あくてぃぶ通信

vol.322 IT経営のススメ(1)~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                       2008年4月11日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.322
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 4月に入り、太陽の光がまぶしく感じられるようになりましたね。
 入学や進学、そして入社のシーズンでもあるこの季節は、不思議と新しいことがはじめたくなりませんか?

 私は毎年この季節になると何か習い事がしたくてうずうずしてしまいます
(^^♪
 そしてついにはじめたのがホットヨガ!
 身体を動かして汗をかくことがめっきりなくなっていたので、汗をかくことってこんなに気持ちがよかったんだなーとすっかりはまっています(*^_^*)

 さて4月14日から帝釈峡スコラ高原で3泊4日のそば打ち強化講座が行われます。この講座では、そば打ち段位、初段クラスの技術が習得可能です。新しいことが始められたい方はぜひご参加されてはいかがでしょうか。

(商工会ITサポートセンター 広瀬)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】 Active News 最新情報
 【2】 経営情報
 ├┼IT経営指南番┼─IT経営のススメ
 ├┼  税務情報  ┼―リース取引の改正(中編)
 └┼  労務情報  ┼―企業が求めている新入社員の「質」とは?

 【3】 ITワンポイントレッスン
 ├  Excelについてのお問い合わせから
 └  IT用語解説—ストリーミング、パッチ
┃ 【4】 県連からのお知らせ
┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

      https://www.active-hiroshima.jp/index.html
┏━┓
┫1 ┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 桜ちょうちんのライトアップが始まる・・・安芸高田市商工会八千代支所
+ 平成19年度臨時総会開催
+ 昔懐かしい大人の珍味いかが・・・海田町商工会
+ “黒鯛シリーズ”が『めざにゅ~』に登場
+ 桜彩る春の瀬戸田へ出かけよう・・・瀬戸田町商工会
+ “ものづくり教材”発売開始・・・豊栄町商工会・福富町商工会
+ ケーブルテレビ局が取材に・・・豊栄町商工会・福富町商工会
+ 春を告げるカタクリが見ごろ・・・安芸高田市商工会向原支所
+ しゃくなげ館が創業祭開催・・・福富町商工会

⇒詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2 ┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ IT経営のススメ +

【自己紹介】
児玉 学(コダマ ガク)
 ITコーディネータ、中小企業診断士
 株式会社ファインサポート・代表取締役
 NPO法人ITC広島・理事
 現在、経営コンサルタントとして、IT化推進やマーケティング強化、
 管理会計制度整備、ビジネスプロセス改革等を通じ、多くの中堅・中小企業
 の経営革新・事業再生を支援。
 関与先企業数延べ200社以上。

【本編】
第1回「IT経営とは何か」

 2006年1月に政府から「IT新改革戦略」が発表されて、丸二年が過ぎました。
2001年1月~2003年の「e-Japan戦略」(IT基盤整備重視)、2003年7月~2006年の「e-Japan戦略Ⅱ」(IT利活用重視)に 続く国家戦略第3弾。日本を、世界IT革命のフロントランナーとすべく、「IT経営の確立による企業の競争力強化」が必要であると謳っています。
 さて、この「IT経営」と言う言葉ですが、今一歩世間での理解が深まっていないようです。IT経営という表現が当てはまらない「通常のIT化」とは一体何が違うのでしょうか。

 某メーカーで、通常のIT化の典型例を見ました。
そこでは、製品を直接小売店に販売しています。営業部門は、販売先に対し少しでも多く売れ筋商品(製品)を売り込もうと頑張っています。一方、製造部門は 生産効率と在庫効率を考えながら生産計画を練り、日々良い製品作りにまい進しています。一見問題なさそうなこの企業ですが、実は大きな課題が生じていまし た。それは「欠品」の多発です。注文した商品が無いために、日々チャンスロスを起こしています。品種の多さや工場・倉庫が手狭と言うこともあるのですが、 だからと言ってせっかくの受注をふいにしてしまうような「欠品」は間違いなく早急な改善が必要です。
 そこでこの企業では、販売現場でも生産現場でも現在の在庫状況が分かる共通の「在庫管理システム」を導入しました。しかし、導入後1年経つ現在でも欠品は減るどころかむしろ増加しています。いったい何故なんでしょう?
 実は、営業部門も製造部門も常に「余裕」を意識したシステム運用をしていたのです。営業は在庫システム導入前の「欠品頻発状態」が頭から離れない為、シ ステム導入後も実注文より多目多めに工場に発注をかけます。一方の製造部門はと言えば、限られたキャパシティを最大限に生かす事と出来る限りの計画生産体 制維持を目的に「営業の注文はどうせ実注文より水増しされた数値だろうから」と言って、素直にオーダーに応えません。結果的にシステム上にある在庫データ は信用できないものとなり、相変わらず「欠品」が後を絶たないわけです。

 このように「システム(IT)」を導入したからと言って、それを扱う人間が業務のやり方そのものを変えないと、結局使えないITになってしまうのです。
 「IT経営」と言う言葉は、ただ単純に「IT」と「経営」をくっつけただけではありません。このようにITを「ただ導入すれば何とかなる」という安直さ から生じた多くの企業の失敗を踏まえ、「利用価値重視・経営力向上優先のIT化」と言う意味が強く込められているのです。

 では、その「IT経営」はどうすれば実現できるのか、次回から事例を加えつつ具体的に紐解いてみましょう。

 ITコーディネータ 児玉 学

+ リース取引の改正(中編) +

 リース取引もリース対象物件によっては色々な形態があり、その形態ごとに様々な処理方法がありますが、今回はごく一般的なリース(例えばコピー機のリースや、機械のリースなど)について解説します。

1.所有権移転外ファイナンスリース取引に係る減価償却資産の償却(原則)
 所有権移転外ファイナンスリースとはリース期間終了後も所有権がリース会社にある、ごく一般的なリース形態です。再リース料を支払うことによってリース期間満了後も引き続き使用できるリース形態の契約です。
従来は、所有権がリース会社にあるため賃借しているという解釈でリース料を費用処理してきました。しかし、今回の改正により平成20年4月1日以降のリース契約についてはリース契約時に支払総リース料でリース物件の売買があったとみなすことになりました。
会計上の処理はリース資産を契約時に資産として貸借対照表に計上し、その資産を減価償却することになり、月々のリース料は「債務の返済」ということになります。
リース資産の減価償却方法はリース期間定額法(リース期間を償却期間とする定額法)のみの適用です。
例えば期首に毎月2万円で60回支払のコピー機のリース契約を結んだ場合の仕訳は

契約時 備品 120万円   未払金 120万円
支払時 未払金 2万円   預金 2万円
減価償却費 2万円   備品 2万円

ということになります。
税務上の取扱いは、法定限度額をリース期間定額法で行うということが新設されました。
なんか、煩雑になっただけのような気がしますね。

2.所有権移転外ファイナンスリース取引に係る減価償却資産の償却(例外)
 もともと今回の改正は「リース取引に関する会計基準」が変更されたことに伴い、税制もそれに合わせる形で改正されたものなので、これによる減税増税は一切ありません。
また、「企業会計基準」が大企業を対象としているため、中小企業にとっては「これに従うことが望ましい」とされているだけで強制適用ではありません。
そこで、従来どおり支払時に「リース料」として費用処理しても会計上は差し支えありません。では税務上はどのような取扱いになるでしょうか。
税務上は従来どおり支払時に「リース料」として費用処理した場合は、リース料を償却費とみなし、また、リース料が償却限度額と同額の場合、法人税などは別 表もいらないことになっています。リース料がリース全期間に渡って同額の場合、リース料=償却限度額となりますので、結局今までどおりの処理でなんら変わ らなくてもよいということになります。

次回は、各種の特例制度との関係や消費税の取扱いなどについて説明します。

  税理士 井上 徹

+ 企業が求めている新入社員の「質」とは? +

◆中小企業ほど新入社員の質が低下している!?

 日本生命保険では、新入社員に関する企業へのアンケートによる調査結果を発表し、約4割の企業が、5年前よりも新入社員の質が低下したと感じていることが明らかになりました(調査は今年1月に実施。全国の2,669社から回答)。
 企業全体では、新入社員の質が「向上している」と回答した企業(42.5%)と「低下している」と回答した企業(42.6%)はほぼ同じ割合でしたが、 従業員300人以下の中小企業では「低下している」(44.2%)が「向上している」(37.7%)を上回り、従業員が少ない企業ほど新入社員に対する評 価が厳しいという傾向がわかりました。

◆なぜ質が低下していると感じるのか

 質が低下した理由(複数回答)としては、上位から「コミュニケーション能力・協調性の不足」、「向上心・積極性の不足」、「忍耐力の不足」の順となっています。それらの原因としては、「小中学校時代の教育に問題がある」という指摘が目立っています。

◆採用時に重視する能力は?

 では、企業の採用担当者は、新入社員の採用時に何を重視しているのでしょうか。
 ソフトバンク・ヒューマンキャピタルでは、2008年度の入社予定者と採用担当者の意識調査結果を発表しましたが、それによると「コミュニケーション能 力」を最も重視しているとの結果が出ました(調査は今年2月に、人事採用担当者100人と入社予定者400人を対象に実施)。
 企業の採用担当者が入社予定者に期待している能力は、上位から「コミュニケーション能力」、「主体性」、「実行力」となっています。入社予定者が最も重視している能力は、上位から「コミュニケーション能力」、「実行力」、「柔軟性」となっています。
 上記2つの調査結果からもわかる通り、「新入社員の質の高さ=コミュニケーション能力の高さ」と考えている企業が多いようです。

  社会保険労務士 住田 浩貴

┏━┓
┫3 ┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ Excelについてのお問い合わせから +
【Q】 数値の入ったセルに、その数値の説明などの文章を入力したいのですが。

【A】

数値の入ったセルなどに、説明文などの文字を入力すると計算ができなくなってしまいます。そこで、Excelには、セルにコメントをつける便利な方法があります。

  1. コメントを挿入したいセルをクリックします。
  2. <挿入>メニューの<コメント>をクリックします。
  3. 内容を入力します。

また、コメントを挿入したセルを右クリックし、<コメントの挿入>からコメントを入力することもできます。なお、初期設定では、マウス をポイントしたときのみコメントが表示されます。<ツール>-<オプション>の「表示」タブより設定を変更することで、コメント を常に表示することも可能です。

+ IT用語解説 +

【ストリーミング】
ストリーミングとは、主にインターネットから音声や動画などを転送・再生する方式の一種です。

従来の方法で動画や音声を再生する場合は、データをすべてパソコンに転送し再生を行う為、再生が始まるまでに非常に時間がかかりました。

ストリーミング方式に対応したソフトウェアを利用すると、読み込みながら同時に再生を行うことが出来るため、再生まで長時間待たされることなく動画や音声を楽しむことができます。

……………………………………………………………………………………………

【パッチ】
パッチ(patch)とは、直訳すると”布の切れはし”や”ばんそうこう”という意味です。プログラムの機能の一部を変更したり、不具合を修正するためのソフトウェアのことを、傷口をふさぐばんそうこうに例えてこのように呼ばれています。

バグ(不具合)の修正や、小規模なバージョンアップなどを行う際、修正点だけを抜き出してパッチを作成し、既存のソフトに組み込むことで修正を行います。

パッチは、ソフトウェアメーカーよりインターネットなどを通じて提供されます。また、パッチを使って修正することを「パッチを当てる」と表現をします。

┏━┓
┫4 ┣━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ ねんきん特別便の実施に関する協力について

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。
▽詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp/index.html

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

商工会ITサポートセンター    E-mail : sup@palwave.co.jp

このサイトを広める