あくてぃぶ通信

vol.423 賞与に関して就業規則に定めておくべき3つのポイント ~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                         2012年6月22日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.423
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 毎日どんよりとした天候が続きますが、時折太陽が顔をのぞかせると、その日差しに夏を感じます。梅雨明けが待ち遠しいですね。

 さて、6月3日にユネスコの世界無形文化遺産に登録された壬生の花田植えが、登録後初めて行われ、テレビのニュースなどでも大きく報じられました。今年は過去最高の1万5千人もの来場があったそうです。
 北広島町商工会では、当日花田植えにちなんだ23品目の“壬生の花田植特産品ブランド”のお披露目販売を行いました。ロールケーキやクッキーなどのお菓子やお米、帽子などいろいろな商品があるようです。観光の際にはぜひ、チェックしてみてくださいね。

(商工会ITサポートセンター 鈴木)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】 Active News 最新情報

 【2】 経営情報
  └┼ 労務情報 ┼─賞与に関して就業規則に定めておくべき
                             3つのポイント


 【3】 ITワンポイントレッスン

  ├  ネットde記帳とは
  ├  ネットde記帳についてのお問い合わせから
  └  Wordについてのお問い合わせから

┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

     https://www.active-hiroshima.jp/index.html

┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+青年部員が地元中学校で講演・・・沼田町商工会
+平成24年度「いい店ひろしま顕彰事業」店舗の募集について

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ

⇒詳細はこちらから
https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 賞与に関して就業規則に定めておくべき3つのポイント +

 

そろそろ多くの企業では、夏の賞与の支給額を検討する時期になります。そこで今回は、賞与の支給に関して無用なトラブルを防止するため、就業規則において定めておくべき 3つのポイントについて解説します。
中川HP/人事労務ニュース
     http://www.naka-sr.com/news_contents_1246.html

1.支給対象期間と支給時期
   賞与に関する規定でもっとも基本となるのが、支給対象期間と支給時期に
  なります。夏季と冬季の賞与はいつからいつまでがその対象期間となり、そ
  の支給日はいつになるかということを定める訳ですが、支給対象期間を設定
  する目的は以下の2点となります。
  ① 賞与支給額計算における人事評価の対象期間
  ② 出勤率を計算し、支給額の減額を行う際の対象期間

2.支給日在籍要件
   賞与を支給する際に発生するトラブルの中でもっとも多いのが、支給対象
  期間すべてに在籍し、労務の提供を行っているにも関わらず、支給日に在籍
  していない場合の取り扱いに関するものです。例えば、夏季賞与の支給対象
  期間が前年11月1日から当年5月31日までの場合、その全期間について在籍
  していたにも関わらず、その支給日である7月上旬の前に退職した従業員に
  ついて、その賞与を不支給とする取扱いです。
   支給対象期間の全期間について在籍していることから、支給日には退職し
  ていたとしても賞与を支給すべきであるという要求がなされることが多いの
   ですが、こうしたトラブルを防止するためには、「今後の会社への貢献を期

   待できる、支給日に在籍している従業員に限る」とする、いわゆる支給日
   在籍要件を就業規則の中に盛り込んでおくことが必要です。

3.業績に基づく減額・不支給の取扱いの明記
   賞与はいまや生活給化しているといわれますが、その本質は企業業績に基
  づく成果配分であることに疑いの余地はありません。経営環境の先行き不透
  明感が高まる中、今後、企業業績は変動することは大いに予想されるため、
  賞与は確定した賃金ではなく、支給額を減額したり、場合によっては不支給
   とすることがある旨を明確にする必要があります。

 今年の夏季賞与は大企業においても円高や欧州金融危機などの影響で3年ぶりにマイナスとなるといわれていますが、中小企業においては更に厳し い状況となることが予想されます。賞与の支給水準が低下するにつれ従業員の不満が高まり、結果としてトラブルに繋がる例が増加していることから、無用なト ラブルを避ける意味からもポイントを押さえた就業規則の整備をすることをお勧めします。

 

社会保険労務士 中川 玲子

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ ネットde記帳とは・・・ +

 全国商工会連合会が推奨する小規模事業者向けの会計ソフトウェアです。

 ネットde記帳は、インターネットを経由して事業者自身が会計処理を行います。

 利用時には、常に最新の機能が提供されるため、初心者が苦手なパソコンへのソフトウェアのインストール作業、バージョンアップやバックアップの作業も不要で簡単に安心して利用できます。

 ネットde記帳については、最寄りの商工会までお問い合わせください。

+ ネットde記帳についてのお問い合わせから +
【Q】

「743:燃料費」科目を作成し、仕訳を登録しました。「743:燃料費」の総勘定元帳を 表示しようとすると、「該当する仕訳がありません」と表示されてしまうのですが。

【A】

ネットde記帳では、自身で勘定科目を作成した際、勘定科目の表示順を設定する必 要があります。表示順が設定されていない科目は、総勘定元帳に表示されず、上記の様なメッセージが表示されます。また、勘定科目の表示順が設定されていな い場合、合計残高試算表にも表示されません。
勘定科目の表示順の設定方法は、以下の通りです。

1.<基本情報登録>-<勘定科目表示設定>をクリックします。
2.「743:燃料費」科目の表示順を設定し、「合計残高試算表に表示す
  る」にチェックを入れます。
3.画面上部の「登録」ボタンをクリックします。

以上の操作により、作成した科目が総勘定元帳に表示されるようになり、合計残高試算表にも表示されます。

 

+ Wordについてのお問い合わせから +
【Q】

Wordで入力した「注」や「秘」を○で囲いたいのですが。

【A】

文字を○や□で囲むには、「囲い文字」の機能を利用します。
通常は全角1文字、半角2文字を囲い文字に設定できます。設定方法は下記の通りです。

[Word2003の場合]
  1.○で囲みたい文字を選択します。
  2.<書式>-<拡張書式>-<囲い文字>をクリックします。
  3.「囲い文字」ダイアログボックスの「スタイル」、「囲い文字」の
   種類を選択します。
  4.「OK」ボタンをクリックします。

[Word2007の場合]
  1.○で囲みたい文字を選択します。
  2. <ホーム>タブ-<フォント>グループ-「囲い文字」ボタンをクリック
     します。
  3.「囲い文字」ダイアログボックスの「スタイル」、「囲い文字」の
     種類を選択
   します。
  4.「OK」ボタンをクリックします。

以上の操作で囲い文字にできます。

また、囲い文字を解除する方法は下記の通りです。

[Word2003の場合]
  1.囲い文字を解除したい文字を選択します。
   2.<書式>-<拡張書式>-<囲い文字>をクリックします。
   3.「囲い文字」ダイアログボックスの「スタイル」の「なし」を選択
     します。
   4.「OK」ボタンをクリックします。

[Word2007の場合]
  1.囲い文字を解除したい文字を選択します。
  2.<ホーム>タブ-<フォント>グループ-「囲い文字」ボタンをクリック
     します。
  3.「囲い文字」ダイアログボックスの「スタイル」の「なし」を選択
     します。
  4.「OK」ボタンをクリックします。

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

  商工会ITサポートセンター E-mail : contact@active-hiroshima.jp
このサイトを広める