経営革新

経営革新取組事業所紹介【江田島焼 沖山工房】

経営革新取組事業所紹介【江田島焼 沖山工房】

工房内にて「牡蠣釉薬の茶道具」「陶人形」など

事業所名 沖山努
住所 広島県江田島市江田島町宮の原3-14-1
TEL 0823-42-4309
FAX 0823-42-4309
営業時間 原則 8:00~18:00
定休日 原則無休

経営革新計画の内容

 「手作りを活かした記念に残る一品物づくり及び地元のかき釉薬の江田島焼ブランドの確立」

経営革新取組の経緯

 「江田島焼」沖山工房は代表沖山努が平成3年当地にて創業、平成12年に作業場及び展示販売場新設した工房です。小さい時から粘土遊びが大好きだった沖山さんは、陶芸家を目指し、京都芸術短期大学陶芸科を卒業後、二代勝尾青龍洞(京都・信楽焼)に5年間師事し、25歳のときに地元江田島町に帰郷し現在に至っています。
 好きなことに打ち込めるということで無心に制作していましたがやがて家族が増え、売上も徐々に増えていくものの、工房が島内の丘の中腹では、来客数も限られ、情熱だけでは収益に結びつかないことを実感しました。百貨店やスーパー、地元ポートプラザ等のイベント参加、出張陶芸教室開催など積極的に活動をするようになりました。
 そういった中、日頃から付き合いのある地元商工会の経営指導員の、「何か、ここならではの特徴のある作品でないと。『江田島』と言ったら牡蠣が有名、牡蠣殻で釉薬を作ったら・・・」との助言により、牡蠣殻釉薬の研究を始めました。牡蠣殻の配合量・粘土の選別から焼成~完成まで試行錯誤をし、やっと気に入ったものとなりました。それは白く乳濁した兎目(ノギメ・兎の毛のような細い線状のような模様)で何とも言えない味わいがあります。
 経営指導員の「これを本格的に売り出すために、計画を策定しては・・・」との提案に経営革新の取組をすることになりました。

主な業務内容・作品

江田島焼窯元(陶器製造販売、陶芸教室)
・陶器…・牡蠣殻釉薬その他
茶陶・花入れ・食器など還暦や卒寿などの慶事の祝いや内祝いに利用してもらっています。
・陶人形…猫・犬・カエル・ふくろう、干支、シェフ・美容師などの人形など表情豊かです。
・記念品・引出物…結婚祝いと引出物・退職祝い・開店祝い・卒業記念・内祝などにどうぞ。
・手型足型を取った陶板…小さいお子さんの思い出に、クラブ活動卒業記念に。
・その他特注品も可能です。お気軽にお問い合わせください。
・展示会・個展開催…百貨店・スーパーで不定期に開催しています。
・陶芸教室…地元小中学校や公民館などで開催しています。また随時開催しますので5人以上でお申し込みください。出張教室も可能です。

 平成20年11月、社団法人茶道裏千家淡交会主催の中国地区大会が呉市で開催された折には、立礼席の水指、平成21年6月広島市開催時には数茶碗に採用されました。平成21年6,7月には、NHK広島2階ギャラリーにてグループ展、その他個人ギャラリーでの個展開催等行っています。
自ら名刺・チラシを作成したり、HPを開設し、イベントや陶芸教室の案内をこまめにしています。詳しいイベント・陶芸教室の様子・予定はHPをご覧ください。

今後の事業展開に対する抱負

 陶人形を飾って癒してもらい、また茶陶を使うことにより生活や気持ちが豊かになってもらえるよう作陶に励みます。また、記念品・贈答品にも利用していただきたいと思います。これからも退職祝い・江田島を離れる人へ贈る記念品などに利用していただけたらと思います。
 イベント参加・手作り作家との交流などで縁を拡げています。そういったとき、お客様に直に接し、購入していただき、その笑顔と元気をもらっています。今後も益々作陶に励んでいきたいと思っています。

広島県商工会連合会
地域力連携拠点事業支援センター 西方 康子

このサイトを広める