あくてぃぶ通信

vol.311 経営戦略策定からその実現のためのIT活用(14)~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                       2007年10月26日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.311
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 10月もいよいよ後半!ここ最近急に朝晩が冷え込み、いよいよ冬が近づいてきた気がします。
 夜に窓を開けて寝てしまうと、朝方のどが痛くなったりして風邪ひかないように気をつけないと!と気をひきしめている今日このごろです。
 最近の朝はコーヒーをやめてホットレモンに変えたりと何だか健康志向な生活を初めています(*^^)v
(ほんとはただ好きなだけだったりするんですけどね)

 冬といえば、やっぱり鍋の季節!鍋好きの私は夏でも鍋を食べる事があるのですがそんな時は一人鍋・・。なので大勢で鍋を囲う事ができる冬は大好きです(*^_^*)
 鍋を食べると風邪を引きにくいという説もあるので今年も鍋を食べまくって風邪とは縁がない冬を過ごせたらいいなと思っています。

 さて、きたる11月4日には「第18回湯来ふるさとまつり」が行われます。
歌謡ショーやバザーなどありますので、ぜひ参加されてはいかがでしょうか。

(商工会ITサポートセンター 広瀬)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】 Active News 最新情報
 【2】 経営情報
 ├┼IT経営指南番┼─経営戦略策定からその実現のためのIT活用(14)
 ├┼  税務情報  ┼―国税の電子申告(セットアップ1)
 └┼  労務情報  ┼―「裁判員制度」スタートで企業の対応は?

 【3】 ITワンポイントレッスン
 ├  Excelについてのお問い合わせから
 └  IT用語解説—マルチユーザ、ログイン
┃ 【4】 県連からのお知らせ
┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

      https://www.active-hiroshima.jp/index.html
┏━┓
┫1 ┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ アクティブ“ぐるめ”ナビ-話食家 和・・・沼田町商工会
+ わがまちの元気な企業-たけだ文具店・・・五日市商工会
+ 商工会女性部全国大会開催・・・広島県商工会連合会

⇒詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2 ┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 経営戦略策定からその実現のためのIT活用(14) +

<第14回>
 IT経営企画(2/3): 「IT経営企画書」をまとめます。そして、身の丈に合ったIT経営実行レベルを決定します。

 前回(第13回)までの検討の結果、すなわち、経営戦略企画、中期経営計画、業務改革企画を経てIT経営企画を検討してきました。

(1) 経営戦略企画、業務改革企画、IT経営企画のアクションプランの整合性を
  再確認します。

(2) 経営戦略のビジネスモデルを実現するために、“IT経営企画書(概要)”
  として1枚にまとめます。全社でIT経営を共有するための目次になり
  ます。
  その項目は、
  ①経営戦略の重要成功要因(重要経営課題CSF)
  ②社長のIT化に関する思い
  ③当社のIT化の現状
  ④4つのIT成熟度レベルの評価( IT企業文化力、IT活用力、IT人材力、IT
   インフラ力)
  ⑤情報システム導入のIT経営戦略テーマ
  ⑥情報システム導入のIT経営アクションプラン
  です。しかし、IT経営の成功には、身の丈に合わせたレベル(投資力と
  IT成熟度)を考慮した実行レベルを決めることが非常に重要です。

(3) 身の丈その1は、 企業の投資力の範囲内で最も効果的なIT経営を実行
  することが大切です。企業の身の丈以上の投資をしてもうまく使いこなせま
  せん。

(4) 身の丈その2は、企業の現実のIT成熟度を考慮し、1レベル上の成熟度を
  目指した “情報基盤系ビジネス競争力”を強化するようにします。
  ①「 IT人材力」の成熟度レベルは、人は育っていますか。
  ②「IT企業文化力」の成熟度レベルは、業務プロセスは標準化して
   いますか。
  ③「ITインフラ力」の成熟度レベルは、情報システムは管理されて
   いますか。
  ④「IT活用力」の成熟度レベルは、情報は活用されていますか。
  現実のIT化レベルを無視して、高望みした情報システムを導入しても
  使いこなせません。

 ITコーディネータ 平井 幸雄

+ 国税の電子申告(セットアップ1) +

 国税の電子申告(以下e-Tax)を利用する前に事前の準備をする必要があり
ます。この準備は確定申告のときまでにいつでも済ませることができますので
早速やってみましょう。

1) 納税地を所轄する税務署へ開始届出書を提出します。
  電子申告をする際には利用者識別番号を取得する必要があります。この番号
  で税務署は個人情報を整理します。
   この届出を提出するに当たって書面により提出する方法と、e-Taxホーム
  ページからの提出(送信)方法があります。手続き的にはホームページから
  の送信の方が圧倒的に便利なのでここではその方法を説明します。
  なお、この電子申告の開始届の提出はe-Taxでの申告を強制するものではあ
  りません。
   開始届を提出した後も確定申告時に従来の紙ベースでの申告書を提出して
  もOKですので、是非挑戦してみてください。
 ①インターネットに接続できる環境のパソコンで国税庁のホームページの
  http://www.e-tax.nta.go.jp/todokedesyo/kaishi1.htmlに接続します。
 ②オンラインで提出と書面による提出のうちオンラインで提出をクリックし
  ます。
 ③パソコンに財務省運用支援認証局のルート証明書を事前にインストールし
  ます。電子申告をする際も必要なのでこのタイミングでインストールしま
  す。
  「オンラインで開始(変更等)届出書を提出する際のセキュリティ警告に
  ついて 」をクリックするとダウンロード画面が現れますのでインストール
  手順に従ってインストールしてください。
 ④元画面に戻り
  (http://www.e-tax.nta.go.jp/todokedesyo/kaishi_nagare.html)
  利用できるOSブラウザであることを確認し「開始届出書の入力→同意する」
  をクリックします。
 ⑤こまごました説明がでますが、画面一番下の「個人での利用」をクリック
  します。
 ⑥利用届の入力画面が出ます。色々入力するところがありますが最低限の以
  下の部分だけ入力します。
  「氏名フリガナ」「氏名」「納税地(住所のことです)」「職業」「提出
  先税務署
  (不明の場合
   http://www.nta.go.jp/hiroshima/guide/zeimusho/hiroshima.htm
  で調べます)」「利用開始のうち申告・納税等手続きをチェック」
 ⑦入力がすんだら一番下の「入力チェック」をクリックします。漏れ等があ
  ると警告画面が出ます。なければ提出イメージが表示されます。
 ⑧印刷又は保存をクリックして印刷等をした後送信をクリックします。
 ⑨これで手続きは終了です。2週間ぐらいした後、所轄税務署から配達記録郵
  便で「電子申告の利用者識別番号等の通知書」がきます。

 なお、書面による提出を選択するとダウンロードサイトからPDF形式の届
出を印刷し、書き込んだ後税務署に提出することになります。オンライン提出と
同じ内容を紙ベースで提出するだけですのでオンラインのほうがはるか に簡単
です。

 次回は「電子申告の利用者識別番号等の通知書」が来るまでに用意すること を説明します。

  税理士 井上 徹

+ 「裁判員制度」スタートで企業の対応は? +

◆大手企業では「裁判員休暇制度」導入を検討も

 2009年(予定)に「裁判員制度」(「裁判員の参加する刑事裁判に関する
法律」に基づき一般国民が刑事裁判に参加する制度)がスタートするのを控
え、社員が裁判員に選ばれて裁判手続に参加する場合に有給休暇として扱う
「裁判員休暇制度」の導入を検討している大手企業が増えているようです。

◆有給か無給かは企業の考え方次第

 裁判所では、審理にかかる日数については「概ね1週間程度」との見通し
を示していますが、それ以上に長引くケースが出てくることも考えられます。
原則として、選ばれた国民は辞退はできません。やむを得ない理由がある場
合は辞退を認められますが、その基準についてはまだ不透明な部分がありま
す。
労働者が裁判員となるために休みを取ることは、公民権の行使として法律
上認められ、仕事を休んだことを理由に会社が不利益な扱いをすることは禁
じられています。ただし、有給とするか無給とするか、就業規則での規定化
などは企業に任されているため、どのような支援体制を設けるかは企業の考
え方次第といえます。

◆有給休暇制度創設は企業の社会的責任?

 確率的に多くの社員が裁判員やその候補になる可能性が高い大企業では、
CSR(企業の社会的責任)の一環として、「特別有給休暇」を創設する方
向性を打ち出しているところが多いようです。人員体制に余裕のない中小企
業では頭の痛い問題といえるでしょう。

◆裁判員の選出方法

1.選挙人名簿から1年分ずつ、くじで裁判員の候補者が選ばれます。名簿
  に載った時点で本人に通知がきます。
2.事件ごとに候補者の中からまた50~100人程度がくじで選ばれ、裁判所に
  呼び出されます。
3.その中から裁判員6人を選出します。
  年間で3,500人に1人が裁判員または補充裁判員になり、候補者として裁判
  所に呼び出される人数はその10倍とみられています。

  社会保険労務士 住田 浩貴

┏━┓
┫3 ┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ Excelについてのお問い合わせから +
【Q】 A列に入力した表題を印刷する際、2ページ目にも必ず表示されるように設定したいのですがどのようにすればいいでしょうか。

【A】

 Excelでは見出しを固定して印刷する機能があります。これを利用することで2ページ目からも見出しを表示して印刷することができます。
この操作を行うメリットは下記の通りです。

●数ページの表を印刷する際、最初の1行目に項目名をつけるだけで
 良い。
●行の追加を行った際、1ページに入る範囲が変更されても見出し部分
 の変更をしなくても良い。

また設定手順は下記の通りです。

(例)1ページ目のA列に項目が入っている場合。

1.B1セルを選択し、<ウインドウ>-<ウインドウ枠の固定>でA列が
  固定した事を確認します。

2.メニューバーの<ファイル>-<ページ設定>を選択し、ページ設定の
  画面が表示されたら「シートタブ」を選択します。

3.印刷タイトルの列のタイトルに毎ページごとに表示させたい範囲の
  列をクリックします。

4.設定が出来ているかどうかを印刷プレビューから確認します。

※行にタイトルを作成したい場合は、同じく<ファイル>-<ページ設定>から印刷タイトルを確認し、行のタイトルに範囲を設定します。

+ IT用語解説 +
【マルチユーザ】
マルチユーザとは、複数のユーザが一つの環境を共有できるしくみのことです。

マルチユーザは、ログインユーザー毎にデータの保存領域や、デスクトップ環境などを別々に持ち、複数のユーザーがそれぞれ専用の環境で1台のパソコンを利用することができます。
これにより、プライバシーを保ちながら、パソコンを共有することができます。

また、複数のユーザという意味を指すこともあります。「マルチユーザライセンス」などは、2ユーザ以上が使用できるライセンスという意味になります。

……………………………………………………………………………………………

【ログイン】

コンピュータやネットワークシステムを利用する際、IDやパスワードの入力を行い、認証を受ける手続きのことです。

これにより、そのユーザーに許可されたデータやコンピュータへのアクセス、Web上のサービスなどが利用可能になります。

┏━┓
┫4 ┣━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  + 中小企業地域資源活用プログラム説明会の開催について
  + 平成20年度広島県立高等学校長の公募について
  + 広島県と委託・役務業務の取引を希望される方へ

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。
▽詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

商工会ITサポートセンター    E-mail : sup@palwave.co.jp

このサイトを広める