チャレンジ創業

第2回女性創業塾受講生 特産品の製造販売 開業

第2回女性創業塾受講生 特産品の製造販売 開業

 広島県商工会連合会主催の平成15年度第2回女性創業塾を受講された、福山市新市町の藤原育子さんが、平成16年1月から特産品の製造販売を始められました。

氏名 藤原育子
住所 福山市新市町金丸1628-1
TEL 0847-57-8757

創業の動機

 藤原さんは地元福山市新市町金丸が『菊の里』でありながら菊関連の商品が少なく、数年前から「新市の特産を開発したい」という気持ちの中で、『菊』にこだわった商品を開発されました。

広島県商工会連合会との出会い

 新市商工会からの紹介で第2回女性創業塾を知り、お申込みをいただき受講されました。

 

事業内容・営業方針

 生地に食用菊を練り込んだ『菊蒸しパン』で、〔あん入り〕〔金時豆入り〕〔クルミ入り〕の三種類を各一個100円にて販売している。
テレビや新聞の取材を受け話題となりました。
山陽道下りSAや府中市の「首なし地蔵前」等々にて定期的に販売している。
現在、菊入りのカステラ・和菓子等々を開発中。

広島県商工会連合会の支援

 女性創業塾では開業準備の基礎知識、事業企画構想の立案、利益計画・資金計画、資金調達の基礎知識、ビジネスプラン作成等々を勉強され、県連・新市商工会の支援を受け今回の開業の運びとなりました。

広島県商工会連合会
河本 充宏
※掲示内容は、創業・経営革新の事例紹介で、HPアップ時のものです(’04.3)

広島県商工会連合会
河本 充宏

このサイトを広める