あくてぃぶ通信

vol.433 11月は「労働時間適正化キャンペーン」期間 ~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                         2012年11月22日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.433
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 秋も深まり、紅葉が見ごろを迎えています。
身近にある木々が色づいているのを見ても、季節の移り変わりを感じられるようになりました。

 沼隈内海商工会では、観光振興事業「歴史海道“平家隠れ里”特産品・観光開発事業」に取り組んでいます。地元に伝わる“平家落人伝説”にちなんだ商品開発や観光パンフレットを作成中で、観光客誘致活動に力を入れています。
  特産品の候補商品として、7種類のお弁当や和洋菓子が試作され、試食会では様々意見やアイデアが出たようです。歴史探訪をしながら、新たな特産品にお目にかかるのが今から楽しみですね。

(商工会ITサポートセンター 鈴木)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】 Active News 最新情報

 【2】 経営情報
  └┼ 労務情報 ┼─11月は「労働時間適正化キャンペーン」期間

 【3】 ITワンポイントレッスン

  ├  ネットde記帳とは
  ├  ネットde記帳についてのお問い合わせから
  └  Excelについてのお問い合わせから

┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

     https://www.active-hiroshima.jp/index.html

┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+「経済講演会」開催・・・福山あしな商工会
+「平成24年度就職実現フェア」開催
+「国家公務員倫理週間」のお知らせ
+スタンプラリーの成果上々・・・府中町商工会
+元気な社長ら熱く語る・・・福山北商工会
+わがまちの元気印-帝釈峡山荘・・・神石高原商工会

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ

⇒詳細はこちらから
https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 11月は「労働時間適正化キャンペーン」期間 +

 

~前年より増加となった
  労働基準監督署の是正指導により、支払われた割増賃金支払額~

 厚生労働省より「平成22年度 賃金不払残業(サービス残業)是正の結果まとめ」が公表されました。これは、平成22年4月から平成23年3月までの間に労働基準監督署等による定期監督 および申告に基づく監督等により、残業に対する割増賃金が不払になっているとして是正指導したもののうち、その支払額が1企業当たり合計100万円以上と なった事案をまとめたものとなります。

その結果は、以下のようになっています。
・是正企業数:1,386企業 (前年度比165企業の増加)
・対象労働者数:115,231人 (同3,342人の増加)
・支払われた割増賃金の合計額:123億2,358万円 (同7億2,060万円の増加)
・支払われた割増賃金の平均額:1企業当たり889万円、労働者1人当たり11万円
※是正の対象となった企業のうち、1,000万円以上支払った企業数は200

 これを業種別に見てみると、企業数、支払われた割増賃金額では製造業が、対象労働者数では商業がもっとも多く、企業数(「その他の事業」を除く)では製造業の次に商業、接客娯楽業、保健衛生業が続いています。今回の発表資料では昨年度よりも是正支払額が増えています。
  この背景には不況により残業時間が少なかった平成21年度と比べ残業時間そのものが増加したこと、労働局等へ労働者やその家族から長時間労働やサービス残業に関する相談が寄せられていることなどが要因として考えられます。

■参考リンク
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000001rv80.html

 11月は「労働時間適正化キャンペーン」期間となっていることから、企業としては労働時間管理を徹底し、適正に割増賃金を支払っていくことが求められます。

 労働時間適正化キャンペーンでは、「労働基準関係情報メール窓口」が開設され、労働者等からの職場の労働時間に関する情報を受け付けていま す。行政機関も積極的にメールでの情報提供を受け付けるようになりました。このキャンペーンを自社の労働時間管理が適正となるきっかけにしたいものです。

■参考リンク
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/campaign.html

 

(特定社会保険労務士 中川 玲子)

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ ネットde記帳とは・・・ +

 全国商工会連合会が推奨する小規模事業者向けの会計ソフトウェアです。

 ネットde記帳は、インターネットを経由して事業者自身が会計処理を行います。

 利用時には、常に最新の機能が提供されるため、初心者が苦手なパソコンへのソフトウェアのインストール作業、バージョンアップやバックアップの作業も不要で簡単に安心して利用できます。

 ネットde記帳については、最寄りの商工会までお問い合わせください。

+ ネットde記帳についてのお問い合わせから +
【Q】

現金の支払いが発生したため、仕訳を登録したいのですが、現金の相手科目としてどの科目を使用すればよいかわかりません。

【A】

ネットde記帳には、予め「不明勘定」という勘定科目が用意されています。使用する勘定科目がわからない場合は、不明勘定科目を使用して仕訳を登録すると、後から簡単に検索することができ、便利です。方法は、以下の通りです。
  1.<日常業務>-<伝票入力(単一仕訳入力)>をクリックします。
  2.伝票種別と日付を入力します。
  3.借方と貸方の科目を指定し、金額を入力します。
   (今回の場合、借方科目「不明勘定」、貸方科目「現金」を指定
    します。)
  4.消費税欄にて「Enter」キーを押します。

上記の操作により、不明勘定科目を使用した仕訳を登録できます。
使用する科目が判明した場合は、不明勘定科目を使用して登録した仕訳を修正します。方法は、下記の通りです。

  1.<日常業務>-<不明勘定一覧表>をクリックします。
  2.年度と月を指定します。
  3.「表示」ボタンをクリックします。
  4.修正したい仕訳の左部に表示された選択(□)ボタンをクリックし
   ます。
  5.伝票入力(複合仕訳入力)画面が表示されますので、仕訳を修正
   します。
  6.「F12:登録」ボタンをクリックします。

上記の操作により、不明勘定科目を使用した仕訳を修正できます。
なお、不明勘定科目は一時的に利用する科目ですので、決算時までには正しい勘定科目へ修正してください。

+ Excelについてのお問い合わせから +
【Q】

Excelを利用し、社員一覧を作成しています。
所属部署の入力の手間を省くため、一覧からデータを選択して入力できるようにしたいのですが。

【A】

選択肢が限られている場合、データの入力規則を使ってあらかじめ作成しておいたリストを表示させ、クリックするだけで入力できるようにすると効率的です。設定方法は下記の通りです。

[Excel2003の場合]
  1.あらかじめ選択肢となるリストを同じシートに入力しておきます。
  2.設定したいセル範囲を選択します。
  3.<データ>-<入力規則>をクリックします。
  4.<データの入力規則>ダイアログボックス-<設定>タブをクリックしま
    す。
  5.「入力値の種類」から「リスト」を選択します。
  6.「元の値」(選択肢)のボックスをクリックし、カーソルを表示さ
    せます。
  7.あらかじめ入力しておいたリストのセル範囲を選択します。
  8.「OK」をクリックします。
  9.設定したセルを選択し▼をクリックするとリストが表示されます。

[Excel2007の場合]
  1.あらかじめ選択肢となるリストを同じブック内に入力しておきま
    す。
  2.設定したいセル範囲を選択します。
  3.<データ>タブ-<データツール>グループ-<データの入力規則>をクリ
    ックします。
  4.<データの入力規則>ダイアログボックス-<設定>タブをクリックしま
    す。
   5.「入力値の種類」から「リスト」を選択します。
  6.「元の値」(選択肢)のボックスをクリックし、カーソルを表示さ
    せます。
  7.あらかじめ入力しておいたリストのセル範囲を選択します。
  8.「OK」をクリックします。
  9.設定したセルを選択し▼をクリックするとリストが表示されます。

以上の操作でドロップダウンリストの設定ができます。
ドロップダウンリストを利用することで、入力の手間が省け入力の間違いも少なくなります。

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  商工会ITサポートセンター E-mail : contact@active-hiroshima.jp
このサイトを広める