あくてぃぶ通信

vol.323 IT経営のススメ(2)~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                       2008年4月25日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.323
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 4月も終わりに近づき、道路沿いの木々も鮮やかな新緑が目立つようになりました。パンジーや菜の花、チューリップなどがあちこちで咲いていて、うれしくなりますね。

 晴れた日の日中はもう夏のような暑さですが、夜になると月がとても綺麗です。

 菜の花と月を見るとつい、「おぼろ月夜」を口ずさんでしまいます。小学校の音楽の教科書に掲載されている唱歌ですが、有名な歌手がカバーしてCDを発売していることもあり、耳にする機会も多いのではないでしょうか。

 さて、今月29日には北広島町にて、「わさまちと山菜まつり」が開催されます。幼少の頃に戻って、春の味覚やなつかしい遊びを体験されてはいかがでしょうか。

(商工会ITサポートセンター 森)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】 Active News 最新情報
 【2】 経営情報
 ├┼IT経営指南番┼─IT経営のススメ(2)
 ├┼  税務情報  ┼―リース取引の改正(後編)
 └┼  労務情報  ┼―異動の季節 業務引継ぎを円滑に進めるには?

 【3】 ITワンポイントレッスン
 ├  Wordについてのお問い合わせから
 └  IT用語解説—WAN、リカバリ
┃ 【4】 県連からのお知らせ
┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

      https://www.active-hiroshima.jp/index.html
┏━┓
┫1 ┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ “安芸高田神楽いちば”オープン・・・安芸高田市商工会
+ 佐伯区の春を満喫しよう・・・五日市商工会
+ 摘果メロン粕漬けの本漬け完了・・・船越町商工会・海田町商工会・
                   坂町商工会
+ 伝統の“わさまち”装い一新・・・北広島町商工会大朝支所
+ 「花のまわりみち」開幕・・・五日市商工会
+ 「平成20年度地域資源∞全国展開プロジェクト」採択決
+ ひまわり、元気に育て・・・海田町商工会
+ “早採りメロン漬け”売れ行き好調・・・船越町商工会・海田町商工会・
                     坂町商工会

⇒詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2 ┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ IT経営のススメ +

第2回 「見えているようで見えていないもの」

 前回例に挙げた某メーカーは、そうは言っても着眼点は良かったのです。
 なぜならば、問題の本質が「倉庫や工場の在庫能力の低さ(物理的スペースの狭さ)」や「営業の場当たり的な受注方法」にあるわけではなく、あくまで「欠 品の存在」にあることを捉えていたからです。仕事上のトラブルは、ともすれば目の前にある「事象」をそのまま「問題そのもの」として処理してしまいがちで すが、その先にある「事象によって引き起こされる結果」こそが改善すべき課題であるというのは、重要なポイントの一つです。この場合、特に「欠品の存在」 は経理上オモテに出てこないものだけに、それを見抜いたことは経営者のセンスの良さを物語っています。

 この「欠品」のように財務会計上出てこない損失のことを「機会損失」と言います。「機会(チャンス)」が失われたことは、「未来の可能性」を失っ ていることなのですが、これは未知の世界なので正確に測ることができません。正確に測ることが出来ないデータは、財務会計上は意味を持たないのです。しか し、経営に必要な情報は必ずしも「正確なデータ」として現れてはきません。例えば、小売業では通常「売れ残り」はロス(損失)につながるため出来る限りこ れを無くそうと務めますが、「売れ残りゼロ」は決してベストな結果ではないのです。よく言われる例が「売れ残り1個がベターな結果」です。たくさん売れ 残ったら当然「実損失」が膨らみます。しかし売れ残りがゼロでは、「機会損失」が生じたかどうか分かりません。ひょっとすると、もう少し店頭在庫があれば もっと売れたかもしれない。売り切れた後、店頭に来た客に買っていただくチャンスを逸したかもしれない。まさに「機会損失」です。だから「1個残り」と言 う状態が「機会損失も限りなくゼロに近く」「廃棄損失も限りなくゼロに近い」と言うことで、ベターな結果と言えるのです。しかし、財務会計データ優先主義 の経営では「売り残り1個」よりも「売れ残りゼロ」を奨励しがちです。ここに、「データ」の持つ難しさがあります。データを「生データ」としてだけ捉える のではなく、その根底にある「意味」まで含めて読み解くことが経営上は重要です。生データは「見えているように」感じられるだけに、かえって落とし穴に落 ちこむ可能性があるので要注意です。

 さて、では某メーカーは「見えているようで見えていないもの」に気づいたのにも拘らず、なぜ効果的なIT化に至らなかったのでしょう?ここに、 IT経営推進の第二の壁が見えてきました。賢い経営者ほど、第一の壁(見えているようで見えていないデータの意味を理解すること)を突破したことで安堵 し、その解決手段をトップ主導で推進します。しかし、本当の「見える化」は残念ながらトップの洞察力だけではなし得ないのです。昨今、見える化に関する書 籍がたくさん出版されていますが、その本質は「虫の眼」「鳥の眼」「魚の眼」といった3つの眼による「見える化」の重要性を物語っていると私は理解してい ます。

 ITコーディネータ 児玉 学

+ リース取引の改正(後編) +

 前回リース取引の減価償却方法等について解説しましたが、今回は消費税の取扱い、各種特例制度等の取扱いについて解説します。

1.消費税の取扱い
 今回のリース取引の改正において一番実務上重要であるのは消費税の取扱いではないでしょうか。前回解説したとおり、減価償却方法については中小企業につ いては、リース料支払時に「リース料」として費用処理した場合はそれを償却費とみなす規定となっていますので実務上は従来となんら変わらない経理方法でも よいということになりますが、この消費税の取扱いだけは従来方法と大きく異なります。

 従来は、消費税の仕入税額控除を行うタイミングはリース料を払った都度でしたが、リース取引が原則売買とされることとなったため、リース資産の仕入税額 控除は引渡し初年度に一括で行うことになりました。この改正はリース取引に関して賃借人が賃貸処理(リース料支払時に「リース料」として費用処理すること です)した場合であっても、引渡し時点で仕入税額控除することに一本化されていますので注意が必要です。
 例えば毎月5万円×60回のリースを組んだ場合、支払い総額300万円がリース資産の引渡しを受けた年度で仕入税額控除の対象となり、実際のリース料の支払い時は不課税取引となります。

2.各種特例制度との関係
 リース取引により取得したとみなされた資産は、10万円未満の少額減価償却資産の取得時損金算入、一括償却資産の取扱い、増加償却、割増償却、特別償却等は適用対象外となっていますので注意してください。

3.再リース料の取扱い
 リース期間が終了した後、再リース料を支払ってリース契約を延長する場合がありますが、その際支払う再リース料は経費処理することになり、また仕入税額控除の対象にもなります。

4.リース資産の固定資産税における取扱い
 所有権移転外ファイナンスリース取引に係るリース資産については「貸し手側が所有者となるため、借り手側で償却資産申告を行う必要はない」ようです。
 今回の改正はあくまで会計基準の改正とそれに伴う税法の改正であり、「所有権移転外ファイナンスリース」資産の所有者はあくまで「リース会社」ということには何の変更もないからです。

 以上、リース取引について解説しましたが、上記1の取扱いについては消費税の課税方式(本則課税又は簡易課税)の有利不利判定に影響する場合がありますので、実務上は要注意です。

  税理士 井上 徹

+ 異動の季節 業務引継ぎを円滑に進めるには? +

 春です。フレッシュな新入社員がやってくる時期であるとともに、異動の時期でもあります。部署を異動する人、担当替えとなる人は、後任者に業務を 引き継ぐことになりますが、この引継ぎがうまくいかないと、社内だけではなく取引先などにも迷惑をかけるおそれがあります。引継ぎを円滑に進める極意はな いものでしょうか?

◆手に仕事内容を伝達する

 引継ぎは、これまで携わってきた仕事内容や仕事の進め方を後任者に伝達することです。後任者が困らないように、上手に伝達することが求められま す。後任者に伝えたいのは、まずは1週間などの一定時間軸でのおおまかな仕事の流れで、取引先との商談中によく出る話題や取引先が気にする点などの情報も 重要です。
 後任者に伝達する際のコツは、1度に伝えるのは話したいことの8割程度にとどめること。1度にすべてを話しても、伝わりにくかったり、後任者の理解が追 いつかなかったりするためです。仕事を引き継いだ後、後任者から疑問や質問が寄せられたときに随時対応したほうが効率的です。

 営業担当などの場合、資料の引継ぎや取引先の紹介などに十分な時間が割けないこともあるでしょう。短時間でおおまかなことしか伝達できない場合は、過去の付き合いや取引の経緯などを優先的に伝えることが大切です。

 また、名刺なども含め、付き合いの中で得た情報は、後任者が仕事しやすいように提供するのが原則です。相手先の特徴、現在の仕事の進捗状況などについては、後任者だけでなく、社内の上司にもきちんと伝えます。上司が後任者のサポート役に回ることが多いからです。

◆業務のマニュアルやバイブルを作成する

 会社組織には異動が付きものですが、仕事を引き継ぐ側も引き継がれる側も、本来の業務の傍ら、引継ぎ業務を十分にできるとは限りません。そこで、 仕事のやり方を誰にでもすぐ伝えられるように、日頃から業務のマニュアルやバイブルを作っておくのが効率的です。これらには、普段の仕事の流れや相手先の 特徴、必要とされる知識、業界の最新動向などをまとめておきます。

◆引継ぎ後にフォローを入れることも大切

 業務を引き継いだ後、後任者が困ったときなどは、自分の新しい業務に支障が出ない範囲で後任者を手助けすることも必要です。例えば、担当を外れた後、かつての取引先と出会ったときなどにフォローを入れておくことは、後任者にとってありがたいものです。

 なお、担当を外れた後に、取引先との付き合いが仕事を超えたものに発展することは問題ありませんが、そこでの付き合いで仕事に関係する話が出たら、後任者にきちんと伝えるなどの配慮が必要です。

  社会保険労務士 住田 浩貴

┏━┓
┫3 ┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ Wordについてのお問い合わせから +
【Q】 文章に自動的に今日の日付を入力することはできますか。

【A】

FAX送付状など繰り返し使用する文章に、自動的に日付を挿入したい場合があります。そのような場合、ExcelではTODAY関数などを用いますが、Wordでも自動的に日付を表示させることが可能です。

  1. 日付を挿入したい箇所をクリックします。
  2. メニューバーの<挿入>-<日付と時刻>より、任意の表示形式を選択します。
  3. 「自動的に更新する」にチェックを入れます。
  4. 「OK」ボタンをクリックします。

この文章を保存すると、ファイルを開く度にその日の日付を表示します。

+ IT用語解説 +

【WAN】
WANとは、Wide Area Network(ワイドエリアネットワーク)の略で「広域通信網」の意味です。電話回線や専用線を使って、例えば東京の本社と大阪の支社など地理的に離れた地点にあるコンピュータ同士を接続し、データをやり取りすることを言います。

これに対して建物内や敷地内のネットワークをLAN(Local Area Network:ローカルエリアネットワーク)といいます。

LANは個人や社内で自由に作ることができますが、WANの構築は、専門の通信事業者が行う必要があります。

……………………………………………………………………………………………

【リカバリ】
リカバリとは、パソコンをご購入時の状態に戻すことです。パソコンに関して、原因を特定できない問題が発生した際などは、リカバリを行うことで解決できる場合があります。

通常、PCを購入した際には、リカバリCD(またはリカバリDVD)が付属しています。リカバリCD(DVD)の中には、OSやアプリケーションソフトが収録されており、これを起動させることで、パソコンを購入時の状態に戻します。

リカバリを行うと、ハードディスク内が初期化され、システムの設定が初期状態に戻るため、購入後に行った設定や、インストールしたアプリケーションソフトは全て失われます。そのため、リカバリを行う際は、あらかじめバックアップを取っておく必要があります。

┏━┓
┫4 ┣━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 男女雇用機会均等セミナーのご案内(広島労働局)
+ 平成20年度広島県新分野進出等支援補助金の募集

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。
▽詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp/index.html

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

商工会ITサポートセンター    E-mail : sup@palwave.co.jp

このサイトを広める