あくてぃぶ通信

vol.356  取引相場のない株式などに係る相続税・贈与税の納税猶 予制度⑤~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                        2009年9月11日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.356
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 9月に入り、朝晩は少し肌寒さを感じる日もありますね。皆さまいかがお過ごしですか。

 

 先日、国道375号線をドライブしていると、コスモスが咲いているのを見つけました。日中の日差しは強いですが、もう秋なんだなぁと感じました。そういえば、近所のスーパーでは秋刀魚や松茸が並んでいます。これから食べ物が美味しい季節ですね。
 天高く馬肥ゆる秋…肥えるのは馬だけではなさそうです(^^;)

 さて今月20日には、ベイサイドビーチ坂にて「リオdeビーチカーニバル」が開催されます。今回が初めての試みで、ステージアトラクションやビーチバレー大会、国際交流マーケットなど楽しいイベントが盛りだくさんです。皆さま是非お出かけされてはいかがでしょうか。

    (商工会ITサポートセンター  森)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 【1】 Active News 最新情報
 【2】 経営情報
  ├┼ IT経営指南番 ┼─ ここがヘンだよ、日本の中小企業 第10回
  ├┼  税務情報   ┼― 取引相場のない株式などに係る

  |            相続税・贈与税の納税猶予制度⑤

  └┼  労務情報   ┼―依然として高水準 …労災(脳・心疾患
              および精神障害等)の請求・支給決定状況

 【3】 ITワンポイントレッスン
  ├  Wordについてのお問い合わせから
  └  IT用語解説—サードパーティ製品、S.M.A.R.T.

┃ 【4】 県連からのお知らせ

┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

     https://www.active-hiroshima.jp/index.html

┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+ベイサイドビーチで新イベント・・・広島安芸商工会坂支所
+「創業塾」開講・・・三次広域商工会

⇒詳細はこちらから
https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ ここがヘンだよ、日本の中小企業 第10回 +

 

第10回「つながっていますか?」

 「つながっていれば、出来ないことはほとんどない。ばらばらなら、できることはほとんどな い。」第35代アメリカ大統領・ジョン・F・ケネディはこう言いました。企業経営も全く同じ。人と人とのつながり、企業と企業とのつながり。この「つなが り=社外ネットワーク」の重要性は、今更言うまでもありません。特に、自社経営資源に乏しい中小企業にとっては社外の「仲間づくり」の巧拙がその企業の存 続すら左右する、と言っても過言ではありません。つながっていればこそ、道は開ける。しかし、「本当につながることの難しさ」を、まだまだ理解していない 経営者も多いようで・・・。

 A社の社長は、ある勉強会グループの若手の会のリーダーに選出されました。御歳35歳。この勉強会グループ、特にこの地域では目覚ましい活動 をして評判の団体です。A社長も随分前からこの会で頑張ってきました。顔も広い。仲間も多い。皆から頼りにされての選出です。ところが。A社長がリーダー になってから、なぜか会の活動が停滞してきました。A社長は、一会員であるときはあまり目立たなかったのですが、とにかく遊び好き。ゴルフ、マージャン、 カラオケ等、仲間づくりに常に遊びを活用。遊びを通じての仲間づくりも決して悪くは無いのですが、この勉強会グループには合わなかった。真面目な会員さん が多かったんですね。結局A社長、任期満了を待たずして早期にリーダーを退任。なぜか、ときを同じくしてA社の業績も下降を辿りはじめ、最近A社長の元気 に遊ぶ姿を目にしなくなった、ともっぱらの評判です・・・。

 又「仲間づくり」と言う名目で、「業界団体」的発想になるのも危険です。「業界団体」はどうしても「既得権益を守る」体制になりがち。新しい 動き、新しい挑戦が必要な中小企業にはむしろ足かせになる場合が多いようです。業界でまとまって新たな挑戦をすれば良いのですが、新しい取り組みには反対 がつきもの。反対者の意見も尊重する「仲間同士のつながり」を優先するとなると、必然的に新たな取り組みはしにくくなります。結果的に何となく「仲間内の 結束のため、外部に敵を創り出す」という流れになります。この場合の「外部の敵」とは、既得権を壊そうとする勢力です。このような「守旧派」的姿勢から は、新たな活力は生まれてきません。イノベーションとは、本来周囲に波風を立てるもの。伸びている企業の経営者ほど「私はどうも業界内では浮いた存在でし て・・・」という話をします。伸びている企業は、往々にして「業界団体に属していない異端児」「異業種からの参入組」だというのもうなづける話です。

 結局、真に役立つ「つながり力」は「単なる仲良しクラブ」では実現できない、と結論付け出来ます。仲間はたくさんいるのに事業がうまくいって いない場合、「仲間」の意味を履き違えている可能性があります。真の「つながりを持つ仲間」とは、「仲の良い友達」ではなく、どちらかと言うと一見利害が 反するような、一種の「ライバル」的存在です。そのような存在に、どうアプローチし、どう高め合う仲に発展させるか?簡単に答えは出てきませんが、仲間づ くりの上手な経営者を参考にして見ましょう。
  B社の社長は、今全国にどんどん「高め合う仲間」を増やしています。普通に考えれば、もろにライバルなのに、なぜかB社長とは共に高め合う仲になる。ある とき、同業のライバルたるお仲間に聞きました。「なぜ彼と、つながりを持つことになったのか?」お仲間の答えは単純明快でした。「こんな時代に、彼は何も 隠さず裸で飛び込んで来たから」。先に与える。先にどんどん自らをさらけ出す。情報を丸裸で出されたら、返さない訳にはいかない。どうも、ここらあたりに ヒントが隠れているようです。「情報セキュリティ」も大事なんですが、隠すばかりが能じゃない。隠すのが普通の時代に、「隠さない」ことも実はすごく大切 なことなのですね。

 

  中小企業診断士 児玉 学

+ 取引相場のない株式などに係る相続税・贈与税の納税猶予制度⑤ +

 前回に引き続き株式の相続税の納税猶予について解説します。

 前回、納税猶予制度を適用することにより、相続した株式のうち2/3に達するまでの株式に対応する相続税が猶予されることを解説しましたが、この猶予された相続税はその後どうなるのでしょうか。
  猶予された相続税が「免除」されて納税が不要になる場合と、猶予の条件を満たさなくなり、かつ免除にも該当しないため猶予が「取消」され猶予された税金の納税が必要になる場合に分かれます。
  それでは「猶予が継続」し、「免除」にいたるのはどのような場合であるかを解説します。大きく分けて2つの段階があります。

1.相続開始から5年以内の段階
  5年間の事業継続が猶予継続の条件です。具体的には
  ・経営継承相続人が代表者であり続けること
  ・会社の雇用の8割以上を維持すること(厚生年金保険及び健康保険
   加入者ベースで算定)
  ・相続した対象株式の保有を継続すること
つまり、5年間は雇用規模を維持しつつ事業を継続することが必要です。

2.それ以降の段階
  6年目以降は、納税猶予対象株式を保有していれば上記条件を満たさなくなっても納税猶予は継続します。その後次の状況になった時点で最終的に猶予された相続税は免除されます。
  ・経営継承相続人が死亡した場合
  ・会社が破産または特別清算した場合
  ・対象株式の時価が猶予税額を下回る中、当該株式を譲渡した場合(ただ
   し、時価を超える猶予税額のみ免除になります)
  ・次の後継者に対象株式を一括贈与した場合(相続税猶予税額が免除にな
   るかわりに贈与税の課税関係が発生します)

上記諸条件を満たさなくなった場合は、その時点で納税猶予が打ち切られ、納税が猶予されている相続税の全額と利子税を併せて納付する必要があります。

 

  税理士 井上 徹

+  依然として高水準
      …労災(脳・心疾患および精神障害等)の請求・支給決定状況 +

◆高い水準が続く脳・心疾患および精神障害等に係る労災の補償状況
 平成20年度における脳・心疾患および精神障害等に係る労災の補償状況が発表され、労災の請求件数および支給決定件数とも高い水準で推移していることが明らかになりました。

◆過労死等の事案について
 請求件数は889件で、前年に比べ42件(4.5%)減少しています。支給決定件数は377件で、前年に比べ15件(3.8%)減少しています。
 業種別では、請求件数、支給決定件数とも運輸業がトップ、ついで卸売・小売業となっています。職種別では、請求件数、支給決定件数とも運輸・通信従事者 が最も多くなっています。年齢別では、請求件数は50歳~59歳がトップ、ついで60歳以上、その次が40歳~49歳となっていますが、支給決定件数で は、60歳以上と40歳~49歳とでは逆になっています。
 「長時間の過重業務」により支給決定された事案として、1カ月平均の時間外労働時間数で見た場合、80時間以上~100時間未満が最も多くなっています。

◆精神障害の事案について
 請求件数は927件で、前年に比べ25件(2.6%)減少しています。決定件数は269件で、前年に比べ1件(0.4%)増加しています。
 業種別では、請求件数、支給決定件数とも製造業がトップ、ついで卸売・小売業となっています。職種別では、請求件数は事務従事者が最も多いのですが、支 給決定件数は専門的・技術的職業従事者が最も多くなっています。年齢別では、請求件数、支給決定件数とも30歳~39歳がトップ、ついで40歳~49歳と なっています。
 「長時間の過重業務」により支給決定された事案として、1カ月平均の時間外労働時間数で見た場合20時間未満が最も多く、次に100時間以上~120時間未満となっています。

 

  社会保険労務士 住田 浩貴

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ Wordについてのお問い合わせから +
【Q】

画像を挿入すると、いつもレイアウトが「行内」に設定されています。挿入後に毎回レイアウトを変更しているのですが、常に「行内」以外のレイアウトで画像を挿入することはできますか。

【A】

初期設定では、画像などの図は「行内」のレイアウトで挿入されます。
「行内」以外のレイアウトで図を挿入する方法は、下記の通りです。

[Word2003の場合]
  1.<ツール>-<オプション>をクリックします。
  2.「編集と日本語入力」タブ-「図を挿入/貼り付ける形式」の選択肢
    より「四角」や「前面」など任意の選択肢を選びます。

  3.「OK」ボタンをクリックします。

[Word2007の場合]
  1.<Officeボタン>-<Wordのオプション>をクリックします。
  2.<詳細設定>-<切り取り、コピー、貼り付け>-「図を挿入/貼り付け
    る形 式」の選択肢より「四角」や「前面」など任意の選択肢を選
    びます。
  3.「OK」ボタンをクリックします。

以上の操作により、任意のレイアウトで図を挿入できます。

+ IT用語解説 +

【サードパーティ製品】
サードパーティとは、他社が製造・販売する製品(OSやパソコンなど)の関連製品を販売するメーカーのことです。このようなメーカーの製品をサードパーティ製品と呼びます。

サードパーティ製品は、純正品(元の製品のメーカーが製造・販売した関連製品)と比べ価格が安く、機能が豊富であるという特徴があります。

ただし、使用するために特殊なソフトが必要であったり、元の製品のメーカーが動作を保証していない場合があるため、購入の際は確認が必要です。

……………………………………………………………………………………………

【S.M.A.R.T.】
「S.M.A.R.T.(スマート)」とは、「Self-Monitoring, Analysis and Reporting Technology」の略で、ハードディスクに内蔵された自己診断機能のことです。

ハードディスクの動作速度や通電時間などを分析し、それを基に故障を予測します。この機能により、ハードディスクの故障前に、ユーザーがバックアップをとることが可能になります。

現在製造されているハードディスクのほとんどに、この機能が搭載されいています。

┏━┓
┫4┣━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

+平成21年消費者向け電子商取引実態調査について

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。
▽詳細はこちらから
https://www.active-hiroshima.jp/index.html

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

商工会ITサポートセンター    E-mail : sup@palwave.co.jp

このサイトを広める