)のほか次の費用
 (ア)自己が便益を受ける公共的施設又は共同施設の設置又は改良のために
   支出する費用
 (イ)資産を賃借し又は使用するために支出する権利金、立退き料その他の費用
 (ウ)役務の提供を受けるために支出する権利金その他の費用
 (エ)製品等の広告宣伝の用に供する資産を贈与したことにより生ずる費用
 (オ)(ア)~(エ)の他、自己が便益を受けるために支出する費用

2.償却限度額

 ・任意償却:上記1の(1)~(5)の繰延資産
  その繰延資産の額(既に償却費として損金算入した額を控除した金額)
 
 ・均等償却:上記1の(6)の繰延資産
  その繰延資産の額×その事業年度の月数(※1) / 支出の効果の及ぶ期間の
  月数(※2)
   ※1 支出事業年度は支出日から期末までの月数
   ※2 支出の効果の及ぶ期間の具体例(下記)

   (ア)公的施設の負担金
     ・負担者が専ら使用する場合・・・その施設の耐用年数の7/10
     ・その他の場合・・・・・・・・・その施設の耐用年数の4/10  
   (イ)共同施設の負担金
     ・共同の用、協会などの本来の用に供される場合・・・その施設の
      耐用年数の7/10
     ・商店街のアーケード、日よけ、すずらん灯・・・5年
   (ウ)建物を賃借するために支出した権利金等
     ・新築建物の権利金で一定のもの・・・その建物の耐用年数の7/10
     ・上記以外の権利金で一定のもの・・・その建物の賃借後の見積耐用
      年数の7/10相当
     ・その他権利金(礼金等)・・・5年(賃借期間5年未満で一定のもの
      はその期間)

 他様々なものがあります、詳しくは以下の国税庁HPを参考になさってください。
 https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/08/08_02.htm

3.少額繰延資産

 2の「均等償却」を行う繰延資産については、その支出金額が20万円未満の場合はその支出日の属する事業年度において損金経理したときは、その損金経理した金額はその事業年度の損金の額に算入します。

繰延資産のうち、均等償却を行うものについては、その支出の内容次第で償却年数が変わるため、注意が必要です。また、建物等を賃借するときに生じる礼金等についても金額が20万円以上になる場合は繰延資産になりますので注意が必要です。

税理士 三浦 真一

┏━┓
┫3 ┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ ネットde記帳とは・・・ +

 全国商工会連合会が推奨する小規模事業者向けの会計ソフトウェアです。

 ネットde記帳は、インターネットを経由して事業者自身が会計処理を行います。

 利用時には、常に最新の機能が提供されるため、初心者が苦手なパソコンへのソフトウェアのインストール作業、バージョンアップやバックアップの作業も不要で簡単に安心して利用できます。

 ネットde記帳については、最寄りの商工会までお問い合わせください。

+ ネットde記帳についてのお問い合わせから +
【Q】

財務報告書をCSV出力することはできますか。

【A】

ネットde記帳では、財務報告書をCSV出力する機能が追加されました。
CSV出力の方法は下記の通りです。

1.<日常業務>メニュー-<財務報告書>-財務報告書画面にて、
  月度を選択します。
2.「CSV出力」ボタンをクリックします。
3.CSVファイルを開くか保存するかの確認メッセージが表示されますの
  で、「ファイルを開く」ボタンか「保存」ボタンをクリックします。

以上の操作で、CSVファイルが作成されます。

+ Excelについてのお問い合わせから +
【Q】

Excelで表を作成しています。空白セルにのみ「-」(ハイフン)を入力したいのですが、一つ一つ入力するのは面倒です。何か良い方法はありますか。

【A】

空白になっているセルに同じデータを入力したいときは、まずジャンプ機能を使用し、空白セルのみを選択してから、データを一括入力すると簡単です。ジャンプ機能とは、条件に合ったセルを探す機能です。方法は以下の通りです。

[Excel2007・2010共通]
 1.「-」を入力したい表を範囲選択します。
 2.<ホーム>タブ-<編集>グループ-「検索と選択」ボタンをクリック
   し、<条件を選択してジャンプ>を選択します。
 3.「選択オプション」ダイアログボックスで、「空白セル」を選択
   し、[OK]ボタンをクリックします。
 4.空白セルが選択された状態で、「-」を入力します。
 5.[Ctrl]キーを押しながら、[Enter]キーを押します。

以上の操作により、選択された空白セルに一括で「-」が入力されます。

┏━┓
┫4 ┣━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+広島県の最低賃金改定のお知らせ

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。

⇒詳細はこちらから https://www.active-hiroshima.jp/index.html

 

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  商工会ITサポートセンター E-mail : contact@active-hiroshima.jp
このサイトを広める