あくてぃぶ通信

vol.432 平成24年度 年末調整について ~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                         2012年11月9日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.432
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 そろそろ冬支度をしようかと思うくらい、気温がぐっと低くなってきましたね。薄手のコートやマフラーをしている人を多く見かけるようになりました。冬はもうすぐそこまで来ているのを感じます。

 さて、最近何かと話題のゆるキャラですが、「ゆるキャラグランプリ2012」に祇園町商工会が考案した“たけちゃま”(武田山のお殿様をイ メージ)がエントリーされています。広島県からは「ブンカッキ―」をはじめ、14体がエントリーしていますが、800近いエントリー中、たけちゃまは現在 669位と苦戦しています。少しでも順位が上がり、人気キャラクターになるといいですね。インターネットによる投票期間は11月16日(金)までです。 (投票には投票IDの登録が必要となります。)

(商工会ITサポートセンター 鈴木)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】 Active News 最新情報

 【2】 経営情報
  └┼ 税務情報 ┼─平成24年度 年末調整について

 【3】 ITワンポイントレッスン

  ├  ネットde記帳とは
  ├  ネットde記帳についてのお問い合わせから
  └  Wordについてのお問い合わせから

┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

     https://www.active-hiroshima.jp/index.html

┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+「経営安定特別相談事業講習会」開催
+熱血コンサル“弱者の戦略”語る(県連東部支所)
+“平家隠れ里”プロジェクト着実に進展・・・沼隈内海商工会
+「平成24年度広域新事業活動促進支援事業」開催・・・福山北商工会
+24チームが熱戦展開(県女性連)
+「創作レシピ料理コンテスト」開催・・・広島県央商工会
+「産直市」大盛況・・・高陽町商工会

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ

⇒詳細はこちらから
https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 平成24年度 年末調整について +

 

11月に入り年末調整の時期が近づいてまいりました。今年は平成22年度の税制改正により生命保険料控除が大きく変わりました。今回はその変更点について説明します。

■生命保険料控除
これまでは、①一般の生命保険料、②個人年金保険料の控除があり、それぞれの控除限度額5万円、合計最大10万円の控除となっていました。
平成24年度から新たに③介護医療保険の控除が加わり、それに伴い①、②の控除限度額についても変更がなされました。
  その変更ですが、以下のように区分して説明していきます。
  ・旧契約:平成23年12月31日以前に締結した保険契約等
  ・新契約:平成24年 1月 1日以降に締結した保険契約等

 旧契約に係る保険料と新契約に係る保険料とでは生命保険料控除の取り扱いが異なることとなります。保険会社から送られてくる保険料控除証明書をみて旧契約か新契約か確認が必要になります。
旧契約の生命保険料控除には①、②が該当し、控除限度額は従来どおり各5万円
(計10万円)となります。

新契約の生命保険料控除には①、②、③が該当し、控除限度額は新たに各4万円
(計12万円)となります。(③の介護医療保険控除については新契約のみです)
 また、旧契約と新契約がある場合で、双方について生命保険料控除を適用する場合は旧契約、新契約についてそれぞれ算定(※1.2)した控除額の合計額(最高各4万円)が控除額となります。
  旧契約と新契約が存在し複雑ですが簡潔にまとめると以下のようになります。
  生命保険料控除について
  旧契約に係る保険料のみ控除を適用:※1により算定した控除額の合計 
  (最高各5万円)
  新契約に係る保険料のみ控除を適用:※2により算定した控除額の合計
  (最高各4万円)
  旧契約・新契約それぞれ控除を適用:※1.2により算定した控除額の合計
  (最高各4万円) 
  というようになります。
(例)
   ①(旧契約、支払保険料10万)②(旧契約、支払保険料10万)③(新契
   約、支払保険料1万)の場合、①②③それぞれについて保険料控除を
   適用する場合の控除限度額の合計は最高11万円となります。

 

※1 旧契約に基づく場合の控除額の計算

年間の支払保険料等      |        控除額
──────────────────────────────
25,000円以下             |  支払保険料の全額
──────────────────────────────
25,000円超 50,000円以下  |  支払保険料×1/2+12,500円
──────────────────────────────
50,000円超 100,000円以下 |  支払保険料×1/4+25,000円
──────────────────────────────
100,000円超               |  一律50,000円
──────────────────────────────

※2 新契約に基づく場合の控除額の計算

年間の支払保険料等         |        控除額
──────────────────────────────
20,000円以下               |  支払保険料の全額
──────────────────────────────
20,000円超 40,000円以下   |  支払保険料×1/2+10,000円
──────────────────────────────
40,000円超 80,000円以下   |  支払保険料×1/4+20,000円
──────────────────────────────
80,000円超             |  一律40,000円
──────────────────────────────

税理士 三浦 真一

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ ネットde記帳とは・・・ +

 全国商工会連合会が推奨する小規模事業者向けの会計ソフトウェアです。

 ネットde記帳は、インターネットを経由して事業者自身が会計処理を行います。

 利用時には、常に最新の機能が提供されるため、初心者が苦手なパソコンへのソフトウェアのインストール作業、バージョンアップやバックアップの作業も不要で簡単に安心して利用できます。

 ネットde記帳については、最寄りの商工会までお問い合わせください。

+ ネットde記帳についてのお問い合わせから +
【Q】

今年の1月から10月までの仕訳を登録しました。10月までの仕訳は既に税理士の先生などに確認したため、誤って修正しないようにしたいのですが。

【A】

ネットde記帳には、月次締め指示機能があります。月次締め指示を行うと、締め処理を行った月までの仕訳は、修正や削除が行えなくなります。方法は下記の通りです。

  1.<日常業務>-<月次締め指示>をクリックします。
  2.「現在入力締め年度・月」欄に「2012年度10月」と入力します。
  3.「登録」ボタンをクリックします。

以上の操作により、10月までの仕訳の新規登録や修正、削除は行えなくなります。

+ Wordについてのお問い合わせから +
【Q】

表を作成しています。セルの中にタブを設定したいのですが、[Tab]キーを押すと次のセルにカーソルが移動してしまい、設定が出来ないのですが。

【A】

タブとは、[Tab]キーを使って文字位置を揃える機能です。
表内にカーソルがある状態で[Tab]キーを使うと、次のセルにカーソルを移動するという操作に変わります。
表内でタブ設定をするには、[Ctrl]キーを押しながら[Tab]キーを押してください。

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  商工会ITサポートセンター E-mail : contact@active-hiroshima.jp
このサイトを広める