広島県働き方改革実践企業認定制度について

『第8回広島県働き方改革実践企業認定制度認定証授与式』開催(県連)

[働きやすさ向上に取り組む商工会員を新たに13事業所認定]

広島県商工会連合会

広島県商工会連合会と広島県商工会議所連合会は令和3年2月10日(水)、広島商工会議所にて『第8回広島県働き方改革実践企業認定制度認定証授与式』を開催しました。
式には今回認定を受けた41社の内39社の代表が出席。商工会員からは13事業者が新たに認定を受けました。平成29年の制度創設以降、認定企業数は累計351社になりました。

主催者挨拶で壇上に立った県連の熊高一雄会長は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によりテレワークや時差出勤が増加し、働き方の多様化が進む中、商工会地域からは前回を上回る13社の申請があったことに敬意を表した後、「ウィズコロナを視点に長期的に勤務できる環境を整えている企業等、特色ある取組みを進められている企業を推薦し認定に至った」と経緯を説明。続けて「働きがいを感じる組織、社会で生き残っていける柔軟かつ強靱な組織を目指し、事業発展につなげていただきたい」とエールを贈りました。

その後、認定企業の代表者一人ひとりに熊高会長から認定証が手渡されました。 湯﨑知事からはビデオメッセージで参加いただき、「新型コロナウイルス感染症拡大防止に向け多大なご協力をいただき感謝している。今回の授与式で新たに認定を受けられた41社の皆様には引き続き県内の働き方改革に取り組む企業の牽引役となっていただくよう期待している。県としても広島県商工会議所連合会・広島県商工会連合会と連携しさらなる進展を図っていきたい」とメッセージをいただきました。

広島県働き方改革実践企業認定制度認定審査委員会委員長で県立広島大学経営専門職大学院の木谷宏教授は講評で「平成29年度から始まった働き方改革実践企業認定制度は当初4年間で300社を目標にしていたが、最終的には351社となり日本でナンバーワンの取組みを行うことが出来、働き方改革の意義と機運が浸透した」と賛辞を述べられ、今後県内企業の新たな課題として、「全従業員のモチベーションを高める働きがいの向上を目指し、新たな働き改革のステップに進んでいただきたい」とアドバイスしました。

広島県商工会連合会による認定企業は以下の通り

  • 日本デリバリーサービス株式会社(福山北商工会)
  • 広島ガス住設株式会社(東城町商工会)
  • 株式会社新和自動車(黒瀬商工会)
  • 株式会社ジェイ・スマイル(高陽町商工会)
  • 栄信産業株式会社(尾道しまなみ商工会)
  • 有限会社文陽堂(三次広域商工会)
  • 株式会社ギケン(佐伯商工会)
  • 有限会社ビーライフバンクラ(広島安佐商工会)
  • 株式会社大昌ネーム(福山あしな商工会)
  • 株式会社高村興業所(大野町商工会)
  • 株式会社かわかく農機(神石高原商工会)
  • 株式会社高陽ドルフィン(高陽町商工会)
  • 有限会社ユタカ食品(呉広域商工会)

第8回広島県働き方改革実践企業認定者