あくてぃぶ通信

vol.340 未払い残業代の支払い等を求める労働審判や民事訴訟~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                       2009年1月9日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.340
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 皆さま、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 皆さまはお正月はいかが過ごされましたか。
 元旦に雨が降るなど、あまりお天気に恵まれませんでしたが、例年に比べ暖かいように感じました。

 最近は何かと暗いニュースを耳にしますが、2009年が皆様にとって良い年になりますよう願っております。

 さて、現在アクティブヒロシマホームページでは、神石高原町の「わがまちの元気な企業」として「貝原谷・山の小屋」をご紹介しています。満点の星 空を見上げながらの露天風呂や農作物の収穫など、田舎の農家で冬を楽しむ農家民泊を体験できます。雪の降る寒さを感じる機会が少なくなってる最近ですが、 素敵な体験ができそうですね。
興味のある方は、ぜひアクティブヒロシマホームページをご確認ください。

(商工会ITサポートセンター 森)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】 Active News 最新情報
 【2】 経営情報
  ├┼ IT経営指南番 ┼─ IT経営のススメ(19)
  ├┼  税務情報   ┼― 国税庁のホームページ
  └┼  労務情報   ┼― 未払い残業代の支払い等を
求める労働審判や民事訴訟

 【3】 ITワンポイントレッスン
  ├  Excelについてのお問い合わせから
  └  IT用語解説—特定電子メール法、オプトイン
┃ 【4】 県連からのお知らせ
┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

     https://www.active-hiroshima.jp/index.html
┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 緊急金融相談窓口を設置・・・呉広域商工会
+ わがまちの元気な企業-山の小屋・・・神石高原商工会
+ 新年ごあいさつ
+「新春経営革新セミナー」開催
+「ネット経営革新塾」開講・・・三原臨空商工会

⇒詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ IT経営のススメ +

第19回「守る化は労務問題」

 金融危機以降、リスクを極端に恐れる風潮が蔓延していますが、引き金となった無謀な「マネーゲーム」は、「リスクテイク」というよりもむしろ 「ギャンブル」そのものです。ギャンブルは一種のリスクテイクのように見えますが、全く異次元のものです。ギャンブルの本質が「不確かな可能性=低い成功 確率」によって成り立つのに対し、真のリスクテイクとは裏側で的確なリスクマネジメントを施し、「不確かな可能性を出来るだけ排除=成功確率を高めていく こと」によって成り立つ、といういわば正反対の位置づけになります。
 最近、規制緩和や自由化に対する「揺り戻し」的施策がかなり露骨に噂されていますが、規制をかければリスクが軽減する、と思うのも大きな間違いです。 「角を矯めて牛を殺す」結果になりかねません。リスクに挑戦する健全さが失われた市場は、やがてそのダイナミズムを失い自らの機能(需要と供給のバランス によって成り立つ適正取引の実現機能)そのものを否定する「大リスク」へと突き進むことになります。何度も言いますが、「リスク」はリターンと裏表の関係 にありますから存在するのが当たり前ですし、それをどうコントロールするかは「リターンを得る」ことと全く同義でとらえるべき事項なのです。英語の 「Crisis」は、日本語に直訳すると「危機」ということになりますが、これは「危険」と「機会」の2つの側面がある、と意訳できます。

 さて、IT経営における「守る化」=情報セキュリティを考える上で、最も重要なことはリスクが「情報資産」の存在そのものにあるのではなく、それ を扱う「ヒト資産」にある、という点です。情報の管理に様々なハード・ソフトを装備し管理を厳重にしても、要はそれを扱う「ヒト」自身に悪意があればその 安全レベルは極端に下がります。リスクマネジメントを考える時、「ヒト」をどう扱うかが最大のポイントになると言っていいでしょう。ヒトを考える時によく 出るのが「性善説」か「性悪説」か、という比較です。PマークやISMSなど多くの情報セキュリティマネジメント制度は、原則「性悪説」に立っています。 実際に情報漏洩の多くは悪意を持ったヒトによって巻き起こされていますから、それを封じ込めようとすれば「悪意を持った人がいてもそれが実行できない仕組 みづくり(=性悪説対応)」にならざるを得ません。しかしこの考え方で行くと、情報技術の進化に伴って生まれてくる新たな「穴」を、その都度塞いでいかな いといけないという「イタチゴッコ」になってしまいます。ですから情報技術が進化して便利になればなるほど、「情報セキュリティ対策」だけはどんどん負荷 が高まり不便になっていくのです。

 この問題に、終着点はあるのでしょうか?企業活動における「ヒト」マネジメント領域として、情報技術が進化する前から独自のカテゴリーを築いてい る「労務問題」をみた場合、ヒト資産を生かしきる最大の要素は、「制度・ルール」でも「処遇体系」でもなく、結局「従業員個々のマインドづくり」にかかっ ている、というのが現代の定説になっています。そして、この問題に終着点はありません。常に現在進行形です。もちろん、情報セキュリティ問題の場合、技術 の進歩が劇的に進むことで解決できる可能性もあります。しかし、便利さ(=リターン)の裏側にリスクが存在することが必須であるならば、どこまで行っても 完璧なセキュリティというものは成しえないことになります。ならば、情報セキュリティは「ヒトの問題=新しい労務問題」ととらえ直すことが重要で、その解 決法はやはり「従業員個々のマインドづくり」にかかっている、と言えます。

 ITコーディネータ 児玉 学

+ 国税庁のホームページ +

 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
1月~3月は年末調整や法定調書の提出、また、平成20年分の所得税の確定申告書や贈与税の申告書の提出など、税務の世界では1年で一番忙しい時期となります。
 これからの時期は税の情報が何かと必要になることが多いですが、皆さんは国税庁のホームページをご覧になったことがありますか?電子申告に力を入れてい るだけあって年々内容が充実し、最近では専門家の私でさえ「これからは税務関係の書籍は買わなくてもいいんじゃないだろうか」と思わせるぐらいの充実ぶり です。
 実際、税務関係の書物(たとえば法人税の手引き)などは、年々発行日が遅くなる傾向にあります。これは、何年か前から国税庁側がすべての公表資料について、ホームページを通して発表するスタイルに変わったことによるものだそうです。
 今回は国税庁のホームページhttp://www.nta.go.jp/index.htmを紹介させてもらいます。

初 心者の方には、文字情報だけではなく、「Web-Tax-TV」という動画によるコンテンツも用意されています。トップページにリンクが貼ってありますの で参照してください。このホームページの上手な使い方についても紹介されています。そのほか、所得税を中心に身近な税について詳しく解説をしています。
詳 しく調べたい場合にはトップページ左側「税目別に調べる」や「税法・通達等・質疑応答事例」から入っていきます。タックスアンサー(簡単な税金の質疑応 答)から、高度な内容の事前照会まで幅広く税について調べることができます。この機能だけで有料コンテンツにできるぐらいの出来栄えです。
パンフレットや用紙など税務署で配布されているもの、申告書などの書式はすべてダウンロードして印刷することができます。残念ながら現在、納付書は手に入りませんが、それ以外のものはすべて手に入ります。
左上の「新着情報」をクリックすると最新の統計資料や通達などが入手できます。
路線価図が、一番アクセスが多いようです。字が小さいのが難点ですが、日本全国の路線価図が手に入ります。現在は税務署に路線価図を調べに行っても書籍では路線価図をおいていません。
メールマガジンも発行しています。登録すれば「HP新着情報」と「メールマガジン」を配信してくれます。
ホームページの中にゲームがあるのには驚きました。「税の学習コーナー」内にあります。

 このようにかなり充実した内容です。実務家から初心者まで幅広く対応した内容でしかもタダで使用できます。是非税金について調べたいときはアクセスしてみてください。

  税理士 井上 徹

+ 未払い残業代の支払い等を求める労働審判や民事訴訟況 +

◆サービス残業への是正指導が過去最多に

 従業員に残業代を支払わなかったとして労働基準監督署から是正指導を受け、結果的に1社で100万円以上の未払い残業代を支払った企業の数が 2007年度に1,728社(前年度比約3%増)となり、厚生労働省が集計を開始した2001年度以来、最多を更新したことが明らかになりました。また、 支払総額も計272億4,261万円(同約20%増)となっており、同じく過去最高を更新しています。
 同省では、「労働者やその家族の方などから、各労働局、労働基準監督署に対して長時間労働、賃金不払残業に関する相談が多数寄せられており、これらに対して重点的に監督指導を実施した結果である」と分析しています。
 このようにサービス残業は依然として増加傾向にあるようで、最近では「名ばかり管理職」「偽装請負」に関する問題などもあり、労働者や退職者が未払い残業代の支払いや地位の確認などを求めて労働審判や民事訴訟などを提起するケースも増えています。
 以下では最近の事例を見てみましょう。

◆グッドウィルの元支店長らが労働審判申立て

 今年の7月末に廃業した日雇い派遣大手「グッドウィル」の元支店長ら19人(25歳~49歳のいずれも男性)は、自分たちは「名ばかり管理職」と して扱われていたなどとして、同社を相手に未払い残業代(合計約6,721万円)の支払いを求める労働審判を、東京地裁に申し立てたそうです。請求してい る未払い残業代は1人あたり約120万円~635万円です。
 また、4人については、廃業に伴って解雇が行われた際に十分な退職金の積み増しや再就職先のあっせんが行われなかったとして、解雇の違法性についても争うとのことです。

◆元自転車便スタッフが正社員地位確認の民事訴訟提起

 バイク便大手である「ソクハイ」の元自転車便スタッフの男性(31歳)は、個人事業主として運送請負契約を締結して業務を行っていたが、会社の指 示に従って運送を行うなど自由裁量はほとんどなく、実態は正社員と変わらなかったとして、同社を相手に「正社員としての地位確認」と「約360万円の損害 賠償」を求める訴訟を東京地裁に提起しました。  男性は営業所長として採用面接やスタッフの教育なども行っていたようであり、「同社に指示監督されており、偽装請負状態だった」と主張しているそうで す。

  社会保険労務士 住田 浩貴

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ Excelについてのお問い合わせから +
【Q】 ファイルを開いたところ、見出し(列番号や行番号)が表示されていません。

【A】

列番号(A,B,C…)や行番号(1,2,3…)を表示する方法は下記の通りです。

[Excel2003の場合]

  1. <ツール>-<オプション>をクリックします。
  2. 「表示」タブ-<ウィンドウオプション>-「行列番号」にチェックを入れます。
  3. 「OK」ボタンをクリックします。

[Excel2007の場合]

  1. リボンの<表示>タブをクリックします。
  2. <表示/非表示>-「見出し」にチェックを入れます。

以上の操作で見出し(列番号や行番号)が表示されます。また、見出しが表示された状態でファイルの上書き保存を行うと、次回からファイルを開いた際に見出しが表示されます。

+ IT用語解説 +

【特定電子メール法】
2002年7月に施行された「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律」のことです。送信者情報を偽ったメールや無差別に送信される迷惑メールを規制する法律で、「迷惑メール防止法」と呼ばれることもあります。

従来は、件名に「未承諾広告※」を付け受信拒否の通知先などを明記していれば、事前に承諾を得ていない相手に広告メールを送信することが可能でし た。しかし、2008年6月の改正により、件名に「未承諾広告※」を付けても事前の同意がなければ迷惑メールと見なされ、規制の対象になります。

また、法人に対する罰金が3000万円以下に引き上げられるなど、改正により罰則が強化されています。

……………………………………………………………………………………………

【オプトイン】
広告宣伝などの電子メールの受け取りをユーザーが事前に承諾すること、あるいは承諾が必要であることを意味します。

例えば、ソフトウェアのユーザー登録の際に「ダイレクトメールの受け取りを了承する」という選択肢を用意し、これを能動的に選んで登録したユーザーにのみ広告メールを送付する場合、このメールを「オプトインメール」と言います。

反対に、ユーザーの事前承諾なしに広告メールを送付することを「オプトアウト」と言います。例えば、登録したユーザー全員に広告メールを送付し、メールの末尾に「以後このメールが必要ない方の連絡先は…」と記載されている場合は、「オプトアウトメール」に当たります。

┏━┓
┫4┣━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ みんなで子育て応援フォーラム
+ 平成21年度 経営指導員研修生採用試験の実施について
+ 平成21年度 広島県商工会等職員統一資格認定試験の実施について

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。
▽詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp/index.html

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

商工会ITサポートセンター    E-mail : sup@palwave.co.jp

このサイトを広める