経営革新

経営革新取組事業所 山根海産㈱

20060327-143849-1-

【特許製法による冷凍殻付きかきの製造・販売事業の展開】

会社名 山根海産株式会社
住所 江田島市大柿町大君2375-1
TEL 0823-57-2488
FAX 0823-57-5558
FAX 0823-57-5558
経営革新承認 平成17年12月

経営革新取組の経緯

 皆さん!「殻付の冷凍かき」を見たことはありますか。「殻付きの冷凍かき」は昔から販売されていると思っている人が多いと思います。日本で最初に発明され特許を取得した「殻付の冷凍かき」は山根海産㈱以外では販売されていません。
あるようでなかったのが「殻付冷凍かき」なのです。
 当社は昭和60年設立、江田島市内に3ヶ所のかき打ち場と2棟の加工工場を持ち、年間、かき剥き身700トン、及び殻付かき1000万個を出荷する予定をしている、広島県内トップのかき生産者です。山根社長は世の中にないものを製造販売したいとの想いから「冷凍殻付かき」の研究を平成10年から開始、平成14年に商品化し、冷凍殻付かき、冷凍スチ―ム殻付かき、トッピング処理をほどこしたハ―フシェル加工品(特許取得済)の販売を開始しました。また、平成14年には製造加工に関する特許申請を行い、平成17年4月に特許を取得しました。社長は特許取得を契機に本格的に冷凍殻付かきの製造・販売事業の展開を計画、大柿町商工会の沖元経営指導員の薦めにより、新事業進出等に際して各種支援策が用意されている「経営革新計画策定」に取り組むこととしました。

支援内容・商品の特徴

 平成17年10月から、広島県商工会連合会シニアアドバイザーセンターの支援専門家である中小企業診断士松浦由浩先生と沖元経営指導員の支援により冷凍殻付かきの生産体制の構築・営業体制の整備・関連商品の開発等の新事業展開計画を作成し、平成17年11月広島県に革新計画承認申請書を提出、平成17年12月に「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律」に基づき経営革新計画が承認されました。
 この度、開発・特許取得した冷凍殻付かき加工技術は、殻付かきを約20メートルのトンネル式フリーザーにより20~40分かけて急速冷凍するなどこれまでと異なる特別な加工処理を行い、鮮度を保ったままで四季を問わず一年中販売が可能となるものです。また加熱しても殻が弾けにくいという特徴を持っており、居酒屋やレストラン等の外食産業において四季を問わず一年中販売でき、また調理が容易なことなどから新しい食材として高い評価を得ています。
「財団法人ひろしまベンチャー育成基金」の第6回コンテストで、当社の加工技術・ビジネスプランが高い評価を受け、平成18年3月20日に「ひろしまベンチャー奨励賞金賞」を受賞、広島県の将来有望なベンチャー企業に選ばれマスコミで大きく取り上げられ注目を浴びています。

抱負・今後の事業展開

 四季を問わず1年中「おいしいかき」を消費者の皆様に食べていただきたい。新商品の展開により広島県のブランド商品であるかきの低迷化を打開したい。かき生産者が夢と希望をもてる事業に育てたい。また、日本国内だけでなく、近い将来、アメリカ・中国等海外へも進出したいと社長は熱い抱負を語っておられます。
 1億個の殻付冷凍かきの販売を目標とし、「販路開拓コーディネート事業」「緊急事業化対応補助事業」等の支援策を活用し、量販店・外食産業・ホテル等への販売促進、東京・大阪地区への進出等積極的に営業活動を展開していく予定です。
 また、全国の一般消費者の皆様にもネット等で簡単に提供できます。

(シニアアドバイザーセンター)
※掲示内容は、創業・経営革新の事例紹介で、HPアップ時のものです(’06.3)

広島県商工会連合会
木村武則

このサイトを広める