あくてぃぶ通信

vol.113 日本IBMのコンサル部門が「電子重役室」開発~

◇◆◇あくてぃぶ通信 Vol.113 ◇◆◇ ────[2003年8月13日発行]
 https://www.active-hiroshima.jp  /発行:広島県商工会連合会
8月に入り、ようやく夏らしさがやってきました。
暑い夏が来て、いたるところから聞こえてくるようになったセミの声。
夏休み真っ盛りの子供たちが網とかごを持って遊ぶ姿もよく目にします。
昼間はうるさく鳴いているセミですが、夜になるとセミの鳴き声はあまり聞かなくなります。
実は、セミは昼行性で、明るくなると活動を始め、暗くなると活動を止めます。
近年、都会ではセミの寿命がどんどん短くなっているらしいのですが、原因は、この習性によるものと言われています。
ネオンにより、夜でも昼間のように明るい都会。そこで暮らすセミは、1日中鳴き続けて寿命を縮めてしまっているという訳なのです。
INDEX
[1]Active News 最新情報
[2]経営情報
 ・日本IBMのコンサル部門が「電子重役室」開発
 ・健康保険、10年連続の赤字
 ・東京都滞納処分に強硬
[3]ITワンポイントレッスン
 ・Excelについてのお問い合わせから
 ・IT用語解説—MOUS、初級システムアドミニストレータ


<<<< Active News 最新情報
☆県内の”元気な特産品”が一堂に
☆経営戦略の立て方とその実践を学ぶセミナー開催
☆町の伝説にちなむ盛夏の恒例行事・・・西城町商工会
☆歴史の町並みに往時の活気取り戻す・・・上下町商工会
☆平成15年度第3回役員会開催
☆小売業・サービス業の売上アップ講座開催
☆イベント通じてふるさとの魅力発信・・・東城町商工会
☆県北の盛夏の風物詩・・・吉舎町商工会
詳細はこちらから
 https://www.active-hiroshima.jp
<<<< 経営情報
≪≪≪日本IBMのコンサル部門が「電子重役室」開発

日本IBMが「電子重役室(eエグゼクティブ・スペース)」を開発しました。
社長や各役員が大部屋で普段は壁に向かって仕事をし、イスを反転するだけで会議が始められるように中央に大机があり、そこには各ノートパソコンがつなげられるように人数分の入出力端子があります。
会議ではパソコン画面をプロジェクターで壁に投影し、使ったファイルはサーバーに保存し共有。
会議のスケジュールを組んで資料を人数分コピーして・・・という手間も経費もなし。
必要なときにすぐに声をかけて会議が始められる、ビジネスチャンスを逃さないためにはこうすべきですね。
 経営コンサルタント 小林 桂子


≪≪≪健康保険、10年連続の赤字

厚生労働省が発表した政府管掌健康保険の収支決算によりますと、平成14年の赤字は過去最大の5,588億円であることがわかりました。
平成5年以降10年連続の赤字で、昭和59年以降に生じていた余剰による積み立ても枯渇する結果に。
これは平成10年以降の被保険者の減少、平均標準報酬月額の下落などで保険料収入が対前年比1,536億円下回ったのが大きく影響しているようです。
また、支出は老人保健拠出金の増加で対前年比401億円増加しています。
 社会保険労務士 米田 聡美


≪≪≪東京都滞納処分に強硬

長引く不況で税金の滞納に全国の自治体が悩むなか、東京都が捜索も辞さない強硬手段を展開しています。
この6年間で、徴収率は全国平均以下の90%から96%にアップ、2,000億円超の税収増を達成しました。
徴税の「優等生」に他の自治体から問い合わせが相次いでいます。
その手口は刑事さながらで、尾行に張り込み、内偵をした上で一気に差し押さえる作戦です。
 税理士 石川 肇久

<<<< ITワンポイントレッスン  ~商工会ITサポートセンター
≪≪≪Excelについてのお問い合わせから
Q. Ctrlキーを押しながらセルをクリックすると、複数の離れた場所のセルが選択できますが、Ctrlキーを押していないのに、セルをクリックすると複数の離れたセルが選択されてしまうのですが。
A. Shiftキーを押しながらF8キーを押されたのではないかと思われます。
Shiftキーを押しながらF8キーを押すと、Ctrlキーを押しながらセルをクリックするときと同様に、離れたセルを選択できます。
その際、ステータスバーに「ADD」と表示されます。Escキーを押すか、再度Shiftキーを押しながらF8キーを押していただくと解除することができます。

≪≪≪IT用語解説
***MOUS***

「Microsoft Office User Specialist」の略で「エム・オー・ユー・エス」又は「マウス」と読みます。
Microsoft社が認定している資格の一つで、同社のオフィスソフト「Microsoft Office」の活用能力を認定するものです。
一般レベルと上級レベルの2種類(PowerPointのみ総合レベル)があり、製品ごとに試験と認定が行われます。
一斉試験は毎月行われており、随時試験は各会場により日程は異なりますが、頻繁に行われています。

————————————————————————-

***初級システムアドミニストレータ***

企業内のシステム管理者の能力を認定する国家資格の一つで、別名「シスアド」とも呼ばれます。
経済産業省の指定試験機関である財団法人 日本情報処理開発協会の情報処理技術者試験センターによって試験が行われています。
企業内システムの利用者の立場から、システム管理者などへの提言や要望提起を行うことによって、システムの整備を促進することを目的としています。
試験は年に2回(4月と10月)実施されています。
上位資格には「上級システムアドミニストレータ」があります。

◎「あくてぃぶ通信」に掲載されている情報については、利用者ご自身が各担当窓口等に詳細を確認の上、ご利用願います。


内容のお問い合わせは、
商工会ITサポートセンター E-mail : sup@palwave.co.jp まで


このサイトを広める