あくてぃぶ通信

vol.357  「実習型雇用支援事業」がスタート~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                        2009年9月25日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.357
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 9月も終わりに近づき、すっかり秋らしくなりましたね。虫の音が響く秋の夜、月が一番きれいな季節がやってきました。

 そういえば、来週10月3日(土)は十五夜、お月見ですね。十五夜は、春から大切に育ててきた作物の収穫を祝うお祭りです。とはいっても、お 月見といえばお団子ですよね(*^_^*)今年もススキやお月見団子をお供えし、月を眺めたいと思ってます。どうか晴れますように!

 さて同じく10月3日(土)から、広島市植物公園にて「秋のグリーンフェア2009in植物公園」が開催されます。期間中「五日市物産コーナー」が設けられ、地元特産品が販売されます。皆さまもぜひご家族で足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

    (商工会ITサポートセンター  宮島)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】 Active News 最新情報
 【2】 経営情報
  ├┼ IT経営指南番 ┼─ ここがヘンだよ、日本の中小企業 第11回
  ├┼  税務情報   ┼― 取引相場のない株式などに係る

  |            相続税・贈与税の納税猶予制度⑥

  └┼  労務情報   ┼―「実習型雇用支援事業」がスタート
 【3】 ITワンポイントレッスン
  ├  Excelについてのお問い合わせから
  └  IT用語解説—USBメモリ、コントラスト

┃ 【4】 県連からのお知らせ

┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

     https://www.active-hiroshima.jp/index.html

┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+「安芸高田市フェア」好評
+今年度の「商店街ミニ診断」スタート
+「指導職員研修会」開催
+「たけちゃまスタンプラリー」スタート・・・祇園町商工会
+「焼きそばプロジェクト」記者発表開催

⇒詳細はこちらから
https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ ここがヘンだよ、日本の中小企業 第11回 +

 

第11回「隠さないことの重要性」

 前回、「仲間づくりに長けた企業が伸びる。そのヒントは“自らの情報を隠さない姿勢”にある。」と書きました。なぜ、「隠さない企業」は仲間を創ることができるのか?それは「情報の非対称性」という、経済学でよく取り上げられる「壁」を打ち破ることにつながるからです。

 「情報の非対称性」とは、取引や交換の場における参加者の間で、それぞれが保有する情報量に差が存在することにより、取引や交換の実行・効果 に歪みが生じる状況を言います。例えば「中古車販売」では、売り手はその中古車の実情をよく知っていますが、買い手は外見でしか判断できない、即ち売り手 と買い手の間に情報の格差がある状況です。情報優位の売り手が、その情報格差を使って自分に有利な契約(実情より高価格での販売契約)を結んだとします。 この場合、一見売り手が得をしたように見えますが、長い目で見ると買い手は「中古車は購入価格に比べて品質が悪い」という経験値を積むことになり、やがて 中古車の値段に対し不信感を抱くようになります。そうすると売り手の言い値では買い手がつかなくなり、結局売り手は言い値どころか適正価格をも下回る値段 でしか売ることが出来なくなります。このように情報の非対称性は、市場の失敗要因となる事象です。いまや「情報」は、経営資源の中核に位置付けられるくら い重要な要素です。しかし、この資源は、他の資源と違い「保有することそのものより、むしろシェアすることでその価値が高まるもの」なのです。

 前回ご紹介したB社の社長は、情報を隠さないことで、仲間(候補)との間の「情報の非対称性」を自ら打ち破って見せているのです。ここには当 然リスクも存在します。相手は一種のライバル。自らは情報をさらけ出したものの、相手は情報を出さない、という可能性も大。さらけ出した自社の情報を、悪 用する可能性だってあります。でも、B社長はそのデメリットを補って余りあるメリットを信じ、追求しているのです。

 B社の隠さない姿勢は、金融機関との間でもメリットとして遺憾なく発揮されています。この会社は、毎年新たな期に入るとき「経営方針発表会」 と言うものを開催し、必ずその場へ取引金融機関も招きます。発表会時に配布される経営方針書には過去・現在・未来の数値データが入っており、企業情報はほ ぼフルオープン。取引金融機関に、企業情報は筒抜けです。業績が良い時は問題無いかも知れませんが、落ち込んだ期などは正直難しいことになりかねません。 しかし、B社長のぶれない姿勢を知っている取引金融機関は、たとえ業績が落ち込んでも友好的姿勢を変えません。金融機関が最も嫌がるのは、情報の非対称 性。融資先の業績悪化はもちろん好ましいものではないでしょうが、むしろそんな時こそ金融機関の存在価値は高まる訳です。その時の対応は、与えられた情報 が「正しいかどうか」にかかっています。正しい情報を与えられているという安心感が、次の協力体制を生むのです。

 金融機関と上手く付き合えていないという企業は、一度自社の「隠さない度合」を見直した方が良いですよ。えっ?以前、正直に全てを出したら融 資を全額引き揚げられたことがある?う~ん、長い目で見ればそんな金融機関はやがて潰れる運命にあるはずなんですが・・・。金融機関と中小企業との間の情 報の非対称性問題は、実は長い・重い歴史が続いているのです。でも解決の糸口は、やはりB社長の「まず自らがさらけ出す」姿勢しか無いんじゃないでしょう か?

 

  中小企業診断士 児玉 学

+ 取引相場のない株式などに係る相続税・贈与税の納税猶予制度⑥ +

 前回まで相続税の納税猶予制度について解説してきました。
 相続は人の死亡を原因とする財産の移転ですが、そもそもこの納税猶予制度は事業を継続するにあたって障害となるべき相続税を、事業を継続するという条件 のもとに納税を猶予し、最終的には免除する(ただし、免除と同時に次の相続等により納税リスクが発生するわけですが)ことにより世代間の事業承継をスムー ズに行うという目的で創設されたものです。
 しかし、人の死亡という偶発的な(人間いつかは死ぬのですが、それがいつになるか、という意味で)事象の場合のみの制度設計では、計画的な事業承継を行 うには十分とは言えません。そのため、平成21年度の税制改正で、相続税の納税猶予制度に加えて、贈与税の納税猶予制度が新たに創設されました。これによ り先代経営者の生前から、計画的に株式の次世代への譲渡が納税を伴わずに行うことが可能になりました。
  贈与税の納税猶予制度は基本的には相続税の納税猶予制度と条件等も同じですが、一部条件が加わる部分があります。

1.会社の条件
  ・中小企業基本法の中小企業であること
  ・非上場会社であること
  ・資産管理会社(有価証券、不動産、現預金等の合計額が総資産額の70%を
   占める会社やその運用収入が総収入の75%以上である会社)でないこと

2.先代経営者(贈与者)の要件
  ・会社の代表者であったこと
  ・その被相続人と同族関係者で発行済議決権株式総数の50%超の株式を保有
   し、かつ同族内で筆頭株主であったこと
  ・上記に加えて贈与時において役員を退任していることの条件が加わりま
   す。

3.後継者(受贈者)の要件
  ・会社の代表者であること
  ・先代経営者の親族であること
  ・後継者と同族関係者で発行済議決権株主総数の50%超の株式を保有し、かつ
   同族内で筆頭株主となる場合であること。従って、納税猶予の適用が受け
   られるのは1つの会社で1人ということになります。
  ・「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」の規定に基づき経
   済産業大臣の認定を受けていること。
  ・上記に加えて、20歳以上であり、かつ、役員就任から3年が経過しているこ
   との条件が加わります。

以上を条件を満たした上で、5年間の「事業継続要件」(相続税の場合と同じです)を満たす必要があります。

具体的な計算方法等は次回以降解説します。

 

  税理士 井上 徹

+  「実習型雇用支援事業」がスタート +

◆人材確保を考えている企業を支援
 昨今の厳しい雇用情勢において、休業を実施することにより雇用を維持しようとする事業主を支援する助成金(雇用調整助成金・中小企業緊急雇用安定助成 金)が広く利用されていることから、助成金への関心が高まっていますが、7月から、人材確保を考えている中小企業等を支援する新たな制度である「実習型雇 用支援事業」がスタートしました。
 企業が、十分な技能や経験を有しない求職者を「実習型雇用」により受け入れることにより、求職者の円滑な再就職と中小企業等の人材確保を促進するものです。
 具体的には、ハローワークから職業紹介を受けた求職者と企業が、原則6カ月間の有期雇用契約を結び、「実習計画書」に基づいて、技能および経験を有する 指導者の下で指導を受けながら実習や座学などを通じて必要な技能や知識を身に付けることで、企業のニーズにあった人材を育成し、その後の正規雇用へとつな げることを目的とします。

◆助成額と要件
 実習型雇用により求職者を受け入れた事業主に対しては、「緊急人材育成・就職支援基金」より、以下の通り助成金が支給されます。
 (1)実習型雇用期間(6カ月)……1人あたり月額10万円
 (2)実習型雇用終了後の正規雇入れ……1人あたり100万円(ただし、正規雇
    用6カ月後に50万円、その後6カ月後に50万円と2回に分けて支給)
 (3)正規雇入れ後の教育訓練……1人あたり上限50万円
 対象となる事業主は、ハローワークにおいて実習型雇用として受け入れるための求人登録をしていること、実習型雇用終了後に正規雇用として雇い入れることを前提としていることであり、企業規模や業種などの要件は定められていません。

◆求職者・企業双方にメリット
 技能や経験が不足していることが理由でうまく採用に結び付かないケースは数多くあると思われますが、当初の6カ月間で必要な技能や知識を身につけることができ、正規雇用への道が開かれるのであれば、求職者・企業双方にとってメリットがある制度ではないでしょうか。

 

  社会保険労務士 住田 浩貴

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ Excelについてのお問い合わせから +
【Q】

名簿を作成しています。入力している全ての氏名の末尾に、簡単に「様」を表示させることはできますか。

【A】

既に入力されているデータを対象に、共通した文字を表示させるには、表示形式を使うと大変効率的です。方法は、下記の通りです。

[Excel2003・2007共通]
  1.氏名を入力したセルを全て選択します。
  2.右クリックし、<セルの書式設定>を開きます。
  3.「表示形式」タブの左側のメニューから「ユーザー定義」を選択
    し、右側の「種類」の欄に「@”様”」と入力します。
  4.「OK」ボタンをクリックします。

以上の操作で、氏名の末尾に「様」が表示されます。

+ IT用語解説 +

【USBメモリ】
USBメモリとは、USBポートに接続して使用する持ち運び可能なフラッシュメモリです。記憶容量は256MBから32GBまでさまざまです。

USBメモリを使用するには、本来ドライバのインストールが必要ですが、WindowsMe以降のパソコンではUSBメモリをUSBポートに挿し込むだけで使用することができます。

パソコンの電源が入った状態でUSBメモリを取り外す際は、あらかじめ画面右下のタスクトレイで「ハードウェアの安全な取り外し」を選び、USBメモリの動作を停止させます。

……………………………………………………………………………………………

【コントラスト】
コントラストとは、画像の明るい部分と暗い部分との明度の差のことです。差が大きいほど、「コントラストが強い」と表現されます。

コントラストが強い画像は、明暗差がはっきりしているので、画像にメリハリがあります。逆にコントラストが弱い画像は、暗い部分と明るい部分とが平均化され、全体的に滑らかで落ち着いた印象になります。

画像編集ソフトなどを使用し、画像のコントラストの調整ができます。

┏━┓
┫4┣━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+**最低賃金改正のお知らせ**
+●○無料調停相談会○●
+裁判員制度~まもなく名簿記載通知を発送します!~
+検察審査会ってどんなところ・・・?

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。
▽詳細はこちらから
https://www.active-hiroshima.jp/index.html

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

商工会ITサポートセンター    E-mail : sup@palwave.co.jp

このサイトを広める