あくてぃぶ通信

vol.328 IT経営のススメ(7)~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                       2008年7月11日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.328
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 7月に入り、厳しい暑さが続いています。皆さま体調など崩されていませんか。

「暑い夏は苦手」という方もいらっしゃると思いますが、夏生まれの私は夏が大好きです。花火大会やビアガーデンなど夏には楽しいことがたくさんありますよ ね。また、キャンプ場でバーベキューを行ったり、木陰の涼しさや川の水の冷たさを実感したりと、自然を身近に感じることができるのも夏が好きな理由の一つ です。

 さて、佐伯商工会様では7月13日と8月3に開催される「津和野街道ウォーク」の参加者を募集されています。皆さま、歴史の古道の中で森林浴を楽しまれてはいかがでしょうか。

(商工会ITサポートセンター 森)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】 Active News 最新情報
 【2】 経営情報
 ├┼IT経営指南番┼─IT経営のススメ(7)
 ├┼  税務情報  ┼―平成20年税制改正 -ふるさと納税-
 └┼  労務情報  ┼―医師が身近になる!? 健康相談サイト

 【3】 ITワンポイントレッスン
 ├  Excelについてのお問い合わせから
 └  IT用語解説—メインメモリ、常駐プログラム
┃ 【4】 県連からのお知らせ
┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

      https://www.active-hiroshima.jp/index.html
┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 「主張発表大会広島大会」開催
+ 「平成20年度職員協議会通常総代会」開催
+ 「商工貯蓄共済事務担当者研修会」開催
+ 広島の“いい店”募集開始
+ 県北に夏の訪れ告げる夜市・・・北広島町商工会大朝支所
+ フォトコンテストに参加して・・・佐伯商工会
+ 広大と世羅町の連携協定記念講演会・・・世羅町商工会
+ 「合併基本協定書調印式」開催・・・安芸町商工会、瀬野川町商工会、

矢野町商工会

+ “ウォーキング道”が「地域産業資源」に・・・坂町商工会

⇒詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ IT経営のススメ +

第7回「未来会計」

 「データ」→「情報」→「ナレッジ」という流れで「見える化」を実現させるステ ップは、「虫の眼」「鳥の眼」「魚の眼」全てに共通します。何を置いても、まずは「データ」を押さえる事が始まりなのです。そのデータを押さえるのに有効なツールが「IT」ということになります。

 次にこれを「情報化」するためには、「欲しいデータを」「欲しい形で」「欲しい 時に」取れることが重要になるわけですが、これがなかなか出来ない。実際に例に上げた某企業も、「データ」はあったのです。あったのですが、「欲しい形 に」なっていなかったのです。更に「欲しい時に」取れない環境だったんです。なぜそうなってしまったかと言うと、最後の「ナレッジ」がどういうものなのか が明確に定められないまま、システム導入されたからなんです。
 象徴的な例が会計システムです。一般的に、企業の「数値データ」は最終的に全て「会計」に収斂されます。会計生データとして、個別の仕訳伝票があります。この生データを集計することで、貸借対照表や損益計算書といった試算表が作成されます。
 ここで、単なる会計「データ」は、会社の状態を表す会計「情報」になります。外部ステークホルダー向けには、ここで必要な情報は全て出揃います。法的に はこれで完了です。(後は税法上の処理を行えば、決算申告まで出来ます。)しかし、内部ステークホルダー、特に企業経営者にとって必要な情報は、これだけ では不十分なわけです。会計「情報」を会計「ナレッジ」化するためには、そこから更に「気になる点はより細かく(虫の眼)」、「全体を俯瞰して問題の本質 を見抜き(鳥の眼)」、「流れを読んでこの先どうなるのかを推察する(魚の眼)」ところまで、進める必要があります。
 しかし残念ながら、財務会計は「決算・申告」を目的としているため、生データは「試算表つくり」に役立つ形でしか抽出できていません。これが、企業経営 者がよく言う「財務会計は実経営に余り役立たない」ということの真因です。しかし、最初から「このような使い方をするので、このような形・タイミングで データ抽出を」という考えを基に会計システムを構築すれば、役に立つデータは取得できるはずです。
 このように、法制度とは別に自社に必要な形・タイミングでデータをとって情報化する会計制度を「管理会計」と言います。管理会計と財務会計は同じデータ を基にしていますから、最後の最後は同じになりますが、その抽出・管理プロセスに違いがある訳です。管理会計制度の中でも特に未来を志向した会計を「未来 会計」と呼び、財務会計ベースの「過去会計」と区別して、変化の早い実経営に役立てている企業は年々増加しています。財務会計と管理会計の運用では2重の 負荷がかかる、という論議もありますが、基データは同じですから出来る限り両者の一体化で負荷を減らす工夫が求められます。

 このように、「欲しいデータがどんなものか」分かる為には、未来を志向しなければなりません。逆に言えば、それさえ出来れば見える化に役立つ情報システムを組むことは、決して難しいことではありません。

 ITコーディネータ 児玉 学

+ 平成20年税制改正 -ふるさと納税- +

 前回に引き続きふるさと納税ですが、今回はその仕組みについて簡単に解説します。

 まず、「ふるさと納税」というのは通称で、実際の制度は地方自治体に対して「寄付」をし、確定申告によって寄付金控除を受けるということが制度の骨子になります。

1.まず、寄付をしたい自治体に対して、寄付を申し出ます。自治体によってはホームページから申込みができる場合もあるようです。ちなみに広島県の場合、「郵便・ファックス・電子メール」のいずれかの方法で申し出ます。

2.自治体から寄付の払い込みの振込用紙が送られてきます。現金とともに金融機関に持参して振込みにより寄付をします。自治体によっては現金書留の寄付やヤフーの公金支払サービスを利用してクレジットカードでの寄付が出来るようです。

3.入金が確認されると自治体から領収書が送付されます。この領収書は大切に保管します。

4.来年の3月の所得税の確定申告の際、上記領収書を添付して、所得税の「寄付金控除」の適用を受けます。この寄付金のうち5,000円を超える部分は医療費控除などと同様に所得税の控除の対象になり、源泉徴収されている場合は以下の金額の所得税が還付されます。
 所得税減税額=(年間寄付額-5,000円)×所得税率

 なお、上記寄付額は総所得金額の30%が上限です。例えば所得税率が20%の人が30,000円寄付した場合は(30,000円-5,000円)× 20%=5,000円が所得税の還付金の対象になります。

5.上記に加えて来年の住民税の賦課決定の際、住民税の税額控除の対象になります。この場合、還付金などはありませんが納付すべき住民税が以下の金額だけ減少します。

 住民税減税額=①+②
 ①=(年間寄付額-5,000円)×10%
 ②=(年間寄付額-5,000円)×(90%-所得税率)
ただし、住民税の10%が上限です。

ややこしいですが、4.の例を当てはめると住民税減税額は
 ①=(30,000円-5,000円)×10%=2,500円
 ②=(30,000円-5,000円)×(90%-20%)=17,500円
 ①+②=20,000円になります。

上記4.+5.=5,000円+20,000円=25,000円となり、30,000円の寄付をすることにより所得税住民税が25,000円減少することがわかります。

上記のように、5,000円までの寄付は納税者にとって税制上は何のメリットもない(負担が増えるだけ損?)ですがそれを上回る部分は来年の税金の 先払いで且つ立替払いになっていることがお分かりになると思います。上記仕組みを理解していただければ自治体がホームページを充実させたりプレゼントを用 意したりする意味がお分かりになると思います。そのほかの住民サービスもこのぐらいの充実度・スピードで行ってもらいたいものです。

 なお、ふるさと納税で住民税の控除を受けられるのは本来の住民税の10%が限度(上記5.の②)ですので、あまり気前良く寄付すると立替払いではなくなり「本当の意味の寄付」になりますので注意してください。

  税理士 井上 徹

+ 医師が身近になる!? 健康相談サイト +

◆深刻な医師不足・病院不足

 地方や過疎化の進む地域を中心に、医師不足や病院不足が深刻化しています。そんな中、インターネットや携帯端末を利用して、医師が医療や健康に関 する様々な疑問に答えてくれる、全国保険医団体連合会(保団連)による「健康相談サイト」が4月から開設されました。地域に関係なくいつでも気軽に医師に 相談できるこのサイトが、今注目されています。
 保団連とは、1969年に結成された医師・歯科医師の団体で、その会員数は10万人以上(2008年5月1日現在)にのぼります。

◆現役医師が答える健康相談

 この健康相談サイトでは、無料の会員登録を行った利用者が健康上の悩みをサイトに送って医師に相談できます。また、質問者と医師が承諾した内容 は、一般にも公開されます。サイトには「内科」「外科」「小児科」「産婦人科」「歯科」などの16の診療科と「医療制度」「その他」を合わせた、18項目 の検索ボタンが設定されており、この検索ボタンの選択をするかキーワードの入力を行えば、該当分野の過去の質問内容と回答(Q&A)について自由に閲覧で きる仕組みになっています。
 閲覧できるQ&Aの内容がかなり豊富なうえ、質問にはそれぞれの専門分野の医師が答えてくれるので、安心して利用できます。

◆上手なサイトの活用を

 このサイトは、保団連が、従来あった相談サイト「バーチャルドクター」をリニューアルし、4月から開設したものです。 保団連は、このサイトの開 設趣旨について「保健医療の枠組みの中でインフォームド・コンセントを推進していきたい」という思いからスタートしたとしています。サイト内で医療や健康 に関する助言を行い、利用者が医療や健康に関する情報を得ることによって、医師・患者双方のコミュニケーションが高まり、インフォームド・コンセントの定 着の一助となればとの思いから始まったものです。
 もちろん、このサイトの助言のみを頼りに、医師の診察を受けることなく自己判断してしまうべきではありませんが、気軽にいつでも医師に相談できるという メリットは計り知れないものがあります。「健康上の悩みはあるが、病院に行くほどではない」、「近くに病院が少なく気軽に行きにくい」といった場合や、 「医師の治療や診察を受けているが、病状や治療方法について尋ねにくいことがある」といった場合に、有効に活用できそうです。

  社会保険労務士 住田 浩貴

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ Excelについてのお問い合わせから +
【Q】 小さな表を印刷すると用紙の左上に印刷されます。用紙の中央に印刷したいのですが。

【A】

表を用紙の中央に印刷したい場合は、下記の手順で設定を行います。

  1. メニューバーの<ファイル>-<ページ設定>を開きます。
  2. 「余白」タブの「ページ中央」の「水平」と「垂直」にチェックを入れます。
  3. 「OK」ボタンをクリックします。

以上の設定で、表を用紙の中央に印刷することができます。

+ IT用語解説 +

【メインメモリ】
コンピュータ内でデータやプログラムを記憶する装置で、「主記憶装置」とも呼ばれます。
電気的に記録を行なうため動作が速く、CPU(中央処理装置)から直接読み書きすることがで可能です。

しかし、容量が限られている、電源を切ると内容が失われてしまう、という欠点があります。このためコンピュータにはメインメモリの他に、ハードディスクやフロッピーディスクなどの補助記憶装置(外部記憶装置)が装備されています。

プログラムを起動してデータの加工を行なう際には、必要なものだけメインメモリに呼び出して使い、長期的な保存には補助記憶装置が利用されます。

……………………………………………………………………………………………

【常駐プログラム】
常駐プログラムとは、パソコンが起動すると同時に自動的に起動して、そのまま常に起動しているプログラムのことです。

例えば、ウイルス対策ソフトや日本語入力ソフトなど、常時システムを監視する必要があったり、常に起動していないとサービスが受けられないようなソフトが常駐プログラムとなります。

常駐プログラムが多くあると、いろいろな機能を即座に使えて便利です。しかし、利用できるメモリが少なくなる 、システムが不安定になる、パソコンの起動が遅くなる、などの弊害もありますので注意が必要です。

┏━┓
┫4┣━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+青少年育成情報ネット“ゆっぴーネット”開設について
+登記簿等の公開に関する事務の民間委託について

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。
▽詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp/index.html?member

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

商工会ITサポートセンター    E-mail : sup@palwave.co.jp

このサイトを広める