あくてぃぶ通信

vol.310 経営戦略策定からその実現のためのIT活用(13)~

■┳┳┳┳┳━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■
╋┼╋╋+                       2007年10月12日
╋+╋           あくてぃぶ通信 Vol.310
╋╋┏━━┓
┼+┃\/┃                 発行元:広島県商工会連合会
╋+┗━━┛
+           https://www.active-hiroshima.jp/index.html
╋━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■

 10月になり、朝晩の冷え込みがきびしくなりました。
 でも、日中はまだまだ暑い日が続き洋服を選ぶのも難しいですよね。
 
 ところで秋といえば、運動会やお祭りなどにぎやかな行事がありますが、 私の住んでいる町内でも今月7日に運動会があります。

 子供と一緒に かけっこに出場する予定になっていて、楽しみなような、長く運動していないので大変なような複雑な思いですが、秋のいい思い出になりそうです。

(商工会ITサポートセンター 亀本)

■┓
┗■ 今週のメニュ-■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 【1】 Active News 最新情報

 【2】 経営情報
 ├┼ IT経営指南番 ┼─経営戦略策定からその実現のためのIT活用(13)
 ├┼  税務情報  ┼―国税の電子申告(1)
 └┼  労務情報  ┼―若年者の職場定着率をアップするには?

 【3】 ITワンポイントレッスン
 ├  Wordについてのお問い合わせから
 └  IT用語解説—USB、プラグアンドプレイ

┃ 【4】 県連からのお知らせ

┃    ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓

┣━━━┫   『あくてぃぶ通信』  購読登録者募集!   ┣━━━━
┃    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
  「あくてぃぶ通信」は商工会会員の方に有益な情報をタイムリーに
  電子メールで第2・第4金曜日にお送りしております。
  まだ、登録されていない商工会会員の方をご紹介ください。
  購読登録は、こちらから。

      https://www.active-hiroshima.jp/index.html
┏━┓
┫1 ┣━━━┫Active News 最新情報┣━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 体験モデルツアーが大好評・・・豊栄町商工会
+ 内海大橋の清掃ボランティアを実施・・・沼隈内海商工会
+ 昔懐かしい発動機が甦る・・・安芸町商工会
+ 伝統の商工フェスティバル開催・・・祗園町商工会
+ 朝鮮通信使の荘厳な行列を再現・・・下蒲刈町商工会
+ 夢ぷらざでふるさと産品PR・・・安浦町商工会
+ アクティブ“ぐるめ”ナビ-レストラン比婆山・・・備北商工会
+ 童謡歌唱コンクール出場者募集・・・五日市商工会

⇒詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp

┏━┓
┫2 ┣━━━┫経営情報┣━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ 経営戦略策定からその実現のためのIT活用(13) +

<第13回>
  IT経営企画(1/3): IT経営アクションプランを明確にします

 IT経営企画は、経営戦略が描くビジネスモデルを実現するために必要な業
務改革の実現を支援するIT活用法を明確化することが目的です。ITの利用
者は各業務部門であり、しかも情報システムは各業務部門の仕事を連携させる
役割を担っています。従って、「業務改革推進の(視点から表現した)IT経
営アクションプラン」と「情報システム導入の(視点から表現した)IT経営
アクションプラン」を連動させることが必要です。

(1) 業務改革企画書で取り上げた「業務改革対象プロセスにおけるビジネス
  競争力強化アクションプラン」には、ITに関係しないもの(人間系)、
  ITが重要な役割を担わなければならないもの(IT系)が混在していま
  すから、IT経営企画を検討するに当っては、ITに関係するものを取出
  し、これを「業務改革推進のIT経営アクションプラン」と呼ぶことにし
  ます。

(2) 業務改革推進の IT経営アクションプランを「情報システム導入のIT
  経営アクションプラン」に変換することによって、IT化の目標を定義する
  ことが可能になります。すなわち、IT化のテーマ(IT経営戦略テーマ)
  や目標(IT経営アクションプラン)、目標達成のために解決すべき課題を
  明確にします。

(3) その変換のためには、世の中のIT活用事例とIT活用策を調べ、“IT活用
  施策”と “ITソリューション” のイメージを整理します。IT活用施策
  は、業務改革推進のIT経営アクションプランであり、ITソリューション
  は、情報システム導入のIT経営アクションプランに相当します。

 ITコーディネータ 平井 幸雄

+ 国税の電子申告(1) +

  昨年来の国の重点施策の一つに国税の電子申告があります。
 もともと国税の電子申告は国のIT(情報技術)戦略の一環として、2004年から運用が始まりました。
 国税庁側の事情として、法人税や所得税の申告者が年々増加しているのに対し、処理にあたる国税庁の職員は全国6万人弱で、戦後からほとんど変わっていな いということもあります。事務の省力化が進まないと、税務調査、悪質な脱税行為の摘発に人員が割けないという危機感も背景にはありました。
 ところが、使い勝手があまりよくなかったことやPR不足により、運用開始後数年はまったく普及率が向上しませんでした。そこで、国税当局も面子がある以 上このまま失敗では終わらせるわけには行かず(現にパスポートの電子申請は利用低迷により廃止されました)、具体的な目標をかかげて、大々的な普及の為の PRを始め、電子申告をすることによるメリット(税額控除など)を用意したわけです。
 税理士が関与している場合は電子申告をしようがしまいが納税者にとってあまり関係のないことですが、この電子申告の制度は税理士よりも自分で所得税の確定申告をされる方にとってのメリットが大きいように思います。

具体的なメリットとしては
 ・従来、税務署へ申告書を持参又は郵送していたものが自宅からインターネ
  ット経由で24時間、確定申告時期は土曜日曜でも申告提出できる。
 ・従来、申告書に記入し計算していたため、書損や計算間違いがあったもの
  が、国税庁のホームページの確定申告書作成コーナーを使用することによ
  り、必要な数値等の入力をすれば自動的に計算してくれるようになりま
  す。このため、税法の基本的な知識がなくても簡単に作成できるように
  なります。ただし、複雑なものは対応していないようですが。
 ・来年の確定申告から従来税務署に提出していた源泉徴収票や医療費の領収
  証などは3年間の保管及び提示義務を条件に提出不要となりました。この
  ため、オンライン上のやりとりですべて申告が済むようになります。
 ・申告の後の納税も、ATMやインターネットバンキングを利用して銀行に
  出向くことなく完了することができます。

 パソコンが使える環境にあれば、一度電子申告で申告書を提出すると、次回からは紙ベースでの申告は、面倒くさく感じるはずです。
 しかし、電子申告を行うには事前に手続きが必要です。そこで、次回より所得税の確定申告を電子申告で行う場合についての手続き等を解説します。

  税理士 井上 徹

+ 若年者の職場定着率をアップするには? +

◆若年者の職場定着の現状

   労働政策研究・研修機構が行った「若年者の離職理由と職場定着に関する
  調査」によると、近年、産業構造や若年者の就業意識の変化に伴い、若年者
  の早期離職の傾向が続いているようです。
  その一方で、若年者の意識の変化だけでなく、人事労務管理の変化、労働時
  間管理の多様化など、若者を取り巻く職場環境にも大きな変化が出てきてい
  ます。

◆若年者の退職理由は?

   若年正社員(35歳未満)の離職に困っている(「非常に困っている」と
  「やや困っている」)とする企業の割合は48.8%と約半数を占めました。
  退職の理由は、「家庭の事情(結婚・出産・介護等)」はどの企業でも1位
  を占めますが、若年者の離職に対する困窮度が高い企業ほど「労働時間・休
  日休暇に不満」、「給与に不満」、「仕事がきつい」などの労働条件関連の
  退職理由が増えています。
   また、「職場の人間関係がうまくいかない」は、困窮度にかかわらず、上
  位に位置しています。

◆企業が実施している若年者定着対策

   企業が取り組んでいる若年者定着対策について、若年者の離職に対する困
  窮度別にみると、困窮度が高い企業ほど「上司によるフォローアップ体制を
  整備する」、「残業を削減する」、「女性社員を活用する」、「入社時点か
  ら成果主義人事を行う」、「人事部によるフォローアップ体制を整備す
  る」、 「採用後の配置でメンターをつける」などの対策に取り組んでいま
  す。
   また、新卒者・中途採用者ともに定着率の高い企業(定着率が「7割か
  らほぼ100%」)では、「企業内訓練を実施する」、「自己啓発に関する支
  援制度の実施」、「若者が職場で話しやすい雰囲気をつくる」、「本人の希
  望を活かした配置を行う」などの取り組みが上位に上がっています。

◆従業員が求める若年者定着対策は?

   従業員を対象に「働き続けるために会社の施策として有効な定着対策」に
  ついて尋ねたところ、新卒者・中途採用者のいずれも、「賃金水準を引き上
  げる」を最も有効な定着対策と考えている(新卒者42.1%、中途採用者
  42.8%)という結果が出ました。次いで、「休日を取りやすいようにする」
  (同24.3%、23.9%)、「本人の希望を活かした配置を行う」(同25.7%、
  21.9%)などとなっています。
   現在の会社しか経験のない新卒者と実際に転職経験のある中途採用者とで
  は、定着対策に有効と思われる施策の認識に大きな違いはありませんでし
  た。その他(自由記述)をみると、「企業の将来ビジョンを明確にする」、
  「会社の存続に対する不安をなくす」、「尊敬できる上司の育成」、「上司
  が部下に対してもっと関心をもつこと」、「ノルマに対するプレッシャーを
  減らす」、「研修をしっかりやってほしい」、「人員不足を解消する」、
  「結婚・出産などの人生の大イベントや夫の転勤などの障害を乗りこえら
  れるような制度やサポート」、「産休・育休の取得しやすい職場」、「サー
  ビス残業を絶対にさせない」、「労働組合を作る」、「男女差別をなく
  す」、「学歴による給与の差をなくす」などの回答がありました。

  社会保険労務士 住田 浩貴

┏━┓
┫3 ┣━━━┫ITワンポイントレッスン┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
+ Wordについてのお問い合わせから +
【Q】

ページ番号を、3ページ目から表示させたいのですが。

【A】

Wordではヘッダー・フッターを利用して、1ページ目から順に番号を振ることができます。今回のように任意のページからページ番号を振りたい場合はセクション区切りを挿入します。セクション区切りを挿入するとセクションごとにレイアウトを変更できます。
(セクションとは、文書を区切った一つ一つの単位を示します。)

1.ページ番号を振りたい1ページ前の末尾にカーソルを合わせ<挿入(I)>
  -<改ページ(B)>をクリックします。<改ページ>ダイアログボックスが
  表示されますので、「セクション区切り」項目より「次のページから
  開始」オプションボタンをクリックし、[OK]をクリックします。
  (これにより、ページ番号を挿入したいページとそうでないページを
  区切ります。)

2.ページ番号を振る最初のページにカーソルを合わせ、<表示(V)>-<ヘッ
  ダーとフッター(H)>をクリックします。<ヘッダーとフッター>ツール
  バーの[ヘッダー/フッターの切り替え]ボタンで、ヘッダーまたは
  フッターを選択します。

3.同ツールバー内の [ページ番号の挿入]ボタンをクリックして、
  ページ番号を挿入します。ただし、この状態では1ページ目から順に
  ページ番号が挿入されますので、 [前と同じ]ボタンをクリックするこ
  とで現在のページ(セクション)からページ番号を挿入することがで
  きます。

(※初期設定では前のセクションと同じ設定になっています。今回のよう
   に前のセクションとは異なった設定を行いたい場合はこの初期設定
   を解除する必要があります。[前と同じ]ボタンをクリックしするこ
   とでこの初期設定を解除することができます。)

4.[ページ番号の書式設定]をクリックし、「連続番号」項目の「開始番
  号」オプションボタンをクリックし、「1」と入力し、[OK]をクリック
  します。

5.[ページ番号の挿入]をクリックし、ページ番号が入ったら[閉じる]ボ
  タンをクリックします。ページ番号が任意のページから挿入されま
  す。

+ IT用語解説 +
【USB】

USBとは、キーボード、マウス、プリンタなどの周辺機器とパソコンを接続する規格の一つで、パソコンの電源を入れたまま、ケーブルを装着することができるインターフェースです。

最初の規格となるUSB1.0は1996年に登場し、パソコンの電源を入れたままケーブルを装着することが可能(ホットプラグ)で、更にUSB2.0のデータ転送速度が大幅に向上したことで急速に普及しました。

プラグアンドプレイに標準で対応しており、USBハブを介して最大で127台接続が可能です。現在、USB2.0の10倍の転送速度を持つ、USB3.0を開発中で、2008年に仕様策定予定となっています。

……………………………………………………………………………………………

【プラグアンドプレイ】

パソコンにつないだら(Plug)、特に設定などを行わなくてもプレイ(Play)できる、という意味でパソコンに周辺機器などを接続したときに機器の設定を自動的に行うシステムのことです。

┏━┓
┫4 ┣━━━┫県連からのお知らせ ┣━━━━━━━━━━━━━━━
■  ┗━━━…‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
  + 3R推進キャンペーンについて
  +広島県の最低賃金が変わりました。

※すでに終了したお知らせもございますので、ご了承くださいませ。
▽詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp

「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。

また、お問い合わせ、メールアドレスの変更・配信停止のご依頼等がございましたら、お手数ですが下記のアドレス宛へご連絡いただけますよう、よろしくお願いいたします。

商工会ITサポートセンター    E-mail :contact@active-hiroshima.jp

このサイトを広める