あくてぃぶ通信

vol.345 役員報酬の減額規定~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                       2009年3月27日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.345
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 3月も残りわずか。春らしい陽気が続き、桜も例年より早く咲き始めているようですね。

 皆様は、暖かくなるとどこかへ出掛けたくてうずうずしませんか?
しかも、今月から高速道路料金の値下げ(地方部の休日上限1000円)がスタートしました。というわけで、私も早速遠出する計画を立てています(*^_^*)

 さて、中区本通りのアンテナショップ、ひろしま夢ぷらざが今月30日(月)に開店10周年を迎えます!手作りの商品や季節感のある商品に出会えるひろしま夢ぷらざにぜひ皆様も足を運んでみてはいかがでしょうか。

(商工会ITサポートセンター 広瀬)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】 Active News 最新情報
 【2】 経営情報
  ├┼ IT経営指南番 ┼─ IT経営のススメ(最終回)
  ├┼  税務情報   ┼― 役員報酬の減額規定
  └┼  労務情報   ┼― 「次世代育成支援対策推進法」改正の
                ポイント

 【3】 ITワンポイントレッスン
  ├  Wordについてのお問い合わせから
  └  IT用語解説—ハードディスク、拡張カード
┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

     https://www.active-hiroshima.jp/index.html
┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+「平成20年度臨時総会」開催(県青連)
+藤岡会長の臨時総会あいさつ要旨(県青連)
+「平成20年度臨時総会」開催(県女性連)
+井上会長の臨時総会あいさつ要旨(県女性連)
+首都圏のバイヤーに売り込み懸命
+「平成20年度臨時総会」開催(県連)

⇒詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ IT経営のススメ +

最終回「Change!&Yes, We Can!」

 差別化することの本質は、「強いものが生き残るのではない、環境に適合したものが生き残るのだ」というダーウィンの「種の保存原則」に則りま す。恐竜もマンモスも「強いもの」でしたが、その絶対的な強さゆえに変化することが出来ずやがて滅びてゆきました。生き残った種は、身軽で容易に変化でき る種です。差別化とは、実は環境変化のスピードに負けない自身の変化対応を言います。そして、環境適合し易いのは「身軽なもの」なのです。

 未曾有の経済危機の中、マンモス企業が軒並み大幅な赤字を出す事態になっています。「強いものが生き残る」なら、その強いはずのマンモス企業 ですらが赤字か倒産の憂き目にある時代、弱い(はずの)中小企業はもっと悲惨な状態になっていてもおかしくありません。確かに厳しい話は多く出ています。 が、意外と粘り強く対応している中小企業も多いのではないでしょうか。むしろ、意外なのはちょっと前まで空前の利益を出しこの世の春を謳歌していたはずの マンモス企業が、わずか1年でこうも急激に悪化するものなのか、という点です。

 これらの事実は、「変化適合能力は企業規模に比例しない」ということを表しています。もちろん、安定期のマンモス企業の強みは圧倒的ですが、 世の中実は「安定期」より「変動期」の方が長いのですから、常に「変わる、変えること」ができるようなコンパクトさを維持しておくことが今後ますます重要 になって来るのは間違いありません。大手企業が合従連衡を繰り返す中、中小企業の生き残る道は無いように見る向きもあるようですが、近視眼的にものをみて はいけません。大手の寡占化が進む市場は成熟化した市場です。その傍らで新市場が必ず芽吹き始めます。その新市場では、その大きさゆえにどうしても保守的 になってしまう大企業では無く、変わることを恐れない新たなベンチャー達が中心プレーヤーとなるのです。常にベンチャースピリットを忘れない 「Change型の中小企業」、これがIT経営実践企業の本質です。

 Changeできない中小企業は、今後まず生き残れません。本シリーズを通じてたびたび触れてきた某メーカーは、今年社歴80年を迎える老舗 です。奇しくも創業は1929年、かつての世界恐慌のまさにその時代です。その厳しい時にあえて産声を上げ、今日まで営々とその地位を守ってきた優良中小 企業です。聞けば、今までも多くの試練を「生産体制のChange」「販売体制のChange」等で乗り越えてきたそうです。そして、今また新たな危機を 迎えています。今後生き残れるかどうかは「Change」できるかどうか、にかかっています。そのための有効ツールが、今はITなのです。前述した通り、 今までこの某メーカーが行ってきたIT化は残念ながらChangeにつながっていません。現状のビジネスプロセスをそのままITに置き換えようとしたため です。IT化しなければ生き残れませんが、IT化しても正しい戦略立案が出来ていなかったり、それに合致していなかったりするとやはり生き残れないので す。IT経営とは「正しい戦略を立て、それに基づいて正しくITを活用すること」。その道筋が「見える化」「変える化」「高める化」「守る化」「差別化」 の黄金の5ステップです。ピンチはチャンスの裏返しです。このステップを正しく踏んで、的確なChangeを行えば必ず明日は切り拓かれます。厳しい環境 が続きますが、朝の来ない夜はありません。IT経営の実現で「Yes, We Can!」と叫ぼうではありませんか!

 

 ITコーディネータ 児玉 学

+ 役員報酬の減額規定 +

 昨年のリーマンショックから急激に景気が悪くなり、会社の業績も悪化している企業が増えています。役員報酬の減額も含め、あらゆる対策を打ってこの大不況を乗り越えていかなければなりません。
 ところで、法人税法には役員報酬の損金算入規定があります。日本の法人の99%以上は、オーナー社長が経営する同族会社であるため、役員報酬の計上をす べて損金算入にしてしまうと利益操作につながりやすいため、役員報酬の損金算入できる金額について一定の決まりを設けています。
 同族会社については「定期同額給与」か「事前届け出給与」のみが損金に算入できる規定になっています。
 このうち、定期同額給与とは大まかにいうと「その支給時期が1か月以下の一定の期間ごとである給与で、その事業年度の各支給時期における支給額が同額で あるもの」が該当しますので、期中に役員報酬の増額および減額があった場合は、その増額部分及び減額前と減額後の差額部分については、原則として損金不算 入ということになります。
 しかし、今回のように会社の業績の悪化などのために役員報酬を減額するなど一定の条件に該当した場合は、その増減について認める(増減前後の役員報酬もすべて損金算入を認める)措置があります。

 具体的には
1.その事業年度においてその法人の役員の職制上の地位の変更、その役員の職
   務の内容の重大な変更その他これらに類するやむを得ない事情でその役員
   に係る定期給与の額の改定をした場合。取締役が代表取締役になるなどが
   これに該当します。
2.その事業年度においてその法人の経営状況が著しく悪化したことその他これ
   に類する理由によりされた定期給与の額の改定。この場合「売上目標不
   達」程度の悪化ではだめで、あくまで「著しく悪化」が条件です。

 昨今の景気悪化に伴う業績の悪化は上記2.理由に該当すると思われます。漫然と役員報酬を支給した結果赤字になったのでは、金融機関の貸出姿勢も悪くなります。自社の業績を早めに把握し、黒字決算を行うためには役員報酬の改定も必要なことだと思います。

 

  税理士 井上 徹

+ 「次世代育成支援対策推進法」改正のポイント +

◆少子化抑止のための法律
 少子化が急速に進行し、今後の経済社会に深刻な影響を与えることが懸念されています。そこで、次代を担う子どもたちが健やかに産まれ、育成されるのに必 要な環境整備を図るため、2003年7月に「次世代育成支援対策推進法」が成立しました。この法律により、国・自治体・企業それぞれの責務を明らかにし、 一体となって、少子化の流れを変えるための環境整備を推進することになりました。
 今回、この次世代育成支援対策推進法の一部が改正されました。

◆改正内容のポイント
 次世代育成支援対策推進法では、地方公共団体等が「地域行動計画」を策定・公表するとともに、企業においても、従業員数に応じて、従業員の仕事と子育ての両立を支援するための「一般事業主行動計画」を策定し、その旨を届け出ることが義務付けられています。
 今回の改正では、上記の行動計画の届出を義務付ける企業規模が拡大され、行動計画の公表および従業員への周知が義務化されています。詳細は下記の通りです。
(1)行動計画の公表および従業員への周知の義務化
    仕事と家庭の両立を支援するための雇用環境の整備について、事業主が
   策定する一般事業主行動計画の公表・従業員への周知が、従業員101人以
   上の企業は義務、100人以下の企業は努力義務となります。(2009年4月1日
   施行。従業員101人以上300人以下の企業は2011年3月31日までは努力義務)
(2)行動計画の届出義務企業の拡大
    一般事業主行動計画の策定・届出の義務付け範囲が、従業員301人以上
   の企業から、従業員101人以上の企業に拡大されます。(2011年4月1日施
   行)

◆「くるみん」マーク取得が効果を生む
 この法律に基づいて、従業員が仕事と子育てを両立できる職場環境の整備を目指し、行動計画を作成し、定めた目標を達成したことなど一定の要件を満たした 場合、申請を行うことにより、都道府県労働局長の認定を受けることができます。認定を受けた事業主は、次世代認定マーク(愛称:くるみん)を求人広告、自 社の商品などにつけることができます。
 このマークの取得により、次世代育成支援対策に積極的に取り組んでいる企業であることがアピールでき、企業イメージが向上し、その企業に雇用される従業員のモラールアップや優秀な人材の確保につながることが期待されています。
 最近では、名刺やホームページなど、あらゆるところでこのマークが見受けられるのも、様々な期待と効果を生んでいる表れではないでしょうか。

  社会保険労務士 住田 浩貴

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ Wordについてのお問い合わせから +
【Q】 メールアドレスやインターネットのURLを入力すると、自動的にアドレスが青色になりリンクが設定されています。リンクを外すことはできますか。
【A】

Wordの初期設定では、メールアドレスやインターネットのURLを入力すると自動的に下線付きの青字で表示され、クリックすると関連づけられたリンク先にジャンプする機能(ハイパーリンク)が設定されています。
ハイパーリンクを解除する方法は下記の通りです。

[Word2003の場合]
 1.<ツール>-<オートコレクトのオプション>をクリックします。
 2.「入力オートフォーマット」タブを選択します。
 3.「入力中に自動で変更する項目」から「インターネットとネット
   ワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」のチェックを
   外します。

[Word2007の場合]
 1.<Officeボタン>-<Wordのオプション>をクリックします。
 2.<文書校正>カテゴリ-<オートコレクトのオプション>ボタンを
   クリックします。
 3.「入力オートフォーマット」タブの「入力中に自動で変更する
   項目」から「インターネットとネットワークのアドレスをハイパー
   リンクに変更する」のチェックを外します。

以上の操作でハイパーリンクを解除することができます。
また、すでに設定されたハイパーリンクを解除する場合は<右クリック>-<ハイパーリンクの解除>を選択すると解除することができます。

+ IT用語解説 +

【ハードディスク】
ハードディスクとは、代表的な記憶装置の一つです。フロッピーディスクがやわらかい素材でできているのに対し、ハードディスクはアルミニウムやガラスなど硬い素材でできています。そのため「ハードディスク」と呼ばれるようになりました。

ハードディスクは磁気ディスクを高速回転させ、磁気ヘッドを使いデータの読み書きを行います。磁気ヘッドとディスクの隙間は数nm程度(タバコの灰の粒子よりも小さい)と言われ、接触すると表面が傷ついて読み書きができなくなります。このことをクラッシュと言います。

パソコンの場合、ハードディスクに保存されたデータをメモリに展開して作業を行い、再度ハードディスクにデータを保存するといった流れになります。

……………………………………………………………………………………………

【拡張カード】
拡張カードとは、パソコンの機能や性能を向上させる機能を追加する電子基板のことです。「拡張ボード」と呼ばれることもあります。

パソコン本体(マザーボード)には、拡張カードを接続するための「拡張スロット」と呼ばれる差し込み口があり、ここにカードを接続して使用します。

拡張カードを使うと、コンピュータに標準装備されていない機能を追加したり、すでにある機能を置き換えたりすることができます。たとえばネット ワーク機能が備わっていないパソコンにネットワーク機能を持つ拡張カードを追加することでネットワークに接続できるようになります。

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

商工会ITサポートセンター    E-mail : sup@palwave.co.jp

このサイトを広める