あくてぃぶ通信

vol.325 IT経営のススメ(4)~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                       2008年5月23日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.325
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 5月もいよいよ終わりに近づき、初夏の始まりの予感がします。皆様はいかがおすごしでしょうか。

 暖かい気候とはうらはらに暫定税率復活でずいぶんガソリンの値段が上 がりましたね。私にはかなり厳しい現状です(>_<)
 食品類も値上がりをしているので、何か節約できないかな・・ということでベランダでバジルとプチトマトを育てることにしました(*^_^*)
 プチ家庭菜園ですが、少しでも自給自足できるようになったらいいなと思います。

 さて、今月から毎月第一日曜日に“園芸福祉”推進が行われるようです。「花や野菜など植物の栽培を通じて、心身の健康や生活の質の向上をめざす」ことを目的とした園芸福祉の実践活動に皆様もぜひご参加されてはいかがでしょうか。

(商工会ITサポートセンター 広瀬)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】 Active News 最新情報
 【2】 経営情報
 ├┼IT経営指南番┼─IT経営のススメ(4)
 ├┼  税務情報  ┼―平成20年税制改正
 └┼  労務情報  ┼―『年金記録問題』『ねんきん特別便』を
┃めぐる状況


 【3】 ITワンポイントレッスン
 ├  Wordについてのお問い合わせから
 └  IT用語解説—デバイスドライバ、レジストリ
┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

      https://www.active-hiroshima.jp/index.html
┏━┓
┫1┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ わがまちの元気な企業-番場醤油醸造・・・世羅町商工会
+ 平成20年度第1回役員会開催
+ “メロン粕漬”夢ぷらざでも人気・・・船越町商工会、海田町商工会、
坂町商工会
+ 福富の春を楽しむ祭りが盛況・・・福富町商工会
+ 「全国展開プロジェクト説明会」開催
+ 地域と協働で“園芸福祉”推進・・・安芸町商工会
+ 「平成20年度通常総会」開催
+ 日帰りバスで県北の祭りと自然を満喫・・・加計町商工会

⇒詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ IT経営のススメ +

第4回「見える化の進め方①」

 見える化は、結局のところ「経営者が管理(マネジメント)できるようにする」ことが目的です。見えないものは、計れません。計れないものは、管理できません。従って、「計れるように」なって初めて見える化は功を奏します。
計れるようになる、ということは数値で事実を捉える、ということです。

 仕事を司る要素は大きく「品質=Quality」「費用=Cost」「時間=Time」の3つに分けられます。このQ・C・T3要素は全て重要で すが、残念ながらそれぞれが相反関係(=Trade Off)になっています。ですから、このバランスをどうとるかが企業のビジネスモデルの基礎となります。3要素のうち、「費用」と「時間」は計れます。し かし、「品質」はそのままでは計ることが出来ません。何らかの「基準」を設け、その基準と照らし合わせることで計ることが出来るようになります。経営品 質、という言葉がありますが、これは「限られた費用と時間の中でいかに効果的に品質を高めるか」を基準としています。ですから、QCTのうちの「C」と 「T」の組み合わせで導き出される「Q」を解としている訳です。しかも、そのQの良し悪しに絶対値は無く、あくまで相対値になります。相対値と言うのは、 管理がなかなか難しい。
 基準の置き方次第でその評価は大きくぶれるからです。そこでIT経営のスムーズな進行には、まず絶対値として管理できる「C」と「T」の組み合わせを「見える化」することが大切です。

 時間と費用の組み合わせには、「時間当たりの費用(C/T)」と「費用当たりの時間(T/C)」の二つが挙げられますが、一般的なのは「時間」の ほうを分母とした「時間当たりの費用」、いわゆる時間単価という指標です。しかし、その算出方法でただ単純に総費用を総時間で割るだけでは、問題の本質が 何も見えてきません。実際の費用は、同じ単位時間でもその内容が違えば当然増減しているからです。
 では、一体何が時間に対して費用を増減させているのでしょうか?生産現場ならば、設備(モノ)の稼働率や生産効率がその大半を担っていますが、モノはモ ノだけで勝手に稼動しません。どれだけ省人化した生産現場でも、その前後に必ず人の動きがあり、その人の意思が働き、生産計画が立てられモノが動き始めま す。もちろん、非生産現場ではヒトの動きがコストに与える影響はより顕著です。即ち、費用は何らかの形で必ず「ヒト」の動きに左右されるのです。そこで、 このヒトの動き=「活動」に着目した費用の配賦方式が、見える化を推進していく際には効果的です。この活動に応じて費用配賦を行う手法を ABC(Activity Based Costing=活動基準原価計算)と言います。
 ABCは、IT経営推進第二の壁(経営者独自の視点だけでは見えないことを複眼的に見えるようにすること)のうち、特に「虫の眼」としての視点を明確化させるのに非常に有効です。

 ITコーディネータ 児玉 学

+ 平成20年税制改正 +

 去る4月30日に衆議院で平成20年度予算案が再可決・成立しました。ガソリン税はそれを受けて5月1日より3月までの税率に戻りましたが、この ほかにも本年度の税制改正が行われています。本年はあまり大きな(抜本的な)改正はありませんが、今年度の改正のうち実務上影響があると思われるものを簡 単に紹介します。

  • 研究開発税制が拡充されました。
    従来の試験研究費の税額控除とは別に上乗せの試験研究費の税額控除が創設されました。つまり、支出金額によっては同じ支出額でも税額控除の額が大きくなることとなりました。
  • 情報基盤強化税制が拡充されました。
    対象設備にソフトウエアの一部が追加され、また取得価額要件が中小企業については従来300万円以上対象が70万円以上対象に緩和されました。
  • エンジェル税制が拡充されました。
    一定の中小企業に出資した金額について、1,000万円を限度として所得税の寄付金控除の対象となる制度が創設されました。
  • 中小企業の従業員に対する教育訓練費が拡充されました。
    従来は増加教育訓練費が税額控除の対象でしたが、適用事業年度の労働費用のうち一定水準以上の教育訓練費の支出について税額控除の対象とするなど制度として使いやすくなりました。
  • 上場株式の譲渡損失と配当所得の損益通算の特例が創設されました。
    株式投資のリスク軽減のため新たに創設されました。
  • 取引相場のない株式等に係る相続税の納税猶予制度が創設されました。
    今回の改正の目玉です。次回以降に詳しく解説します。
  • 減価償却制度の一部見直しが行なわれました。
    機械装置を中心に資産区分を整理し、法定耐用年数の見直しが行なわれました。
  • 省エネ住宅に回収した場合の住宅ローン控除の制度が創設されました。
  • ふるさと納税が開始されました。
    住所地以外への住民税の納税ができるようになりました。

  税理士 井上 徹

+ 『年金記録問題』『ねんきん特別便』をめぐる状況 +

◆全受給者・加入者9,500万人に発送開始

 4月2日から、記録漏れの可能性が高い人以外の全受給者・加入者計9,500万人に向けて「ねんきん特別便」の発送が始まりました。
 6月以降には事業所経由での送付も予定されています。社会保険庁でも、社会保険事務所における休日の相談日を増やすなどして、相談体制を強化する方針を明らかにしています。

◆民主党が「ヒント付き特別便」の独自法案提出へ

 社会保険庁の発表によれば、これまでに「特別便」を送付した受給者の約4割に相当する約90万人が未回答であり、回答した約141万人のうち約 103万人は「訂正なし」と答えていますが、実際には記録漏れの事例が相当数あるそうです(3月18日現在)。「特別便」を受け取っても、「具体的な情報 が載っていないのでわかりにくい」「昔のことで思い出せない」という人が多いようです。
 民主党では、「特別便」が届いても記録漏れに気付かないとみられる人(3月末までに特別便が届いた記録漏れの可能性が高い年金受給者・現役加入者のうち 記録を訂正した人を除く)を対象に、記録漏れがあるとみられる記録やヒントを同封して「特別便」を再送する独自の法案(ねんきん特別便緊急支援法案)を今 国会に提出する方針を示しています。

◆物証があれば社会保険事務所でも審査

 これまで、自分の記録に誤り等があると思う人は、「年金記録確認第三者委員会」に申し出る必要がありましたが、家計簿や確定申告書のコピーなど、 保険料を納付していた物的証拠があることで判断しやすい案件については、社会保険事務所に申し出て年金支給の是非を審査してもらえるようになりました。審 査が進まない「年金記録確認第三者委員会」の審査を省略して記録回復のペースを上げるのがねらいだそうです。
 また、厚生労働省は、国民年金加入者が満額の受給額を確保した後も保険料を払い続けてしまった分について、返還する制度の創設も検討しているようです。

  社会保険労務士 住田 浩貴

┏━┓
┫3┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■ ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ Wordについてのお問い合わせから +
【Q】 両面印刷をした資料を片側で綴じたいのですが、左右の余白の設定がうまくできません。

【A】

両面印刷をした資料の文書を綴じる際、綴じる側の余白を広くとるとバランスが良くなります。ただし、表と裏のページでは綴じる側の余白が左右逆になります。このような場合には、余白の設定を「見開きのページ」に設定することで解消できます。

  1. メニューバーの<ファイル>-<ページ設定>を開く。
  2. 「余白」タブから「印刷の形式」で「見開きのページ」を選択。
  3. 「余白」部分で「内側」と「外側」の余白を設定する。

※通常は「内側」が綴じる側の余白になるため、こちらを大きめの数値に設定することで、奇数ページでは左、偶数ページでは右の余白が広く設定されます。

+ IT用語解説 +

【デバイスドライバ】
デバイスドライバとはパソコン本体を構成する部品や周辺機器を動かすために必要なソフトウェアのことです。

「デバイス」は装置・機器を意味し、「ドライバ」はその機器を動かす運転手のような役目をするソフトウェアを意味します。

周辺機器はケーブルをつないだだけでは動かないため、ケーブルを接続した後に、「デバイスドライバ」というソフトをインストールしてWindowsにその装置の存在を教える必要があります。

……………………………………………………………………………………………

【レジストリ】
レジストリとは、Windowsでドライバやアプリケーションの動作に関する設定情報を一元管理するためのファイルのことです。

新しいアプリケーションソフトをインストールしたり、新しい機器を接続してドライバソフトをインストールしたりすると、正常に動作する様にレジストリの内容も自動的に書き換えられます。そのため、普通にパソコンを使っている分には意識する必要はありません。

レジストリは、レジストリエディタと呼ばれるソフトで内容を編集することが出来ます。ただし、不用意に操作を行うとウインドウズやアプリケーションソフトが動かなくなったりと動作に支障をきたすことがありますので高度な知識と細心の注意が必要です。

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

商工会ITサポートセンター    E-mail : sup@palwave.co.jp

このサイトを広める